マルチブート環境の作成テスト

こんにちは、Hoshです。

Windows8.1のプレビュー版が最近リリースされました。
自分としては正式版が楽しみな半面、自宅にはWindows8マシンしかありませんでした。
8対応のソフトウェアが増えてきているとはいえ、まだ普及したとは言いづらい状況です。

そして先日、以前使っていたXPや7のインストールディスクが押し入れの奥に眠っているのを発見。
8だけでは心もとないし、このまま腐らせておくのはもったいないと思い、
知識の補強がてら「XP・7・8のマルチブート環境」を作ることにしました。

調べてみると、単に古い順にOSをインストールすればOKのようです。
インストール前に各OS用にSSDのパーティションを区切り、
XPはEドライブ、7はDドライブ、そして8はCドライブをシステム用ドライブとして指定。
時間は丸一日かかりましたが、何事もなくOSのインストールとアップデート処理が完了しました。
ついでに、データ用のドライブとしてFドライブを用意。

マルチブート環境における8の起動画面
マルチブート環境におけるWindows8の起動画面

起動時にOSを選択する手間が増えましたが、デメリットはそれくらい。
ただ、当然アンチウィルスソフトや各種ドライバは3つのOSそれぞれにインストールする必要があります。
最初は設定にとっても手間がかかります。

マルチブート環境の導入は意外と簡単というお話でした。

WindowsXPのパソコンをどうするか考える

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

パソコンの自作をしていると、WindowsXPのサポート期限終了のカウントダウンに伴って、今使っているWindowsXPのパソコンをどうしようか?OSだけ交換して使うのか?という点が気になってきます。
WindowsXPのサポートが終了するだけなので、OSをWindows7やWindows8に更新すれば問題ないと思えますが、その時に問題となるのはWinowsXP時代の装置(以下ハードウェア)がWindows7以降に対応しているのか?という所です。

ハードウェアの性能はもちろん重要ですが、それよりも、ハードウェアを動かす(制御する)ためのドライバというソフトの方により注意が必要だと私は思います。
そのドライバがWindowsXPのもののみでWindows7以降は提供されていないという場合は、Windows7や8でその部品を動作させる事が出来ない事もあるからです(ドライバはUSBのコントローラ、グラフィック関係、サウンド関係とその装置それぞれに必要です)。また、その装置を制御するという性質上、最悪新しいOSが全く動作しない・正常に動作せず使い物にならないという事も起こりえます。
特に、WinodwsXPの場合は長く市場にいたこともあり、古い装置が付いている事も多いでしょうし、そうでなくても、ノートパソコンの場合はドライバを専用の設定プログラムで設定する事が多いため対応しているドライバが存在しない・見つからない事もあります。
(ノートPCの場合は逆も同様で、Windows7のマシンをWindowsXPにしようとするとドライバを探すのが大変です。)

そういうソフトウェア的な面を考慮せずに部品の性能だけみて、OSの更新で問題ないだろうと判断して新しいWindowsを購入した後に、ドライバの問題で新しいWindowsを使用出来ずに終わってしまうのは非常に勿体ないです。新しく購入したWindowsも勿体無いですが、ノートパソコンの場合は買いなおさないとダメでしょうし、自作などのデスクトップパソコンの場合は部品交換など工夫をすれば動かせるかも知れませんが場合によっては新品購入より費用がかかってしまうなど、どちらにしてもダメージはかなりでかくなりそうです。
そういった事を考えると、これからWindowsXPからWindows7・8に移行しようという時には、ハードウェア面・ソフトウェア面の両方を確認して、OSだけを更新するのか?部品交換にかかる費用はいくらか?それとも新しいパソコンを調達するのか?という点をよく考えて判断する必要がありそうです。

Windowsの目立たない変化

7発売当初は、XPからインターフェースが変わりすぎと色々言われていましたが、
安定性の問題などはクリアされ、Windows7への移行はじわじわと進んできているようです。
私は今でも設定などで戸惑うことはありますが、ランチャ機能なども手伝って、
快適に使えていると思います。

