アースシステムの節電

こんにちは、ITソリューション事業部のレオンです。

7月1日に東京電力・東北電力管内の電力使用制限令(15%の節電)が発令されましたね。

当社では前年度の月平均比300kWh削減を目標に様々な方法で節電に取り組んできました。

しかし、無理な節電はしないように気をつけています。

例えば

・週末に使わないサーバのシャットダウン

・十分な明かりがある程度に蛍光灯の取り外し

・こまめにパソコンのディスプレイの電源をOFF

最近ではエアコンの設定を高くしても快適に過ごせるようにアイスマフラーや乾きやすいクッションを取り入れていこうと考えています。

また、当社のサービスである、イーサースも節電になります。

それはクラウドコンピューティングシステムにより1台のサーバを数十社で使えるためです。

これから販売・購買・在庫管理システムをお考えの方はイーサースを利用して節電に協力してはいかがでしょうか。

ここが新しい『製造販売業向けイーサース』その1

こんにちは、イーサース開発部のやぎです。

さて、いよいよ『製造販売業向け』のイーサースのリリースが迫ってまいりました。
ということで今回は『製造販売業向け』イーサースの新機能をご紹介しようと思います。

現在リリースされているオリジナル版のイーサースでは在庫管理を大きく分けると
「入庫伝票」「出庫伝票」「棚卸」「(ロケーション管理を含める場合)棚移動」「帳票出力」となっておりますが、
今回リリースのイーサースでの在庫管理は出荷や入荷による在庫変動に加え、
移動伝票」「振替伝票」「廃棄伝票」「棚卸」「帳票出力」となっております。(太字が新機能)

今日はその中から振替伝票について。
 振替伝票
振替伝票はその名のとおり、ある商品から別の商品へ振替を行う処理です。
「このセット商品の中身をバラで販売したい」、「商品を組み合わせてセットで販売したい」
といったときにまずこの振替処理を行っていただきたいと思います。

他の伝票入力と違うのは見出し項目と明細の間にある
「セット」か「バラ」かの選択。
「セット」にすれば明細で入力した商品の在庫が入力数量分差し引かれ、
見出しの商品入力欄の商品の在庫が入力数量分増加します。
また、「バラ」にすれば見出しの商品入力欄の商品の在庫が入力数量分減少し、
明細で入力した商品の在庫が入力数量分増えます。

あらかじめ商品マスタに各セット商品、バラ商品情報を登録する必要がありますが、
簡単な入力で振替処理を行えますよ。

この他にもまだまだ新しい機能がありますが、今日はこのへんで。

テスト中。

今年初投稿のITソリューション部 レオンです。

只今、e-SaaSカスタマイズバージョンのテスト中です。

テストと言っても部屋を静かにしてテスト用紙に鉛筆で書き込んでいるペーパーテストではありません。

テストとは、様々な条件・環境で製品に意図しない動きが無いかを確かめていく作業です。
確かに自分の作ったプログラムを採点されるような物なので、テストなんですね。

満点で合格したいものですが、そううまくは行かないものです;

それは、条件・環境というのは無数に作れるためです。

例えば、e-SaaSの対応ブラウザにはIEバージョン7、8があり、それぞれについて正しく表示・登録ができるかどうか等のテストをしなければなりません。

そのため、テストをしっかり行って品質の高いシステムにしていくのです。

e-SaaSでは、基本版に対してカスタマイズを行っていくため常に品質が高くなっていきます。
さらに、クラウド型のため万が一異常な動作があっても迅速に対応できるため信頼度の高いシステムです。

商品名は「イーサース」!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。ITソリューション事業部のレオンです。

今回はイーサースの名前についてお話します。

実は、商標登録できているのは「イーサース」なんです。

e-SaaSも申請したのですが、「e-」はインターネット、「SaaS」は「software as a service」の略で、無駄を省いて使いたい機能だけを使えるというサービスの形態という意味だから、商品名じゃなくて一般的な用語です。という理由で登録できませんでした。

そのため「イーサース」と言う商品として覚えてください。

またロゴも覚えて頂ければ幸いです。

興味を持っていただいた方は是非イーサースホームページをご覧下さい!

