64ビットへ移行 その2

こんにちは、なーがです。

前回の記事に続いて64ビット対応のソフトウェアについて少し紹介します。

弊社のイーサースを利用する際にも必要となるWebブラウザにも64ビット版がリリースさせています。
普通にダウンロードすると従来の32ビット版がダウンロードされてしまいます。
64ビット版のダウンロード方法は少しわかりにくいので手順をご説明します。

■Google Chromeの場合

1. 「Chromeをダウンロードする」という青いボタンではなく、その下の「別のプラットフォーム向けのChromeをダウンロードする」をクリック。

Chrome_64_download_1
Google Chrome ダウンロード手順その1

2. 「別のデスクトップOS版をダウンロード」からWindows 64-bitをクリック。

Chrome_64_download_2
Google Chrome ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

■Firefoxの場合

1. 「無料ダウンロード」という緑ボタンではなく、その下の「システムと言語」をクリック。

Firefox_64_download_1
Firefox ダウンロード手順その1

2. 使用する言語の左から2番目のリンク(アイコンに64となっているもの)をクリック。

Firefox_64_download_2
Firefox ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

その他、各種ソフトで64ビット版がリリースされているものがありますが、
いずれも32ビット版と同様に動作するという保証はありません。

そのため、OSが64ビットの場合でもソフトは32ビット版を利用するのが無難ですが、
環境にあったもののほうが若干パフォーマンスが上がるようです。
(個人的には体感できていませんが。。。)

ホームページの裏側

Firefoxのバージョンが14になり、ロケーションバー、検索バー、右クリックからGoogle検索したときに、デフォルトでSSLによる暗号化通信が行われるようになりました。

これが思いのほか痛手でして、大半のホームページにはアクセス解析にツールが仕込まれており、ロケーション、ISP、使用ブラウザ、ディスプレイサイズ、IPアドレス、検索キーワードなどが分かるのです。

しかし、SSLによる暗号化通信になってしまうと、訪問者がどのようなキーワードで検索してサイトを訪れてくれたのか分からなくなってしまいます。

アクセス解析サンプル

将来的に他の検索エンジンにもこの機能がサポートされてしまうと、SEOでの集客を重視されている方には影響が大きそうですね。

Windows 8 Metro UI

こんにちは。ITソリューションの ひで です。

米Microsoft社より、開発中の新OS「Windows 8」のデモが公開されましたね。

この動画では主に、タブレット端末用に設計された“Metro”UIが紹介されています。
アプリがタイル状に並んでいるのが特徴的で、iPadのiOSと差別化を図っています。

PC用に設計されたWindowsを、無理矢理タブレット端末に組み込んだ製品には魅力を感じませんでしたが、このように初めからタブレットのタッチ操作を考慮して設計されたものはいいですね。

今後タブレット端末がさらに普及していくことが予想されますが、3種類のOS(AppleのiOS、GoogleのAndroid、MicrosoftのWindows)がこの先どんな展開を見せてくれるのか楽しみです。

Googleが勝手に検索する?

ご存知Google
大手検索サイトですが、最近になって新しい検索機能が追加されました。

インスタント検索」という機能です。
少しでも文字を入れると、その後に入力されるであろう言葉を自動予測して、
そのキーワードで検索してくれる、というものです。
Google日本語入力の技術を応用した機能のようですね。

ところが、「インスタント検索」がちょっと不評なようです。
実際に使用してみると不評な理由も見えてきました。

—————————————————————————————-

1.重い
一文字一文字打つごとに検索処理が行われます。
ロースペックなノートパソコンだと、カクついてちょっとつらい。
カクつくので文字を打つのを阻害されやすい

2.余計な予測変換を行うことがある
たとえば「ぐーぐる」と打ってカタカナに変換して確定すると、
「グーグルアース」が予測され、そちらの検索結果が表示されます。
「グーグル」とだけ検索したい場合は、
さらにEnterキーを押す必要があります。

キーワードを予測してくれる「サジェスト機能」と似ていますが、
「サジェスト機能」の場合は、選択の余地はユーザー側にあります。
「インスタント検索」においてはそれがありません。

—————————————————————————————-

たった一文字入れるだけで勝手に検索してくれるので、
慣れればとても使いやすい機能です。
ただ、今までの感覚で使用するとちょっと戸惑うことがありますね。

なお、この機能をオフにしたい場合は、
Googleの右上端の歯車アイコンから、機能のオンオフ設定が出来ます。

本日はWindows Update それと Googleを使って便利に検索!

こんにちは、ITサポート事業部です。

もう、毎月恒例となりましたWindows Updateの日です!

最近は自動アップデートでWindows終了時に勝手にアップデートしてくれるようになりましたが・・・・

それでもアップデートをしていないお客様をよく見かけます。

最悪個人情報が盗まれたり、大事なデータが盗まれたりする可能性がありますので、しっかりアップデートしましょう!!

今月は緊急が1件、重要が2件です。

さて続いては大手検索サイトのGoogleですが、米Googleは11月9日(米現地時間)に、Google検索に新機能「Instant Previews」と言うのを発表しました。

従来の検索結果には「サイトタイトル」、「サイトの説明」が一覧として表示されていましたが、そこに新たに、「検索ページの画面キャプチャー」が表示されるようになりました。

この機能により、リンク先のページを開かずに目的のサイトなのか調べることができ、余分な時間が短縮されると思います。

まだ日本では正式に公開されていませんが、数日中に日本語版を公開するみたいです。

使い方としては検索に出てきた虫眼鏡をクリックすると右のほうにリンク先の画面キャプチャーが表示されます。

在庫管理 アースシステムの検索結果

タイトルの横の虫眼鏡をクリックすると・・・

右のほうに画像が表示されました。

また虫眼鏡をクリックした後は検索結果の上にマウスカーソルを当たると自動的に画像が表示されます!

さらに画像内に検索した言葉が含まれる場合は、該当する部分が枠で囲まれて、その部分が拡大表示されるといった機能まで持っています!!

在庫管理 アースシステム

今回は「在庫管理 アースシステム」で検索して表示された画面には「在庫管理」と言う文言が枠で囲まれています!!

従来は検索結果にキーワードを入力して、表示された検索結果を一つ一つ見ていましたが、このようにInstant Previewsの機能が実装されることにより、調べたい事がすばやく知る事ができます。

画面プレビューもすぐに表示されますので、ストレス無く見る事が出来ます!

また「Instant Previews」の他に検索語から予測して結果を表示する「Google Instant」機能もあります。

検索入力エリアに「go」と入力している途中で入力エリアにこれから入力するであろう、文字が表示されます。

検索

またこの他に機能がありまして、まずは下の2枚の写真を見てください。

検索結果

検索結果

「在庫管理 アースシステム」と検索してみましたが、これら検索をする時に、Enterボタンや検索(ここではSearch)ボタンなどは一切押していません。

流れ的には「在庫管理と入力」→「検索結果表示」→「アースシステムと入力」→「検索結果表示」と言った流れになっています。

今までは「在庫管理と入力」→「Enterボタンや検索を押す」→「検索結果表示」→「アースシステムと入力」→「Enterボタンや検索を押す」→「検索結果表示」でした。

Google Instantが実装されることにより、わざわざEnterや検索ボタンを押す手間が省けます。

以上Googleが新しく紹介している機能ですが、まだ日本(co.jp)サイトでは使うことが出来ないので、興味がわいた方はぜひ以下のURLから試してみてください!

http://www.google.com/webhp?esrch=instantpreviews#