最近知ったのですが、中でも非常に変わったものがありました。


付属のゲームやアクセサリ類です。
XP付属のものはかなり単純な見た目だったと記憶していますが、
こちらはものすごくグラフィカル。新鮮な気分で遊べました。
あと、「Snipping tool」という画面キャプチャもなかなか便利でした。

目立たない所で進化し続けているものがあるものですね。

Windows Vista/7 サポート延長

こんにちは、なーがです。

Windows Vista/7の延長サポートが決定しました。
延長は以下の通りです。

Windows Vista
エディション サポート期間
Starter
Home Basic
Home Premium
Ultimate
2012/04/10 → 2017/04/11
Business
Enterprise
2017/04/11(変更なし)
Windows 7
エディション サポート期間
Starter
Home Premium
Ultimate
2015/01/13 → 2020/01/14
Professional
Enterprise
2020/01/14(変更なし)

Vista/7ともにサポート期間の長いエディションに統一されたため、非常にわかりやすくなりました。

Vistaの一部のエディションはあと2ヶ月ほどでサポート対象外となる予定のものが、5年延長されたのは大きいですね。

新しいパソコンに古いソフトのインストールに困ったら

こんばんは、ITサポートです。

先日お客様からソフトがインストールできないと言うお問い合わせがありました。

話を聞くと「Windows Vista」のフォトショップ、イラストレーターを「Windows7」にインストールしようとしたらエラーが発生して、インストールが出来ないと言っておりました。

ライセンスには問題は有りませんが、OSの互換性の問題でインストールできないようでした。

フォトショップ、イラストレーターの古いバージョンはWindows7に対応しておらず、そのままの方法ではインストールできません。

古いバージョンをお使いの方で新しいパソコンに入れ替えを検討している方は注意してください。

また、どうしてもフォトショップ、イラストレーターをWindows7でも使用したい場合は弊社に連絡をいただければインストール作業を致します。

以下のソフトのバージョンはWindows7に正規の方法ではインストール出来ないので注意してください。

Illustrator 7.0

Photshop 6.0

Windows7へ移行しました。

ITサポートです。
最近社内では、Windows7への全面的な移行を行いました(※一部除く)。
起動とシャットダウンの早さは確かなものでした。
XPモードとVirtual PCによるXP環境の仮想構築も可能で、重宝しております。

ただ、インターフェースのほうは慣れる以外に選択肢はなさそうです。
ある程度便利な方向に変わっているのは確かですが、
やはり長年使っていたものから切り替えるのは億劫なものです。
ですが、いつかは移行しなくてはならないもの。

間違いなく「これは便利になった」と感じたのは下のタスクバーです。

従来のように文字で表示することもできます
従来のように文字で表示することもできます

「起動中のアプリケーションが並んでおり、クリックするとそのアプリケーションウィンドウを一番上に表示する」というのが、
もともとのタスクバーでした。
Windows 7では、ここにアプリケーションランチャーの機能が備わりました。
起動していないアプリケーションもタスクバーに表示されていて、クリックするとアプリケーションを起動するのです。
これは非常にわかりやすく、かつ手早い。作業にも好影響を与えています。

このような、いい部分だけを合わせたような機能がもっと増えるといいですね。

Windows 7にして一番驚く変更点

登場してからずいぶんと時間の経つWindows 7ですが、
慣れ親しんだ物からはなかなか離れることは出来ません。
今現在もXPを使い続けている方々は多いことと思います。

7では、タスクバーでのプレビュー表示、高速起動、スナップ、ジャンプリストなど、
主に利便性を向上させるための機能が追加されています。
ところが、それらの陰に隠れてしまった、意外と知られていない、
利便性とは全く別の意味で怒涛の進化を遂げた部分があります。