クラウドタイプの販売管理をお探しですか?

今、御社では販売管理をご利用ですか?

その販売管理は使いやすいですか?月次の集計表は簡単に出せていますか?

昨今、パッケージソフトではなかなか希望通りの帳票(集計表など)が出せないことが多いです。

CSVファイルなどにエクスポート(出力)して、Excelで集計表を作成・・・という方法ではありませんか?

月末に経理が一番苦しむ作業のひとつですね。

ただ面倒なだけなら我慢すればよいですが、数値の打ち込み(転記)間違えや伝票修正による再集計などがあります。

そのためにシステムというものがあるようなものですが、システム化するメリットは業務の効率化だけではありません。

ノウハウの継承というものがあり、担当代えなどで経理担当が代わった場合でもスムーズに業務が流れるのです。

会社という組織は人が入れ替わっていくものです。

手での集計の場合、この引継ぎ作業は引き継ぐ人も引き継がれる人も簡単なものではありません。

いかにスムーズに次の担当者へバトンタッチするかは、システムがあるかないかで大きく変わってきます。

といっても、何でもかんでもシステムを導入すれば楽になるかといえばそうではありません。

逆に作業量が増えて、担当者の負荷が上がることもあります。そもそも、システムが業務に合わないこともあります。

そこがシステム導入時の最大のリスクです。

そのため、業務に合わせて、カスタマイズという対応がされるのですが、基本的に安くはありません。

しかも、カスタマイズのベースとなるパッケージは決まっているので、そもそも使いづらいパッケージを選択してしまうとカスタマイズして機能を増やしても使いづらさは残る、なんてこともあります。

システム選びでは機能だけに着目してはいけません。毎日使うものだからこそ、使いやすいものであるべきです。

体験版があるならまずは使ってみましょう。体験版を通じて、これなら毎日使っても苦にならないなと思えば、次に機能面を見ていきましょう。機能面で足りない部分はカスタマイズ対応となります。

さて、システムといえど、その種類は大きく分けて3種類あります。
・スタンドアローン型(1ユーザーのみでの利用)
・クライアント/サーバ型(複数ユーザーでの利用)
・Web(クラウド、SaaS)型(1ユーザーから複数ユーザーまで)

これは御社の業務に応じて選択することになりますが、最近注目を浴びているのが、Web型に代表されるクラウド、SaaSといった形態です(通常、クラウドと言います)。

このクラウドの最大のメリットは安価で導入できること、サーバやデータ管理を提供企業に一任できること、そしてインターネットに接続されていればどこからでも利用できることです。

弊社はこれまで、スタンドアローンシステム、クライアント/サーバシステムと手がけてきました。それぞれ長所・短所ありますが、ご利用されるお客様の立場に立っても、クラウドをお勧めします。それは、総合的に見て、お客様の負担が一番少ないことです。負担というのは、コストの面もありますが、実際の作業量もあります。

弊社が新規に開発して、サービスを開始したe-SaaS[イーサース]は、様々なところで負担軽減を図り、より使いやすく設計されています。また、一般的なSaaS型販売管理に比べるとカスタマイズ性に柔軟でお客様のご要望に耐えられる仕組みでもあります。

少しでもご興味を持っていただけたのなら、e-SaaS[イーサース]のホームページをぜひご覧ください。

無料体験もご用意しております。

e-SaaS[イーサース]

クラウドコンピューティング

ITソリューションの ひで です。

突然ですが、Evernote や Dropbox というサービスをご存知でしょうか。

クラウド型サービスと呼ばれるものなのですが、大変な人気を集めています。

デジタルデータの保管、管理ができるサービスなのですが、大きな特徴として、
自分のパソコンの中ではなく、クラウドと呼ばれる“雲”の中にある何処かのコンピュータにデータが保存されます。

