プログラムをWindowsの起動時に実行する方法

こんにちは、フルーツポンチです。
今回はプログラムをWindowsの起動時に実行する方法についてです。

 

プログラムをWindowsの起動時に実行する方法

 

プログラムをWindowsの起動時に実行する方法で、ユーザーが設定する方法は大きく分けて3つあります。

 

1.起動したいプログラムのメニューから

起動したいプログラムに”スタートアップに登録する”などといった項目がある場合、それらの機能を使うことが一番簡単です。
またこの機能がある場合、スタートアップから解除する方法も提供されていることが多いため、解除する方法に困るといったことも基本的にないのでお勧めです。
ただし、特別な方法で起動したい場合や、その機能にバグがあった場合は他の方法を使う必要があります。

 

2.スタートアップフォルダに登録

[Windowsキー]+Rで開く”ファイル名を指定して実行”の画面に shell:Startup と入力してOKを押すと開くフォルダに、プログラムのショートカットを入れる方法が2つ目の方法です。
この方法の場合、フォルダにショートカットを入れるだけなので難しい操作がほとんどなく、簡単です。
shell:Startup で開くフォルダでは設定したときのユーザーのみに登録されるため、そのWindowsを使用するすべてのユーザーに設定する場合は、代わりに shell:Common Startup と入力して開いたフォルダに設定する必要があります。

 

3.タスクスケジューラを使用する

タスクスケジューラにWindowsの起動時に起動するタスクを追加する方法が3つ目の方法です。
この方法は他にもいくつかの条件を組み合わせたりなど複雑なことができますが、その分難易度が高いです。
設定できる項目も多いため手順は説明しませんが、気になる方は調べてみてください。

 

2, 3番目の方法は既に設定されている他の項目も確認することができますが、基本的には削除や変更をしないことをお勧めします。
理由としては、その項目が何を行っているのかを確認せずに削除や変更をすると、プログラムがうまく動作しなくなったり、最悪の場合、Windowsが起動しなくなる場合があるためです。

 

プログラムをWindowsの起動時に実行する方法は、ここで紹介した方法以外にもいくつかの方法がありますが、ユーザーが設定する方法としては向いていないため省略させていただきました。

 

最後に、これらの方法はプログラムを自動で起動してくれるので便利ですが、設定しすぎるとWindowsの起動がとても遅くなることがあるので注意してください。

Windows PowerShell

こんにちは、フルーツポンチです。

今回は、Windows7から標準搭載されている、”Windows PowerShell”についてです。

 

Windows PowerShell

 

“Windows PowerShell”はWindows7から標準搭載されるようになったシェルで、今まで使われてきた”コマンドプロンプト”に比べ、多機能化し、文法をモダン化したものとなっています。

最近では、”PowerShell Core”というものが登場し、MacやLinuxでも(使えるコマンドは減っていたりしますが)”Windows PowerShell”を使えるようになりました。

 

“Windows PowerShell”(または”PowerShell Core”)の個人的に利点だと思う点は、一つ目はWindowsに標準搭載されているという点です。
“コマンドプロンプト”と同じくWindowsに標準搭載されているため、追加でインストールしなくても使用することができ、また、”Windows PowerShell”の開発環境として”Windows PowerShell ISE”というものも標準搭載であるため、環境構築に手間がかからないためです。
二つ目は、“.NET Framework”(または”.NET Core”)を使っているという点です。
“Windows PowerShell”は実行に”.NET Framework”を使っており、”.NET Framework”のライブラリを使用できるため、特に”.NET Framework”を使っているならその知識をそのまま応用でき、複雑なものを比較的簡単に作成できるためです。

“Windows PowerShell”の個人的に欠点だと思う点は、一つ目はセキュリティホールになりやすいという点です。
“Windows PowerShell”はWindowsに標準搭載となったため、攻撃側からするとWindowsにほぼ確実にインストールされているはずなので、”Windows PowerShell”の脆弱性を狙って攻撃すれば高めの確率で対象への攻撃に成功するといえるためです。
また、ほかのプログラムの脆弱性を突いた攻撃の場合も、新しく何かをインストールしたりせずに攻撃側の望む動作をさせることができ、ウイルス検知ソフトなどに脅威として検知されにくいためです。
これらの問題は、WindowsUpdateなどの更新や”Windows PowerShell”の設定を適切に行うことである程度の軽減が可能です。
二つ目は、“コマンドプロンプト”との互換性があまりないという点です。
ちょっとしたバッチなどであれば動く場合もありますが、複雑なものの場合ほぼ確実に動かなくなります。
また、コマンドの出力が変わっていたりもするので、同じ出力になる場合はあまりないと思います。

