イーサースの技術情報

1週間ぶりです。イーサース開発責任者のまっすです。

今日は、イーサースの技術情報について少しお話しようかと思います。他の人には内緒ですよ!

そして、かなり専門的な言葉ばっかり出てくるので、wikipediaを参照しながら読んでください。

イーサースはMicrosoft .NET FrameworksのASP.NETで構成されています。

サーバはアプリケーション、データベースともにWindows Server 2008にて稼働しています。

データベースはMicrosoft SQL Serverと言いたいところですが、Firebirdを使っています。

アプリからデータベースサーバへはWebサービス(外部非公開型)。

データベースアクセスはストアドプロシージャにてアクセス。

直接データベースにアクセスしないことで不必要なポートを開けずに済みますし、ストアドプロシージャを使うことでSQLインジェクションへの対策となります。何より、UI(User Interface:画面処理)とBL(Business Logic:データ処理)をきっちりと分けられることがいいですね。

イーサースのシステム構成はとってもシンプルですが複雑です(どっちやねん!)。1つ1つのパーツ(クラス)はとってもシンプル素材です。その組み合わせはとっても複雑で、わかりずらい構成になっています。でも、理解すると比較的簡単に、品質のよいシステムを組み上げることができます。

パーツはほとんどがアースシステム独自のカスタムコントロールを使っています。様々な要望にお応えするためには自社製が一番です。データグリッドもどきのコントロールもお手製です。カスタムコントロールにはカスタムプロパティ(複数のプロパティをまとめたクラス)を紐づけることができ、紐づけるカスタムプロパティによってカスタムコントロールの動きが変わるようになっています。

たとえば、テキストボックスコントロールに受注番号のカスタムプロパティを紐づけると、受注番号入力テキストボックスの完成です。データベースフィールドや桁数、リードオンリー、表示/非表示、入力形式などが自動的に設定され適切な入力コントロールに化けてくれる優れモノです。ついでに基本入力チェック(半角/全角、必須、文字型/数値型)なども自動的に行ってくれるので、ある程度の単体テストをパスすることができます。生産性アップですねぇ!

帳票はというと、PDFでの出力ですが、ベースはCrystal Reportsです。こちらは何かと苦戦する場面が多々ありますが、PDF出力自身はそこそこ早いですし、ある程度の複雑な帳票も作れるので今のところ問題なしです。CSVエクスポートについては特に技術的なことはありません。

さて、なぜこんな情報を載せているのかというと・・・・・・

「こんなクラウド製品、システムがあればヒットすると思うのにな」とか、「クラウドサービスやりたいけど、開発力はないしな」とか、クラウド製品を開発できる企業をお探しの企業様向けの情報です。イーサースのソースコードはお渡し、お売りできませんが、開発・運用ならお任せください。実績を積んできた頼りある部品が御社の希望サービス・商品を構成させます。

余ったメモリの活用法

ITサポートです。

色々と大変な時期ではありますが、
パソコンの世代交代は依然著しく、性能の進化も休まる時を知りません。
ハードディスク容量はテラバイト単位にまで達し、CPUも複数コアが当たり前となっています。
ただ、せっかく新しいパソコンを買っても、その性能をもてあましてしまい、
十分な有効活用ができない方も多いようです。

最近では、足りない足りないと言われていたメモリも余りがちになってきました。
XPに比べてメモリ消費量が多めなWindows 7でさえ、
メモリは2GBもあれば大体は事足りてしまうのです。
そして、現在主流の32bitOSでは、メモリを約3.3GBまでしか使用できません
もしそのパソコンに4GBのメモリが装着されていた場合、
約0.7GBが一切利用されずに放置されていることになります。

そんな余ったメモリを、“RAMディスク”として有効活用しようという人が増えています。
メモリの一部分を、容量の小さなハードディスクとして扱います。
メモリはハードディスクと比べて圧倒的なまでに高速
アプリケーションのキャッシュ(一時ファイル)の保管場所として最適です。
メモリ上のデータは電源を切れば消えてしまうので、後片付けをする必要もなし。
うまく利用すれば、作業効率の上昇につながるはずです。

※お客様の環境・インストール手順次第ではパソコンが動かなくなる可能性があります。
作業を行う場合は作業手順を十分に注意して行ってください。

導入するためのソフトウェアはいろいろとあり、多くのものはフリーソフトです。
「RAMディスク」で検索すると大量に出てきます。
色々試して、自分の環境に合ったものを探してみてください。
フリーソフトの中では、Gavotte Ramdiskが有名です。

