思考

こんにちは、あいです。

先日、ある会社の社長さんと話をしていた時の話です。

求人の話になったときに「どんな人に来てもらいたいですか?」って
きいてみたら、地頭が良い人がいいみたいな話になったんです。

でも地頭が良い人ってどんな人なんでしょう。
どうやって判断してるんですか?って聞いたら、『感』と。
話していたらわかるよ、なんて言ってましたが、なかなか難しい。

辞書で調べるとこんな感じ。
・学校の教育などで身につけるのではない、生まれつきのあたまの働き。

でも社長さんが言っていたのは、そういうことでは無さそう。
たぶん、ビジネス的には、
・頭の回転が速かったり柔軟性が高かったり自立した論理的な思考力やコミュニケーション能力がある人
だと思うんです。

世の中には頭の回転の速い人たちはいます。
なぜ、頭の回転が速いのでしょうか。
資質?生まれつきのあたまの良さ?それもあると思いますが

引き出しの多さと引き出す速さだと思います。
知識は、無いよりあったほうがいい。ただ、いくら知識があっても
それを使う自分の意志(知恵)がなければ、知識の持ち腐れになってしまいます。

今は、ネット社会で知識は検索すれば簡単に手に入ります。
知識をどう活用するかが大事かと思います。

引き出しを早く開けることができる人っていうのは、
たぶんしっかり論理的な思考ができているんだと思います。

って、お酒の席での社長さんとの話から疑問に思ったことを調べて
書いていって
で、論理的思考ってなんなんだ~?どうやって診断するんだ~とまた調べていくわけです。

みなさんも好奇心を大事にしてくださいね。

これからよろしくお願いします

はじめましてシキと申します。これから度々投稿すると思うのでよろしくお願いします。

 

それで、今回は私が以前飲んだことのある飲み物で衝撃的だった飲み物を2点紹介したいと思います。

1点目は知っている人も多いと思いますがドクターペッパー、通称:ドクペという飲み物です。

ドクペは炭酸飲料で色はコーラに似ているのですが、味は全く似ておりません。

ドクペをどんな飲み物かと一言で表すのなら「飲む杏仁豆腐」です。そうなんです味がものすごく杏仁豆腐に似ているんです。

色がコーラに近いだけあってビックリしたのを覚えています。ただ杏仁豆腐の味なので普通においしかったです。

 

2点目はルートビアという飲み物です。

こちらの方が印象に残っているのですが、このルートビアという飲み物を一言で表すのなら「飲む湿布」です。

なぜ飲む湿布かというと香りが湿布のにおいに近いからです。味は甘いのですが、香りの方が印象深くあまり覚えておりません。

こちらはあまりに衝撃的だったので家族にも勧めたのですが、香りだけ嗅いで誰も飲んでくれませんでした…

 

どちらも面白い飲み物なので、もし興味が出たのなら1度飲んでみてはいかがでしょうか?

初めまして

初めまして、初の投稿をします。スミッシーです。

会社に入社するにあたって、実家から会社までの距離があるので、アパートを借り、一人暮らしを始めました。そんなアパート暮らしで、放置していくと、どんどんたまっていってしまうものがあります。そう、洗い物です。ついつい一人暮らしだと量が少ないので、放置して、まとめて洗おうと思うのですが、いざ溜まった食器を見ると洗う気がうせてしまいます。自分だけではないですよね・・・。なぜ、溜まった食器を見ると洗い物をする気がうせてしまうのか考えてみました。

①放置しておくことで、食器に付着したものにより、汚れが広がってしまうことにより、食器の状態が、悪くなり、やる気が・・・。

②放置しておいたことにより、気持ちにたるみが出て、洗う気が・・・。

この2つが主な原因だと思われます。

それでは、これらの原因に対する対策は・・・ズバリ、洗い物が出たら、すぐに洗い物をする。これに限ると思います。それでも、まとめて洗いたいときは、汚れのひどいものは、キッチンペーパー等で、ふき取りを行っておいたうえで、放置し、まとめて洗い物をすることだと思います。

皆さんも、辛い物から解放され、エンジョイライフを行いましょう。それでは、この辺で。

 

木曽、上松町の赤沢に新緑を求めて

こんにちは、YnDです。

祝日を活かし、色々な所に撮影に行った結果、
60ギガバイト、438×3段ブランケット=1314枚の写真を撮影し、
その中から良い物を探している最中です。
私の撮影技量の無さに嘆きつつ、いくらかは良い写真が有ったので、
近日別途公開しようと考えています。

さて、本題ですが、まずは、
木曽郡上松町の赤沢(赤沢自然休養林)の写真を何枚か載せようと思います。
赤沢は国道からわき道に入る所が判り難いですが、
道幅が大きく車のすれ違いがし易い+携帯電話の電波が有る点が、
阿寺渓谷よりも良い所です。

赤沢の特徴としては、澄んだ緑色をした水でしょう。
(今回も画像クリックで大きな画像が表示されます。)

上松町赤沢の水の色1
上松町赤沢の水の色1
上松町赤沢の水の色2
上松町赤沢の水の色2

阿寺渓谷は青色が入った緑色ですが、赤沢は真緑といった感じです。
(両方澄んでいて綺麗です)

先の2枚は赤沢の駐車場に行く前の道すがらに撮ったものです。
駐車場&汽車乗り場からは、歩きであれば駐車料金600円だけで済むのも魅力です。
この600円で(後の写真にも出てくる)整備された歩道を歩けるのですから格安と言えます。

実際の沢の雰囲気は次の様な感じです。

上松町赤沢の雰囲気1
上松町赤沢の雰囲気1
上松町赤沢の雰囲気2
上松町赤沢の雰囲気2
上松町赤沢の雰囲気3
上松町赤沢の雰囲気3

森林鉄道で走っている汽車です。
人の顔の部分は黒塗りしています。

上松町赤沢、森林鉄道
上松町赤沢、森林鉄道

その他の場所の雰囲気です。
今回は沢ばかり載せていますが、周りの森も綺麗です。
歩く足場が有る事と沢が浅い事から写真撮影は構図が難しかったです。
しかし、歩いて、穏やかな森や沢の雰囲気を楽しむにはとても良い場所だと思いました。

上松町赤沢の雰囲気4
上松町赤沢の雰囲気4
上松町赤沢、春の花
上松町赤沢、春の花

最後に、5月では遅く、花がしおれていましたが、水芭蕉もありました。

上松町赤沢の水芭蕉
上松町赤沢の水芭蕉

阿寺渓谷と違い道が広く、携帯電話も通じる安心感が有るので、
本当に、気軽に行ける良い場所という印象を受けました。
夏は迷いますが、秋にも一度足を運んでみたいと考えています。

2022年5月初旬、
35mmフルサイズセンサー搭載のSONY製ミラーレスのエントリー機種にて撮影
(画像はWEB用にピクセル数を削減)