Windows環境の見直しを

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年明け早々ですが、Windows関連の一部サポートが終了するようです。
対象となる方はPC環境を見直す必要があるかもしれません。

1. Windows 8のサポート終了
2016年1月12日(日本時間13日)のWindows Updateが最後のアップデートになります。
多くの方はWindows 8.1にアップデートされていると思いますが、
まだ8を利用されている方はこの機会にWindows 8.1またはWindows 10への更新をおすすめします。

※Windows 8からWindows 10への直接のアップグレードは行えません。
 一度8から8.1にアップグレードをし、そこから10にアップグレードを行う必要があります。

2. 最新Internet Explorer以外のサポート終了
Internet Explorer(以下、IE) 8、9、10のサポートも上記のWindows Updateが最後のアップデートになります。
以降はこれらのバージョンに関するすべてのアップデートが行われなくなり、
IE 11が唯一サポートを受けられるIEになります。

セキュリティ面だけでなく、最新のWebコンテンツを体験するためにも
対象の方は最新バージョンへの更新をおすすめします。(特にIE 8を利用されている方)

また、こちらに関しては別のブラウザ(Google ChromeやFirefoxなど)を利用することを検討してもいいかもしれません。
(Windows 10ではIEやEdgeではなく、Chromeが人気みたいです)

Windows10でInternet Explorer を使う方法

こんにちはIT営業部です。

本日はWindows10で、Internet Explorer を使う為の方法をご説明をしたいと思います。

Windows10の標準ブラウザは、Edgeが入っています。

Edgeでもいいのですが、やはり今までInternet Explorer を使ってきたので、

Internet Explorer を使いたいと言う人は下記の方法でWindows10でInternet Explorerを使う事が出来ます。

===手順その1 スタートメニューからの起動方法====================

1)スタートボタンをクリックし、「すべてのアプリ」をクリックします。

Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法
Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法 その2

2)「Windows アクセサリ」をクリックして、その下に「Internet Explorer」が表示されるので、クリックして Internet Explorer を起動します。

Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法 その3

===手順その2 タスクバーにある検索ボックスからの起動方法=============

1)検索ボックスに「IE」と入力します。

 

Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法 その1
Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法 その2

2)検索結果に「Internet Explorer」が表示されるので、クリックする事で Internet Explorer が起動します。

Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法 その3

 

=====================================================

「タスクバーにピン留め」をする事により、タスクバーから Internet Explorer を起動することができるようになります。

Windows10でIE11を使う方法
Windows10でIEを使う方法

Internet Explorerを使いたい人は是非上記の方法を試してみてください。

 

Firefox 3.6 サポート終了

こんにちは、なーがです。

約一年前、Firefox 4.0がリリースされた後もセキュリティアップデートが提供されていたFirefox 3.6のサポートも明日のFirefox 12.0のリリースとともに終了します。

Firefox 4.0のリリースとともMozillaは従来のアップデートを変更。
Google Chromeと同じラピッドリリース(高速リリース)方式を採用。
この一年間でバージョンも4.0→11.0となりました。

Firefoxといえばアドオンなわけですが、従来ではアップデートの度に使用できなくなったりと何かと問題がありました。
そのため、最近のバージョンではそのへんもある程度考慮されるようになり、以前ほど問題はおきなくなりました。

アドオンの問題などで3.6などを使用しつづけていたユーザーの方もこの機会にアップデートしてみてはどうでしょうか?

というよりもセキュリティや最新技術(html5やcss3)への対応などの観点からもアップデートすることをおすすめします。

ちなみに年内のアップデート予定(米時間)は以下の通りです。
Firefox 12  2012年04月24日
Firefox 13  2012年06月05日
Firefox 14  2012年07月17日
Firefox 15  2012年08月28日
Firefox 16  2012年10月09日
Firefox 17  2012年11月20日

Firefox 8のリリース

ITサポートです。
先週、Firefox 8が公開されました。

アースシステムではIEはもちろん、FirefoxによるHPの動作確認をおこなっています。
ところがFirefox 7では「多数のページを同時に開くと通信が一時的にストップする」という現象が発生していました。
我が社の通信環境によるものかもしれませんが、少々ストレスを感じるものになっていました。

