効率化のお話2

こんにちは、あいです。
連投です。ブログの当番制が溜まってまして
同僚には迷惑をかけました。

さて、前回のお話の続きですが
システムを導入するときに本当に効率的になるのか?
ということで費用対効果の計算を自社でした際の実例を
お話しできればと思います。

弊社は、システムを販売しているので
システムではなく、一部の業務をアウトソーシングしようと
考えた際に今回のような計算をしました。

自社でその業務を行った時の時間を算出し、その業務にかかった外部費用の算出
その業務をおこなった際の効果(弊社の場合は、HPのSEO等)
と外部委託した場合の費用(上記の効果と同一程度)を見比べ

自前で作業したほうが費用が安く済むのか、外部に委託したほうが安く済むのか
計算しました。ただ単純に金額の多寡だけの問題ではありませんが
一部の指標になると思います。

社内でHPの改修にかかっていた時間=人件費(内部費用)
広告費などの宣伝費=外注(外部費用)

どのくらい効果(集客があったか?)

同じ集客効果ですべてアウトソーシングするといくらになるのか?

はたして、どちらが安いのか?
単に金額だけでなく、効果が出るまでの時間なども考える必要があると思います。

皆様も一度計算してみると見えていなかった費用が見えてくるかもしれません。

効率化のお話

こんにちは、あいです。
今日は効率化のお話をしたいと思います。

よく聞く「効率化」ってなんでしょうか。
言葉としては
より効率的に作業や学習などができるようにすること
ですが、業務を効率化することで
なにが変わるのでしょうか。

例えば、(数字は無根拠です)
接客業で一日8人のお客さんしか対応できないところを
効率的に作業し、10人対応できるようになった。

同じ人数(人件費)で売り上げが上がります。

製造業で、一日10個しか製造できないものが
15個できるようになった。

など、経費を抑えつつ、売上貢献できる機会を増やすことが可能です。

また、間接業務(売上には直接影響しないもの)でも
非効率に作業を進めると残業になり、経費は増大します。
非効率に作業をしなくても、業務が多忙になれば、残業や人の増加(経費の増大)に
つながります。

そのため、システムを利用している会社が多くあります。

間接業務での経費(人件費)は、見え辛いものもあります。
よく効果対費用なんて言いますが、次回は、自身の会社での
計算の仕方や実例などお話しできればとおもっております。

IT業務分析にて

おはようございます。
ITソリューションです。

IT業務分析で行った先ではなかったのですが、
この間、お客様先に訪問させていただいた際に
IT業務分析の話題が少しでました。

内容は、自社の業務のIT化について
普段やっている業務は「慣れ」や「こんなことはできないのでは」などと
いったことが邪魔をしてあきらめてしまうことが多々あるそうです。

こんなときはお近くのITの専門家にご相談ください。
ベストな提案でお客様の問題を解決して、今の業務をより楽によりコストを
かけずにを提案いたします。

効率化やコストダウン、その他ITに関する疑問など
まずはご相談を。
たくさんの人に疑問をぶつけることによって、いろいろな
解決案がでるかと思います。

楽、したいですか?

こんにちは。イーサース開発事業部のやぎでございます。

今日は(だいぶ間が空いてしまいましたが・・・)イーサースの
小ネタ的便利機能その2として『引用登録』をご紹介しようと思います。

パソコンを利用して販売管理や在庫管理などをされている方で
こんなことを感じた経験はありますか?

「この注文内容、前にあったものとほとんど一緒じゃん・・・。同じデータなのに1から入力するのはめんどくさいな~」

1回でも思ったことのある方、『楽、したいですよね。』

イーサースには1回入力したデータを利用して、それを加工し違うデータとして登録できる機能があります。
その名も『引用登録』です。

簡単に方法を説明しますと、まず各一覧照会画面から引用登録の元とするデータを選択して
参照画面へと遷移します。

この参照画面で右上に注目。
引用登録ボタン
これこそが「引用登録」ボタンです。

ボタンを押すと登録画面へ遷移しますが、
見出しの取引先情報や明細の商品情報などを引き継いだ状態で画面が表示されます。

あとはそのデータの必要箇所を修正して終わりです。

引用登録を利用すれば、格段にデータ入力作業の効率化につながると思いますよ。

なお、現在イーサースで引用登録が可能なものは、
販売管理・・・「見積書作成」「受注伝票」「売上伝票」「入金伝票」
購買管理・・・「発注伝票」「仕入伝票」「支払伝票」
在庫管理・・・「入庫伝票」「出庫伝票」
となっています。

気になった方は是非お問い合わせ下さい。