マルチブート環境の作成テスト

こんにちは、Hoshです。

Windows8.1のプレビュー版が最近リリースされました。
自分としては正式版が楽しみな半面、自宅にはWindows8マシンしかありませんでした。
8対応のソフトウェアが増えてきているとはいえ、まだ普及したとは言いづらい状況です。

そして先日、以前使っていたXPや7のインストールディスクが押し入れの奥に眠っているのを発見。
8だけでは心もとないし、このまま腐らせておくのはもったいないと思い、
知識の補強がてら「XP・7・8のマルチブート環境」を作ることにしました。

調べてみると、単に古い順にOSをインストールすればOKのようです。
インストール前に各OS用にSSDのパーティションを区切り、
XPはEドライブ、7はDドライブ、そして8はCドライブをシステム用ドライブとして指定。
時間は丸一日かかりましたが、何事もなくOSのインストールとアップデート処理が完了しました。
ついでに、データ用のドライブとしてFドライブを用意。

マルチブート環境における8の起動画面
マルチブート環境におけるWindows8の起動画面

起動時にOSを選択する手間が増えましたが、デメリットはそれくらい。
ただ、当然アンチウィルスソフトや各種ドライバは3つのOSそれぞれにインストールする必要があります。
最初は設定にとっても手間がかかります。

マルチブート環境の導入は意外と簡単というお話でした。

古い時代の環境構築が上手く出来ない

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

最近、余った部品を流用して予備のパソコンを作成したのですが、古いソフトウェア関連のインストールなどで困った事が多くあり時代を感じました。

まず、WindowsXP SP2 のアップデートで困りました。
「何を言っているのか分からない」と言われるかもしれませんが、自分自身うまくアップデート出来ない事に驚きました。
WindowsUpdateを実行しようとしてもエラーが表示されるばかりで、最初はネットワークか何かの調子が悪いだけだろうと考えていました。
しかし、何時間たってもエラーが解消されませんでした。
そこで、表示されるエラー内容についてインターネットで調べた結果、WindowsXPのSP3以外は別途Windowsアップデートの更新プログラムをダウンロードして適用する必要があると分かりました。
その後、WindowsUpdateを更新した結果、Windowsのアップデートを上手く行う事が出来たので一安心。
それでも、WindowsUpdateが上手く行えないとは思いにもよらなかったので本当に驚きました。

次に、普段使用しているブラウザFirefoxの設定関係でも困りました。
普段、自分はタブの上に次のページ・前のページなどのボタンを配置(古いFirefoxと同じ配置)しているのですが、その設定をする項目が最新版では無くなっていました。
今までは「表示=>ツールバー=>タブを上部に表示」をOFFにしてやる事で設定できていたのですが、その「タブを上部に表示」の項目が見当たらないのです。
この点についても調べる事となり、最終的にはFirefoxの細かい設定を行う専用の画面を表示して設定を変更する必要があるとの情報を入手しました。
Firefoxの設定変更画面はその時初めて見ましたし、「タブの下にツールバー」という構成が通常かつ普通には変更不可に設定されている事にも驚きました。
その他にも、FirefoxではWindowsXPだとグラフィックボード(AMD radeon)との相性なのかハードウェアアクセラレーションをONにしておくとfirefoxが頻繁にクラッシュする状況にも遭遇しました。

最後に、これは時代の流れを感じた事柄になるのですが、今まで使用していた音楽管理ソフトが無くなっていました。
WindowsXP SP2の時からずっと使い続けていたソフトだったのですがダウンロードする場所が見つからないのです。
今まで存在していたダウンロードサイトを探しはしましたが、サービス終了という記述と最後の更新用ファイルが置いてあるだけでダウンロードは出来ませんでした。
確かに、古いままで新しいソフトと比べると機能的に劣っている部分が有り仕方ないと思うのですが、自分が普段使っていたソフトが無くなってしまった事には感じる所がありました。

自分が必要とする限りそういった知識は取得するしかないのですが、パソコンを自作していると古かったり変な知識が身につき、その度に哀愁に近い微妙な気分を最近感じています。

WindowsXPのパソコンをどうするか考える

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

パソコンの自作をしていると、WindowsXPのサポート期限終了のカウントダウンに伴って、今使っているWindowsXPのパソコンをどうしようか?OSだけ交換して使うのか?という点が気になってきます。
WindowsXPのサポートが終了するだけなので、OSをWindows7やWindows8に更新すれば問題ないと思えますが、その時に問題となるのはWinowsXP時代の装置(以下ハードウェア)がWindows7以降に対応しているのか?という所です。

ハードウェアの性能はもちろん重要ですが、それよりも、ハードウェアを動かす(制御する)ためのドライバというソフトの方により注意が必要だと私は思います。
そのドライバがWindowsXPのもののみでWindows7以降は提供されていないという場合は、Windows7や8でその部品を動作させる事が出来ない事もあるからです(ドライバはUSBのコントローラ、グラフィック関係、サウンド関係とその装置それぞれに必要です)。また、その装置を制御するという性質上、最悪新しいOSが全く動作しない・正常に動作せず使い物にならないという事も起こりえます。
特に、WinodwsXPの場合は長く市場にいたこともあり、古い装置が付いている事も多いでしょうし、そうでなくても、ノートパソコンの場合はドライバを専用の設定プログラムで設定する事が多いため対応しているドライバが存在しない・見つからない事もあります。
(ノートPCの場合は逆も同様で、Windows7のマシンをWindowsXPにしようとするとドライバを探すのが大変です。)

そういうソフトウェア的な面を考慮せずに部品の性能だけみて、OSの更新で問題ないだろうと判断して新しいWindowsを購入した後に、ドライバの問題で新しいWindowsを使用出来ずに終わってしまうのは非常に勿体ないです。新しく購入したWindowsも勿体無いですが、ノートパソコンの場合は買いなおさないとダメでしょうし、自作などのデスクトップパソコンの場合は部品交換など工夫をすれば動かせるかも知れませんが場合によっては新品購入より費用がかかってしまうなど、どちらにしてもダメージはかなりでかくなりそうです。
そういった事を考えると、これからWindowsXPからWindows7・8に移行しようという時には、ハードウェア面・ソフトウェア面の両方を確認して、OSだけを更新するのか?部品交換にかかる費用はいくらか?それとも新しいパソコンを調達するのか?という点をよく考えて判断する必要がありそうです。

Windows7対応作業しました

初めましてyamaです。

WindowsXPで稼働していたアプリケーションをWindows7にも対応したいと要望を頂き、
すべての機能を正常に動作するか検証したところ。。。

・インストーラがwindows7対応でない。
・帳票がすべて背面表示になる。
・コンボボックスのデザインで異なるものがある。
・グリッドにデータを入力するとエラーが発生する。
・Altキーを押すと画面レイアウトが崩れる。

などといった不具合が出てきました。
順調に修正作業を進めていたのですが、深いはまりに出会ってしまいました。
帳票が2枚出力される処理で実行後、Zオーダが帳票1、帳票2、アプリ画面になっているにも関わらず
帳票1を閉じた瞬間、アプリ画面、帳票2の順に入れ替わる、といった。
3日間も時間を費やしてしまいましたが、試行錯誤し問題解決したときの爽快感は格別ですね。