製造販売業の販売管理をリリースします

いつもお世話になっております。本当は6/13(月)に当記事を書く予定でしたが、遅くなってしまい申し訳ございません。

ITソリューション事業部イーサース開発室のまっすです。

先月行われたEXPO終了後、多くのお問い合わせをいただき、またイーサースを新規にご契約いただき誠にありがとうございます。

さて、昨年7月にリリースした卸売業向け販売管理・在庫管理からそろそろ1年が経とうとしております。昨年同時期は「クラウド」の浸透率もまだ低く、クラウド型の業務管理のメリットをうまく伝えられなかったと感じております。まだまだ利用率は低いものですが、利用されているお客様の満足度は日に日に上昇しております。実際のお客様の声の中でも、「サーバを管理しなくて良いので完全に業務に専念できる」、「難しい知識は必要なくスムーズにシステムを開始できた」などいただいております。

そしてこの度、卸売業向けの販売管理・在庫管理を進化させ、製造販売業向けにカスタマイズし、汎用的にお使いいただけるバージョンの開発がほぼ完了しました。このバージョンは長野県内にある漆器店様との綿密なお打ち合わせの基、業務フローから考え直しました。一番のポイントは、「1受注に対して複数発注が可能で、受注単位に原価計算を行うことが出来る」という点です。特に、受注生産方式の製造販売に向いております。工程管理の機能はありませんが、発注時の入荷納期回答、受注別発注リスト帳票にて1受注に対する発注状況の把握は可能です。

このバージョンを開発した経緯として、漆器店様が「一般的なシステムで、独自の仕組みを入れず、業務をシステムに合わせて改善したい」ということから始まりました。通常システムを導入する場合、基本パッケージをカスタマイズして業務に合わせて企業独自のシステムを開発する形態が多いのですが、汎用機にしても、パソコン用アプリにしても、クラウドにしてもコスト高になることはどこのソフトウェア会社に依頼しても同じです。その点、システム(パッケージ)に合わせて業務を見直すとした場合、導入コストは当然安くなります。特にクラウド型は初期コストを相当抑えることが出来ます。

もし御社の業務にマッチしていそうなら是非一度ご検討してみてください。来月初旬にはイーサースの新ホームページにて情報を公開します。そして1ヶ月の無料体験もご用意しておりますので、まずは使ってみてください。

現行のホームページ:http://www.e-saas.co.jp/

イーサースの帳票出力

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

私は現在、イーサースのカスタマイズに加わっておりまして、一部の帳票出力の修正をやっております。

ただ、まだ出力用の画面や帳票のデザインを行っている段階ですけれども・・・・・・。
とはいえ、帳票出力については、デザインが一番重要となってきます。

なぜならば、デザインがちゃんとしていないと、必ずここが変、この表示がほしいといった形で修正を行う回数が増えていってしまうからです。
しかも、「帳票」なので例によって例のごとく、実際に作成する段階までいってしまうとmm単位の修正が必要になるので中々に面倒な事になってしまう事もあります。
その上、文字の桁数まで決めていく必要があり、桁数が一つ違うだけで画面全体に影響が及ぶ事もあるため、より注意が必要です。
さらに、イーサースの帳票のカスタマイズでは、何をどのような条件でだすのか?から、印刷内容のこの位置にコレを出力する、明細を出す・出さないなどなど細かい部分まで対応する事が出来ます。
そのため、イーサースにおける帳票のデザインはより重要な物となっています。

しかし、その分、提示された条件に合う適切な帳票をお客様に提案でき、それを確認していただく事が出来ます。
帳票について気になる事がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

印鑑は大切

こんにちは、イーサース担当のなーがです。

今回はイーサースに新たな機能が加わったので紹介したいと思います。
今回加わった機能とは見積書などに社印を表示する機能です。

印鑑

これは見積書の一例ですが、登録されている社印が表示されるようになっています。
基本的には使用する社印の画像を用意していただいて、
見積書などそれぞれに使用する画像を設定してもらう形になっています。
(画像の形式はbmp、jpg、pngに対応)

なお、上の画像の見本印の位置に各企業様ごとの社印が入ります。
また、今後の更新で各社員ごとの認印にも対応する予定です。

こういった機能を求めていらっしゃる方はぜひイーサースの導入をご検討ください。
また、その他の場合でもカスタマイズにて対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最後にご検討ください