「雲の中にあるコンピュータってなに?」

ここでいう雲とは、インターネットのことを指します。
またコンピュータとは、そのサービスを提供する会社が管理する“サーバー”と呼ばれるコンピュータのことを指します。
つまり、インターネット上にあるサーバー(コンピュータ)にデータが保存されるということです。

「自分のコンピュータに保存するのと比べて何が利点なの?」

自分のコンピュータに保存されているデータは、そのコンピュータからしか見れません。
他のコンピュータで見たいとなった場合、いちいちそのデータを移動させる必要があります。
しかし、クラウド上のサーバーにあるデータは、“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、いつでも、どこからでもそのデータを見ることが可能です。

私もこのサービスを利用していますが、その利便性を実感し、今では欠かせないものになっています。
これからも、このようなクラウド型サービスが主流になってくることが予想されます。

そこで私たちは、e-SaaS[イーサース]というクラウド型サービスを開発しました。
e-SaaS[イーサース]は、販売管理、購買管理、在庫管理が可能なクラウド型サービスです。

クラウド型にすることにより、たくさんの利点が生まれました。

・“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、どこからでもサービスを利用できます。
・コンピュータにソフトをインストールする必要がありません。
・計算処理はサーバーが行うため、高性能なコンピュータは必要ありません。
・データはサーバー上で保管するため、お客様側でバックアップをとる必要がありません。
・リアルタイムにサービスのバージョンアップを受けることができます。

などなど、大変便利になっています。
その利便性を、多くの方に体感していただければ幸いだと思います。

続:SaaSって何?

はじめまして、アースシステム)営業の あい です。

まだまだ暑い9月上旬です。

例年より暑さが長引くようで早く涼しくなってもらいたい今日このごろです。

さて、最近「SaaS」クラウド」といった言葉をよく聞きます。

弊社もSaaSを使った新商品『e-SaaS』のサービスを展開して日々、皆様が楽に業務を行えるよう改良に改良を重ねています。

今回は、特に『e-SaaS』を導入するメリットについて少々…。

なんといっても、最大のメリットはシステム導入の安さです!!

ものを買うときは、値段がどうしても気になりますよね?

これは高いのか?安いのか?

そんなとき役に立つのが・・・・・・

弊社の『e-SaaS無料体験』!!

使ってみて、はじめて『安い』『高い』の判断ができるのではないでしょうか?

無料体験を有効的に活用していただき、どんなものなのかを認知していただければ幸いです。

また、只今キャンペーン中につき、月額の利用料もお安くなっています。

無料体験はこちら

SaaSはエコか

こんにちは、ITソリューション事業部SaaS開発のまっすです。

もうすぐ8月も終わりですね。

そして、エコカー減税も終了に近づいています。

さて、今回は、「SaaSはエコであるか」について述べたいと思います。

御社にとって、SaaSは間違えなくエコにつながります。

それは、サーバ(パソコン)1台分が不要であることです。

運用形態にもよりますが、通常サーバはコンビニエンスストアのごとく、24時間365日、サービスを提供します。

1マシンあたりの電力が300Wで、24時間、365日稼動させたとすると、

単純計算で、

0.3(kWh)  × 0.555(電気CO2換算係数) × 24 × 365 = 1458.54(Kg)

と、1.4トンものCO2が排出されるわけです。

こうして、数値化されるとリアルですね・・・。

また、Web共有によって、ペーパーレスを促進することができます。

e-SaaSは御社にとって、エコであることは間違えないと思います。

エコカー、エコ家電、そしてエコアプリ。

e-SaaSを宜しくお願いいたします。

見積書作成機能を開発中です

どうも、e-SaaS開発部隊のまっすです。

現在、e-SaaSの新機能として、見積作成機能の開発に取り掛かっております。

これにより、見積→受注→出荷→売上→請求→入金 という流れが確立できることになります。

見積書から受注伝票への連携も図ります。

見積書作成機能の完成は、8月下旬ごろを予定しております。

e-SaaSは、無い機能については、どんどん追加していきます。

既にある機能はカスタマイズ可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。