マルチブート環境の作成テスト

こんにちは、Hoshです。

Windows8.1のプレビュー版が最近リリースされました。
自分としては正式版が楽しみな半面、自宅にはWindows8マシンしかありませんでした。
8対応のソフトウェアが増えてきているとはいえ、まだ普及したとは言いづらい状況です。

そして先日、以前使っていたXPや7のインストールディスクが押し入れの奥に眠っているのを発見。
8だけでは心もとないし、このまま腐らせておくのはもったいないと思い、
知識の補強がてら「XP・7・8のマルチブート環境」を作ることにしました。

調べてみると、単に古い順にOSをインストールすればOKのようです。
インストール前に各OS用にSSDのパーティションを区切り、
XPはEドライブ、7はDドライブ、そして8はCドライブをシステム用ドライブとして指定。
時間は丸一日かかりましたが、何事もなくOSのインストールとアップデート処理が完了しました。
ついでに、データ用のドライブとしてFドライブを用意。

マルチブート環境における8の起動画面
マルチブート環境におけるWindows8の起動画面

起動時にOSを選択する手間が増えましたが、デメリットはそれくらい。
ただ、当然アンチウィルスソフトや各種ドライバは3つのOSそれぞれにインストールする必要があります。
最初は設定にとっても手間がかかります。

マルチブート環境の導入は意外と簡単というお話でした。

Windows8のスタート画面以外の変更点

こんにちは、Hoshです。

最近、私用のPCにWindows8を入れました。
「スタートボタンがない」と何かと騒がれていたWindows8ですが、
実際に使ってみた感想は「言われてるほど悪くはない」です。
不便になった部分もありますが、確実に改良されている部分もあります。

起動速度が早くなったという感想は色々な場所で見られますが、
私が一番便利になったと感じた点は「タスク マネージャー」です。

タスク マネージャー
Windows8のタスク マネージャー

今現在動いている全てのアプリケーションの、
CPU・メモリ・ディスクアクセス・ネットワークの使用率がリアルタイムで把握できます。
PCの重さの原因となる、「CPU使用率の占有」「メモリの食い潰し」など、
動作不良を起こしているアプリケーションが一目で分かります。
ディスクアクセス速度やネットワーク使用量を、個々に確認できるようになったのも大きいです。

普段はそこまで意識して使うものではないですが、
「どうも動作がおかしいな」と思った時にサッと確認できるのは、ありがたいことです。

Windows8 優待価格は1月31日まで

こんにちは、なーがです。

現在、Windows8 Proのアップグレード版は優待価格によりパッケージ版は5800円(税別)、DL版は3300円にて購入可能ですが、来月からは通常価格になり25800円になります。

ですので、興味のある方は今のうちにライセンスを購入しておくことをおすすめします。

私も1ライセンス購入し現在使用中ですが、思っていたよりも悪くないというのが感想です。
最初は今までとは大きく異なるスタート画面などに戸惑いましたが、慣れてしまえばそんなに気になりません。
とはいえ、あまり人には強く奨められないかなというのが正直なところ。

従来からの変更点が多いことや古いソフトの互換性などPCで使用する分には今までのWindow7などのほうが使いやすいと思うので現在使用中のPCが問題ないのならあえて変える必要はないと思います。

しかし、タイトルにもありますように優待価格は今月いっぱいまでですので、アップグレードはしないとしてもライセンスだけでも購入しておくといいかもしれません。