Firefox 8では、それが改善された模様です。
重いと感じていた方はぜひアップデートしましょう。
Twitter検索機能などの新機能も盛り込まれています。

Firefox 7へのアップデート開始

ITサポートです。

本日、Firefox 7が配信されました。

Firefoxはユーザー制作のアドオンを導入して自由に機能を拡張できるブラウザですが、
メモリの消費量が大きく、ひどいときはメモリを300MBくらい平気で使用していました。
そのメモリ問題が、このたびのアップデートでかなり改善された模様です。
他に目立つ変更点は「http://」表示の削除くらいですが、
メモリ消費量減少は地味ながら大きな改善点です。

また、同日にThunderbird 7も配信されました。

こちらはメール管理ソフトなのでFirefoxほど有名ではありませんが、
同じく使いやすいソフトです。

ブラウザのソーシャルエンジニアリング対策

本日興味深い記事を見つけました。

主要Webブラウザでソーシャルエンジニアリング対策によって、どの程度マルウェアをブロック(止められるか)できるか検証した結果を、セキュリティ製品の評価をおこなう米NSS Labsがテスト結果を公表いたしました。

※ソーシャルエンジニアリングとは、ウイルス対策ソフトや無料ゲーム、無料動画が閲覧できる、などと見せかけクリックしたユーザーに対して悪意のあるマルウェアに感染させる方法です。

※マルウェアとは、不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェア

主要ブラウザ(Internet Explorer 9、Mozilla Firefox 4、Google Chrome 12、Safari 5、Opera 11)

テスト結果によると、マルウェアを検出したブラウザは以下の通りの結果になったそうです。

Internet Explorer 9が99.8%

Chrome 12が15.4%

Safari 5が9.0%

Firefox 4が8.9%

Opera 11が5.4%

という結果になったそうです。

結果をみるとIE9の検出率が99.8%とほぼすべてのソーシャルエンジニアリング型のマルウェアに対して防いでくれているという結果がでました。

この結果からパソコンをあまり使い慣れていない人は無難なIE9を使うことをお勧めいたします。

※上記結果とはいえ確実に防ぐものではありませんので注意してください。

IE9日本語版が公開されました。

IE9ロゴ

IE9の日本語版が本日0時より公開されました。

本来なら先月の14日(日本では15日)の予定だったのですが、
日本は震災の影響により日本語版のみ公開が延期となっていました。

本日公開とはなりますが、まだ手動でのインストールのみで
自動での更新は後日となっていますので試してみたいかたは
自身でインストールを行う必要があります。

また、今回のIE9より対応OSはVista (SP2以降)/7となり、
XPは対象外となってしまいました。

最近はクラウド化の流れもありブラウザも大きく進化しています。
IE9ではハードウェア(CPUやGPU)をフルに活用したものと
なっているのですが、XPではそういった最新のハードウェアを
うまく活用できないため対象外となっています。

残念ながらXPのかたは使用することができませんが、
Vista/7でIEを使用しているかたはぜひ導入してみてください。

タスクボタンの移動

Windowsではアプリケーションを起動するとタスクバーにそのアプリケーションのタスクボタンが表示されます。

タスクボタンの並び順はアプリケーションを起動した順番となっていて並び順を変更することができません。

私が業務で使用しているパソコンの場合、左から「メーラー」、「ブラウザ」、「エクスプローラー」という順番にタスクボタンを並べたいので起動はこの順番で行っています。

しかしプログラムの更新など何らかの理由でアプリケーションを再起動した場合、タスクボタンが右端に移動してしまうため、タスクボタンの順番を変更するためには、他のアプリケーションを起動しなおす必要があります。

非常に無駄な作業です。

何とかならないでしょうか?

そこで私が使用しているのが「Taskbar Shuffle」というアプリケーションです。起動するとタスクボタンをドラッグ&ドロップで好きな位置に変更することができます。

非常に便利です。

同じような悩みをお持ちの方には是非お薦めしたいアプリケーションです。

ITサポートサービスの定期訪問サービスでは訪問の際、このようなパソコンの操作に関する疑問・要望などについて承ります。