 

“Windows PowerShell”には、”Windows10 Creators Update”で[スタート]の右クリックメニューの項目の中の”コマンドプロンプト”から置き換えられたという経緯があります。(設定で元の”コマンドプロンプト”に戻すことができますが)
このことから、Microsoftとしては”コマンドプロンプト”より”Windows PowerShell”を使ってほしいのだと思います。

“コマンドプロンプト”は今も使われ続けているので、おそらくすぐに無くなることは無いと思いますが、将来無くなる可能性に備え、また、新しい機能を使い業務を効率化したり、昨今の”Windows PowerShell”を標的とした攻撃から身を守るためにも、”Windows PowerShell”について学習していくことが好ましいと思います。

64ビットへ移行 その1

こんにちは、なーがです。

Windows Vistaが出た時に、「これからは64ビットの時代だ」と言われてました。
そして、Windows 7が出た時から一般向けPCにも64ビットのPCが流通するようになりました。

私はVistaが出た時に64ビットOSを購入ししばらく使用していました。
当時はまだ64ビットが広がり始めたばかりということもあり、
私の使用しているソフトウェアで正しく動作しないものがありました。

日常利用に影響が出るのはよろしくなかったので、
その時は32ビットに戻して64ビットは敬遠していました。

それから何年も経ち、

・業務で64ビットのPCを利用するようになった
・64ビットに対応したソフトウェアが増えてきた
・Windows10へのアップグレード

などをふまえて64ビットのWindows 10へ移行しました。

それに伴い各ソフトウェアも64ビット版があるものは
対応のものに移行しましたので次回ご紹介したいと思います。

Windows環境の見直しを

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年明け早々ですが、Windows関連の一部サポートが終了するようです。
対象となる方はPC環境を見直す必要があるかもしれません。

1. Windows 8のサポート終了
2016年1月12日(日本時間13日)のWindows Updateが最後のアップデートになります。
多くの方はWindows 8.1にアップデートされていると思いますが、
まだ8を利用されている方はこの機会にWindows 8.1またはWindows 10への更新をおすすめします。

※Windows 8からWindows 10への直接のアップグレードは行えません。
 一度8から8.1にアップグレードをし、そこから10にアップグレードを行う必要があります。

2. 最新Internet Explorer以外のサポート終了
Internet Explorer(以下、IE) 8、9、10のサポートも上記のWindows Updateが最後のアップデートになります。
以降はこれらのバージョンに関するすべてのアップデートが行われなくなり、
IE 11が唯一サポートを受けられるIEになります。

セキュリティ面だけでなく、最新のWebコンテンツを体験するためにも
対象の方は最新バージョンへの更新をおすすめします。(特にIE 8を利用されている方)

また、こちらに関しては別のブラウザ(Google ChromeやFirefoxなど)を利用することを検討してもいいかもしれません。
(Windows 10ではIEやEdgeではなく、Chromeが人気みたいです)

マルチブート環境の作成テスト

こんにちは、Hoshです。

Windows8.1のプレビュー版が最近リリースされました。
自分としては正式版が楽しみな半面、自宅にはWindows8マシンしかありませんでした。
8対応のソフトウェアが増えてきているとはいえ、まだ普及したとは言いづらい状況です。

そして先日、以前使っていたXPや7のインストールディスクが押し入れの奥に眠っているのを発見。
8だけでは心もとないし、このまま腐らせておくのはもったいないと思い、
知識の補強がてら「XP・7・8のマルチブート環境」を作ることにしました。

調べてみると、単に古い順にOSをインストールすればOKのようです。
インストール前に各OS用にSSDのパーティションを区切り、
XPはEドライブ、7はDドライブ、そして8はCドライブをシステム用ドライブとして指定。
時間は丸一日かかりましたが、何事もなくOSのインストールとアップデート処理が完了しました。
ついでに、データ用のドライブとしてFドライブを用意。

マルチブート環境における8の起動画面
マルチブート環境におけるWindows8の起動画面

起動時にOSを選択する手間が増えましたが、デメリットはそれくらい。
ただ、当然アンチウィルスソフトや各種ドライバは3つのOSそれぞれにインストールする必要があります。
最初は設定にとっても手間がかかります。

マルチブート環境の導入は意外と簡単というお話でした。

Windows8のスタート画面以外の変更点

こんにちは、Hoshです。

最近、私用のPCにWindows8を入れました。
「スタートボタンがない」と何かと騒がれていたWindows8ですが、
実際に使ってみた感想は「言われてるほど悪くはない」です。
不便になった部分もありますが、確実に改良されている部分もあります。