電卓
電卓です。

見た目からずいぶん変わっていますが、中身もかなり違います。
今まで行った計算の式と結果を全て記録してくれる履歴機能に加えて、
センチメートルをインチなどで計算しなおしてくれる単位変換機能(便利!)も実装され、
ただの電卓ではなくなっています。

使い勝手が変化するのは賛否両論ありますが、こんな感じの変化は大歓迎ですね。

Windows7対応

現在最も多くの企業様で採用されているオペレーティングシステム(以下OS)は、
「Windows」でしょう。

そのWindowsも、Windows XP、Windows Vista、Windows7と幾つかのバージョンがあります。
現在の最新バージョンはWindows7になりますが、まだWindows XPを使用されている企業様も多いと思います。

しかしこのWindows XPは2001年に登場したOSであり、現在では販売を終了してしまっています。

ですので、これからパソコンを新しく購入する場合は基本的に、最新バージョンのWindows7になります。

このOSのバージョンが変わることにより、現在稼動しているシステムが動かなくなったり、
不具合が発生したりする場合があります。

そうなった場合は、そのシステムがWindows7で正常に動くように、プログラムをバージョンアップする必要があります。
このバージョンアップを私たちは「Windows7対応」と読んだりします。

なんだか面倒なことのようにも感じられますが、時代の流れには逆らえません。

現在私もあるお客様のシステムの「Windows7対応」を行っていますが、
機能によっては動かなくなったりするところが見つかっています。
これらを正常に動くようにするために、プログラムのバージョンアップ中です。

Windows7対応作業しました

初めましてyamaです。

WindowsXPで稼働していたアプリケーションをWindows7にも対応したいと要望を頂き、
すべての機能を正常に動作するか検証したところ。。。

・インストーラがwindows7対応でない。
・帳票がすべて背面表示になる。
・コンボボックスのデザインで異なるものがある。
・グリッドにデータを入力するとエラーが発生する。
・Altキーを押すと画面レイアウトが崩れる。

などといった不具合が出てきました。
順調に修正作業を進めていたのですが、深いはまりに出会ってしまいました。
帳票が2枚出力される処理で実行後、Zオーダが帳票1、帳票2、アプリ画面になっているにも関わらず
帳票1を閉じた瞬間、アプリ画面、帳票2の順に入れ替わる、といった。
3日間も時間を費やしてしまいましたが、試行錯誤し問題解決したときの爽快感は格別ですね。

今後のWindowsOS

皆様は会社やご自宅ではWindows又はMacどちらをお使いでしょうか?

今回はWindowsOSの今後のサポートについてです。

因みに今お使いになられているWindowsOSのサポート終了日はご存知でしょうか?

以下マイクロソフトが発表しているサポート終了日(仮)の予定です。

Windows XP 2014年4月9日
Windows Server 2003 2015年7月15日
Windows Vista 2017年4月12日
Windows Server 2008 2018年7月11日
Windows 7 2020年1月15日

上記がサポート終了予定になっています。

ほとんどの企業ではXPを使っていると思いますが、そのサポートも2014年の4月9日までとなっています。

サポートが終了すればマイクロソフトからのサポートも受けれなくなる他、サポート終了のOSに不具合やセキュリティーホールがあった場合でも何もする事が出来ません。

後4年でXPのサポートが終了ですが、4年もあればパソコンを新しくすると思いますので、まだあわてる必要は無いと思いますが

忘れずにこの日までにはVista又はWin7のパソコンを購入する事をお勧めいたします。

因みに、ご家庭で使っているOSの場合さらにサポート終了日が早くなる可能性がありますので注意が必要です!

今使っているパソコンがXPで新しく買ったパソコンがWindows 7の場合ですが、今まで使っていたソフトがWindows 7で動かない場合があります。

また古いパソコンのデータを新しいパソコンに移す作業も結構大変です。

そんな時にぜひアースシステムのITサポートにお電話頂ければ、めんどうな作業も弊社が全て行います!

また、お客様の環境にあったパソコンをご提案することも可能ですのでぜひご連絡ください!