こんにちわ、e-SaaS開発リーダーのまっすです。

世の中には、販売管理や在庫管理といった管理ソフトが沢山存在します。

これから導入しようと考えいる方、いまある管理ソフトから別のソフトへ移行を考えている方にとって、

「どのソフトが合っているのか」

は大変重要な内容です。

そして、それと同じくらい重要なこととして、いかにコストを削減できるかです。

各社、体験版やデモ、詳細仕様など機能紹介を行っていますが、本当に自社に合っているかどうかは使ってみないとわからないことが多いです。合っていない部分があればカスタマイズなどの対応で合わせることはできますが、初期投資は上がります。

弊社のイーサースも、合わない箇所があればカスタマイズにて対応します。その点においては他の企業と同じといえますが、カスタマイズに対する考え方が違います。

それは、「他の利用企業さんも必要と思われる機能は無償で対応する」ということです。無償、つまり無料です。

自社独自の運用方法があり、他の企業さんでは使われないような特殊なカスタマイズは有料となりますが、カスタマイズ費用がはっきり言って安いです。価格破壊を起こしているわけではありませんが、本当に安いです。それは、お見積をとっていただければわかります。そして、それを他社のお見積書と比べてみてください。

ですので、「最後にご検討下さい」というのはそういうことなんです。

弊社は人月(1人が1ヶ月かかる工数)では計算しません。人日(1人が1日かかる工数)で、細かく計算します。このことは、「ざっくり見積計算」でも人月計算と人日計算では差が開きます。

ソフトウェアの発注先を決定する前に、弊社のイーサースもご検討いただければ、たとえ採用してくださらなくても、とても幸いです。

お気軽にお問合せ下さい。

新メンバー?

初めまして、こんにちは。
e-SaaSの新メンバー、なーがです。

新メンバーといっても、元々イーサースの開発には携わってましたので正確には違いますが、
一時的にイーサースより離れていまして、今回のカスタマイズより 再びメンバーに加わることとなりました。

元々携わっていたこともあり、今回のカスタマイズでの重要な部分の一つ、原価計算の部分を担当することになりました。
従来のものでは私が原価計算の部分を担当していたため、今回のカスタマイズでも担当することに。

今までのものは購買・販売用の基本的なものでしたが、今回は製造・販売業向けの原価計算バッチとなります。
バッチの処理により、手間のかかる原価の計算もとても簡単に出来てしまいます!

今まで原価の計算は厄介だと思っていた方もイーサースで簡単に解決!
この機会にぜひイーサースの導入をご検討ください。

カスタマイズ版在庫管理のサービスが開始されました

こんにちは、e-SaaS担当のまっすです。

日々、イーサースへのお問合せありがとうございます。段々とクラウドの知名度が上がり、魅力が伝わってきて、業務システムをクラウド化したいという要望が増えてまいりました。弊社パッケージソフトをクラウド化した身としては、うれしい限りです。

さて本日、某製薬会社向け、販促物の在庫管理のカスタマイズ作業を終え、サービス開始となりました。現在、イーサースで提供している機能だけで業務を行ってくださいというわけではなく、有償とはなりますがお客様独自のカスタマイズも積極的に行います。コストをなるべく下げるには、ある程度の機能が用意されたパッケージを選んだ方が良いのかもしれませんが、長期的に考えた場合、カスタマイズを含めてもイーサースはかなりのコスト安になるはずです。

他社に同じ見積をお願いされても結構です。

さて、今回のカスタマイズですが、販売・購買・在庫管理の在庫管理だけを抜き取り、ほぼ全体的に作り直している形となります。無駄な機能が外され、業務的にはとても使いやすい仕様となっています。

そして、クラウドの良さの一つにメンテナンスの良さがあります。サーバ管理は弊社側で一括して管理しているため、パフォーマンスが悪くなったり、データベースをバックアップしたり、機能の修正をしたりということに関して、お客様の手を煩わせることがないということです。

スタンドアローンでシステムをご利用の場合は、バックアップをつい忘れがちです。パソコン入れ替えなどでなかなかスムーズに移行ができなかったりします。

Excelで管理されている方は、ファイルの共有などでロックの問題やデータの損失がありがちです。

クライアント/サーバ型でシステムをご利用の場合は、サーバ管理がネックになります。初期投資もかなりのものです。

では、クラウドは・・・・・・。

その答えは、イーサースにあります。

クラウドは単なる流行語ではありません。御社の業務を改善する重要なキーワードです!