起動速度が早くなったという感想は色々な場所で見られますが、
私が一番便利になったと感じた点は「タスク マネージャー」です。

タスク マネージャー
Windows8のタスク マネージャー

今現在動いている全てのアプリケーションの、
CPU・メモリ・ディスクアクセス・ネットワークの使用率がリアルタイムで把握できます。
PCの重さの原因となる、「CPU使用率の占有」「メモリの食い潰し」など、
動作不良を起こしているアプリケーションが一目で分かります。
ディスクアクセス速度やネットワーク使用量を、個々に確認できるようになったのも大きいです。

普段はそこまで意識して使うものではないですが、
「どうも動作がおかしいな」と思った時にサッと確認できるのは、ありがたいことです。

Windows8 優待価格は1月31日まで

こんにちは、なーがです。

現在、Windows8 Proのアップグレード版は優待価格によりパッケージ版は5800円(税別)、DL版は3300円にて購入可能ですが、来月からは通常価格になり25800円になります。

ですので、興味のある方は今のうちにライセンスを購入しておくことをおすすめします。

私も1ライセンス購入し現在使用中ですが、思っていたよりも悪くないというのが感想です。
最初は今までとは大きく異なるスタート画面などに戸惑いましたが、慣れてしまえばそんなに気になりません。
とはいえ、あまり人には強く奨められないかなというのが正直なところ。

従来からの変更点が多いことや古いソフトの互換性などPCで使用する分には今までのWindow7などのほうが使いやすいと思うので現在使用中のPCが問題ないのならあえて変える必要はないと思います。

しかし、タイトルにもありますように優待価格は今月いっぱいまでですので、アップグレードはしないとしてもライセンスだけでも購入しておくといいかもしれません。

タブレット勢揃い

こんにちは、なーがです。
6月も終わりに近づき、最近はだいぶ暑くなって来ましたね。
気温も暑くなってきたので最近ホットなタブレットをご紹介したいと思います。

まずは、言わずと知れたアップルのiPad
ipad2012

今更説明するまでもないかと思いますが、今年の3月に新しくなりました。
特徴はなんといっても美しい画面(Retina Display)ですね。

次に、つい先日発表されたマイクロソフトのSurface
Surface

従来のPC向けOSであるWindowsがタブレットもサポートした次期OSWindows8を搭載したタブレット端末。
PCとタブレットで同じOSが搭載されるわけなのですが、外見などが大きく変更されているため従来のPCユーザーは戸惑うと思います。
現に私は戸惑いました(笑)

最後に、グーグルのNexus7
nexus7

今後リリース予定の最新OS Android4.1を搭載したグーグルのタブレット端末。
上記2つに比べると目立った特徴はないかもしれませんが、価格が8GBモデル 199ドル(約1万6000円)、16GBモデル 249ドル(約2万円)と低価格のためタブレットを試してみたいというかたにもおすすめできます。

私はiPadは持っているので他2つが非常に気になっています。
タブレットを購入予定のかたはもう少し様子を見てからでもいいかもしれません。

Windowsの目立たない変化

7発売当初は、XPからインターフェースが変わりすぎと色々言われていましたが、
安定性の問題などはクリアされ、Windows7への移行はじわじわと進んできているようです。
私は今でも設定などで戸惑うことはありますが、ランチャ機能なども手伝って、
快適に使えていると思います。

最近知ったのですが、中でも非常に変わったものがありました。


付属のゲームやアクセサリ類です。
XP付属のものはかなり単純な見た目だったと記憶していますが、
こちらはものすごくグラフィカル。新鮮な気分で遊べました。
あと、「Snipping tool」という画面キャプチャもなかなか便利でした。

目立たない所で進化し続けているものがあるものですね。

Windows Vista/7 サポート延長

こんにちは、なーがです。

Windows Vista/7の延長サポートが決定しました。
延長は以下の通りです。

Windows Vista
エディション サポート期間
Starter
Home Basic
Home Premium
Ultimate
2012/04/10 → 2017/04/11
Business
Enterprise
2017/04/11(変更なし)
Windows 7
エディション サポート期間
Starter
Home Premium
Ultimate
2015/01/13 → 2020/01/14
Professional
Enterprise
2020/01/14(変更なし)

Vista/7ともにサポート期間の長いエディションに統一されたため、非常にわかりやすくなりました。

Vistaの一部のエディションはあと2ヶ月ほどでサポート対象外となる予定のものが、5年延長されたのは大きいですね。