64ビットへ移行 その2

こんにちは、なーがです。

前回の記事に続いて64ビット対応のソフトウェアについて少し紹介します。

弊社のイーサースを利用する際にも必要となるWebブラウザにも64ビット版がリリースさせています。
普通にダウンロードすると従来の32ビット版がダウンロードされてしまいます。
64ビット版のダウンロード方法は少しわかりにくいので手順をご説明します。

■Google Chromeの場合

1. 「Chromeをダウンロードする」という青いボタンではなく、その下の「別のプラットフォーム向けのChromeをダウンロードする」をクリック。

Chrome_64_download_1
Google Chrome ダウンロード手順その1

2. 「別のデスクトップOS版をダウンロード」からWindows 64-bitをクリック。

Chrome_64_download_2
Google Chrome ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

■Firefoxの場合

1. 「無料ダウンロード」という緑ボタンではなく、その下の「システムと言語」をクリック。

Firefox_64_download_1
Firefox ダウンロード手順その1

2. 使用する言語の左から2番目のリンク(アイコンに64となっているもの)をクリック。

Firefox_64_download_2
Firefox ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

その他、各種ソフトで64ビット版がリリースされているものがありますが、
いずれも32ビット版と同様に動作するという保証はありません。

そのため、OSが64ビットの場合でもソフトは32ビット版を利用するのが無難ですが、
環境にあったもののほうが若干パフォーマンスが上がるようです。
(個人的には体感できていませんが。。。)

Firefox 3.6 サポート終了

こんにちは、なーがです。

約一年前、Firefox 4.0がリリースされた後もセキュリティアップデートが提供されていたFirefox 3.6のサポートも明日のFirefox 12.0のリリースとともに終了します。

Firefox 4.0のリリースとともMozillaは従来のアップデートを変更。
Google Chromeと同じラピッドリリース(高速リリース)方式を採用。
この一年間でバージョンも4.0→11.0となりました。

Firefoxといえばアドオンなわけですが、従来ではアップデートの度に使用できなくなったりと何かと問題がありました。
そのため、最近のバージョンではそのへんもある程度考慮されるようになり、以前ほど問題はおきなくなりました。

アドオンの問題などで3.6などを使用しつづけていたユーザーの方もこの機会にアップデートしてみてはどうでしょうか?

というよりもセキュリティや最新技術(html5やcss3)への対応などの観点からもアップデートすることをおすすめします。

ちなみに年内のアップデート予定(米時間)は以下の通りです。
Firefox 12  2012年04月24日
Firefox 13  2012年06月05日
Firefox 14  2012年07月17日
Firefox 15  2012年08月28日
Firefox 16  2012年10月09日
Firefox 17  2012年11月20日

Firefox 8のリリース

ITサポートです。
先週、Firefox 8が公開されました。

アースシステムではIEはもちろん、FirefoxによるHPの動作確認をおこなっています。
ところがFirefox 7では「多数のページを同時に開くと通信が一時的にストップする」という現象が発生していました。
我が社の通信環境によるものかもしれませんが、少々ストレスを感じるものになっていました。

Firefox 8では、それが改善された模様です。
重いと感じていた方はぜひアップデートしましょう。
Twitter検索機能などの新機能も盛り込まれています。

Firefox 7へのアップデート開始

ITサポートです。

本日、Firefox 7が配信されました。

Firefoxはユーザー制作のアドオンを導入して自由に機能を拡張できるブラウザですが、
メモリの消費量が大きく、ひどいときはメモリを300MBくらい平気で使用していました。
そのメモリ問題が、このたびのアップデートでかなり改善された模様です。
他に目立つ変更点は「http://」表示の削除くらいですが、
メモリ消費量減少は地味ながら大きな改善点です。

また、同日にThunderbird 7も配信されました。

こちらはメール管理ソフトなのでFirefoxほど有名ではありませんが、
同じく使いやすいソフトです。

Firefox6 公開

こんにちは、なーがです。

先日、8月16日にFirefox 6がリリースされました。
今回のバージョンより高速リリースとなり、今回のバージョンは前回より約8週間、以降のバージョンは約6週間ごとにアップデートされる予定となっています。
ちなみに今後のリリース予定日は、Firefox 7が9月27日、Firefox 8が11月1日、Firefox 9が12月20日となっており、予定通りにいけば、今年中に9までリリースされることになります。

高速リリースとなるのはいいのですが、Firefoxの更新で気になるのはやはりアドオン。
公式には”Firefox 5 以降、旧バージョンに対応していたアドオンは基本的に新バージョンにも対応しているものとして扱われます。”となっていますが、それでも完全ではありません。

バージョンチェックではじかれ、インストールできないアドオンも出てくるかと思いますが、その場合はAdd-on Compatibility Reporterなるアドオンが公式より出ているのでこちらをインストールすればバージョンチェックは行われなくなるのでインストールはできるようになるはずです。(ただし、このアドオンはインストール時のバージョンチェックを回避するだけなのでアドオンが正しく動作するかはわかりません。)

上記の通り、アドオンの関係もあり、Firefoxのアップデートには抵抗があったりしますが、新機能だけでなくセキュリティアップデートなども含まれているため、できるだけ最新版を利用することをおすすめします。

Firefox 4をインストールしてみました!

つい最近Firefox 4が正式リリースをされたと言う事で早速インストールしてみました。

使ってみての感想としましては、私の場合起動時に前回のタブの情報を表示する方法をとっているため、若干起動に時間がかかっていましたがFirefox3からFirefox4にしたことにより

起動が早くなったと思います。

Firefox 4ですが、総ダウンロード数は2,180万ダウンロードとYahooの記事に載るくらい恐ろしいダウンロード数があるブラウザですがさらにダウンロード数を伸ばしているようです・・

詳しくはglow.mozilla.orgからダウンロードの状況がわかります。

因みに私が調べた時には41,000,000ダウンロードで日本では東京が1番(278,508ダウンロード)で次に神奈川、大阪と続いていました。

長野県は14番目(16,880ダウンロード)でした。

どのくらいまで伸びるのでしょうね~

イーサースの対応ブラウザ

こんにちは、イーサース開発部隊やぎでございます。

今日はイーサースの対応ブラウザについてのお話。
弊社の「イーサース」は、インターネットを通じて手軽に
販売管理や在庫管理を行うことができるシステムとなっております。

「イーサース」では現在、
Internet Explorer7.0以降を推奨ブラウザとして指定しています。

例えばFirefoxからイーサースのログイン画面を起動しようとすると
こんなメッセージが出てきます。
Firefoxでログイン
このように、対応ブラウザではないという旨のメッセージです。

現在、部分的に画面の表示がおかしくなる箇所があったり、「Enterキー」による
フォーカス移動など、細かい部分の操作ができないような状態です。

しかしシステムが全く動作しないというわけではなく、
必要となるデータの閲覧、登録、帳票やCSV出力は正常に行うことができるのです。
同様にiPadで使われているブラウザ「Safari」でも機能自体は正常に動作します。

現在「Firefox」や「Safari」などのIE以外のブラウザも対応ブラウザとなるよう
改良を行っておりますので、対応が終わり次第皆様にお知らせしたいと思います。

乞うご期待!