テスト中。

今年初投稿のITソリューション部 レオンです。

只今、e-SaaSカスタマイズバージョンのテスト中です。

テストと言っても部屋を静かにしてテスト用紙に鉛筆で書き込んでいるペーパーテストではありません。

テストとは、様々な条件・環境で製品に意図しない動きが無いかを確かめていく作業です。
確かに自分の作ったプログラムを採点されるような物なので、テストなんですね。

満点で合格したいものですが、そううまくは行かないものです;

それは、条件・環境というのは無数に作れるためです。

例えば、e-SaaSの対応ブラウザにはIEバージョン7、8があり、それぞれについて正しく表示・登録ができるかどうか等のテストをしなければなりません。

そのため、テストをしっかり行って品質の高いシステムにしていくのです。

e-SaaSでは、基本版に対してカスタマイズを行っていくため常に品質が高くなっていきます。
さらに、クラウド型のため万が一異常な動作があっても迅速に対応できるため信頼度の高いシステムです。

クラウドタイプの販売管理をお探しですか?

今、御社では販売管理をご利用ですか?

その販売管理は使いやすいですか?月次の集計表は簡単に出せていますか?

昨今、パッケージソフトではなかなか希望通りの帳票(集計表など)が出せないことが多いです。

CSVファイルなどにエクスポート(出力)して、Excelで集計表を作成・・・という方法ではありませんか?

月末に経理が一番苦しむ作業のひとつですね。

ただ面倒なだけなら我慢すればよいですが、数値の打ち込み(転記)間違えや伝票修正による再集計などがあります。

そのためにシステムというものがあるようなものですが、システム化するメリットは業務の効率化だけではありません。

ノウハウの継承というものがあり、担当代えなどで経理担当が代わった場合でもスムーズに業務が流れるのです。

会社という組織は人が入れ替わっていくものです。

手での集計の場合、この引継ぎ作業は引き継ぐ人も引き継がれる人も簡単なものではありません。

いかにスムーズに次の担当者へバトンタッチするかは、システムがあるかないかで大きく変わってきます。

といっても、何でもかんでもシステムを導入すれば楽になるかといえばそうではありません。

逆に作業量が増えて、担当者の負荷が上がることもあります。そもそも、システムが業務に合わないこともあります。

そこがシステム導入時の最大のリスクです。

そのため、業務に合わせて、カスタマイズという対応がされるのですが、基本的に安くはありません。

しかも、カスタマイズのベースとなるパッケージは決まっているので、そもそも使いづらいパッケージを選択してしまうとカスタマイズして機能を増やしても使いづらさは残る、なんてこともあります。

システム選びでは機能だけに着目してはいけません。毎日使うものだからこそ、使いやすいものであるべきです。

体験版があるならまずは使ってみましょう。体験版を通じて、これなら毎日使っても苦にならないなと思えば、次に機能面を見ていきましょう。機能面で足りない部分はカスタマイズ対応となります。

さて、システムといえど、その種類は大きく分けて3種類あります。
・スタンドアローン型(1ユーザーのみでの利用)
・クライアント/サーバ型(複数ユーザーでの利用)
・Web(クラウド、SaaS)型(1ユーザーから複数ユーザーまで)

これは御社の業務に応じて選択することになりますが、最近注目を浴びているのが、Web型に代表されるクラウド、SaaSといった形態です(通常、クラウドと言います)。

このクラウドの最大のメリットは安価で導入できること、サーバやデータ管理を提供企業に一任できること、そしてインターネットに接続されていればどこからでも利用できることです。

弊社はこれまで、スタンドアローンシステム、クライアント/サーバシステムと手がけてきました。それぞれ長所・短所ありますが、ご利用されるお客様の立場に立っても、クラウドをお勧めします。それは、総合的に見て、お客様の負担が一番少ないことです。負担というのは、コストの面もありますが、実際の作業量もあります。

弊社が新規に開発して、サービスを開始したe-SaaS[イーサース]は、様々なところで負担軽減を図り、より使いやすく設計されています。また、一般的なSaaS型販売管理に比べるとカスタマイズ性に柔軟でお客様のご要望に耐えられる仕組みでもあります。

少しでもご興味を持っていただけたのなら、e-SaaS[イーサース]のホームページをぜひご覧ください。

無料体験もご用意しております。

e-SaaS[イーサース]