WebOSを試す

こんにちは、なーがです。

つい先日docomoとauの新機種が発表され、最近何かと話題のスマートフォンのラインナップも増えてきました。
街や電車の中などでスマートフォンを持っている人もよく見かけるようになったわけですが、みなさんパソコンはお使いでしょうか?

というのもパソコンを使用している人は数多くいますが、インターネットの利用がメインのかたが多いかと思います。
ですが、最近はスマートフォンやタブレット端末の普及によりちょっとした調べものなどはそれで済んでしまいます。
また、スマートフォンやタブレットはすぐ使えるのに対してパソコンは起動に時間がかかってしまいます。

利用目的がインターネットでパソコンの起動時間がネックとなっているかたにオススメしたいのがWebOSです。
WebOSにもいくつかあるのですが、今回紹介するのは「Splashtop OS」です。
Splashtop OSはLinuxベースのOSで、Google Chromeの元となっているWebブラウザ「Chromium」を利用する形になっています。

通常のOSは起動するとデスクトップが表示されてその上でさまざまな作業をするのに対して、WebOSというものは起動するとWebブラウザが立ち上がった状態になっていて、ブラウザ上で作業を行うといった点が大きな違いとなります。
また、WebOSは名前の通り”Web”、つまりはインターネットに接続されていることが前提となる点も通常のOSと異なります。

今回紹介するSplashtop OSは、

  • インストール・アンインストールがWindows上で通常のプログラム同様に扱える
  • Windows側のIEとFirefoxのブックマークのインポートすることができる
  • Windows側のWi-Fi設定が簡単に引き継げる

といった点があり、手軽に試すことができます。

インストールはSplashtopの公式サイトよりインストーラーをダウンロードしてインストール。
インストールが完了したらパソコンを再起動。
Windowsブートマネージャというものが表示されるのでSplashtop osを選択するとSplashtop OSが起動します。
ただし、環境によりうまく起動しない場合もあります。その場合はWindowsを起動してSplashtop OSをアンインストールしてください。

私は自宅にある数年前のノートPCにインストールしてみましたが、15秒ほど(ブートマネージャで選択してから)で起動しました!
Windowsだったら、まだWindowsのロゴマークが表示されて読み込んでいる途中くらいでしょうか。

また、Windowsの場合はデスクトップが表示されてからもすぐには使用できませんが、Splashtop OSは起動と同時にWeb検索ができてしまうという点もすごいですね。
Splashtop OSの初回起動時はIMEの設定などをしなくてはいけませんが、日本語にも問題なく対応しているので安心して使用できます。
使用した感じはWindows上でChromeを使用しているのと変わりなく、特に戸惑うこともなく使用できました。

インターネット利用がメインなかた、WebOSに興味のあるかた、Splashtop OSを試してみてはどうでしょうか?

デスクトップからラップトップへ

こんにちは。ITソリューションの ひで です。

パソコンには大きく分けて2つの種類があります。
デスクトップとラップトップです。
ラップトップというのは、よくノートパソコンとも呼ばれています。

パソコンが誕生してから少し前までは、デスクトップが主流でした。
その理由のひとつに、処理能力の問題がありました。
ラップトップはデスクトップに比べて処理能力が物足りない場合が多く、
重たい処理を実行させるときなどに満足に動かせることができないことがありました。
また、価格的にもラップトップは“高い”印象が強かったと思います。

しかし、今となっては、コンピュータ技術の急速な発達により、
ラップトップでも必要十分な処理能力を得られるようになりました。
価格も年々と下がってきており、ラップトップでも買いやすい価格になってきたと思います。

そうなってくると、今度はデスクトップのデメリットばかりが目立つようになってきました。

例を挙げますと…

・場所を取る
デスクトップは、その本体だけでもラップトップより大きく、場所を取ります。
設置する際に専用の机も必要になってくるでしょう。

・持ち運べない
基本的に設置された机から移動することはできません。
外で使うことはもちろん、たとえば机がある部屋からリビングに移動して使うこともできません。

・消費電力が大きい
デスクトップはラップトップに比べ消費電力大きく、
節電が重要視される今の時代にはマッチしているとは思えません。
消費電力の小さいラップトップや、iPadなどのタブレットが今後の主流になるはずです。
また、基本的にバッテリーが無いため、停電時に電源が落ちてしまいます。
起動中に電源が落ちると、ファイルの破損や最悪ハードウェアの故障の危険性があります。

・無線通信技術の恩恵を受けられない
最近では、Wi-Fi(無線LAN)や3G通信技術の発達により、
家の中はもちろん、外出先でも机に縛られることなくインターネットに接続することが容易になってきました。
この技術が使えないのは勿体無いですね。

などなど。段々とラップトップの方が優位になる場面が増えてきており、
今後の主流はデスクトップからラップトップ(やタブレット)に移り変わってくだろうと予想しています。

ただし、そうは言ってもラップトップにもデメリットはあります。
一番大きいのは、デスクトップに比べディスプレイサイズが小さいことです。
やはりディスプレイサイズが大きい方が色々な作業が捗りやすいです。
この点ではデスクトップの方が優っています。

しかしこれには解決方法があります。
今のラップトップは大抵の場合、外部モニターに接続して動かすことが可能です。
つまり、大きな画面で作業を行いたい場所に外部モニターとキーボードとマウスを設置しておけば、必要な時にラップトップを繋げて作業することができます。
持ち運ぶときはラップトップだけ持っていけばよく、常に自分のメイン環境が使えるのも大きなメリットでしょう。

最近当社でも新しいデスクトップパソコンを何台か導入したのですが、
購入した後にラップトップも検討しておけば良かったと少し後悔しました(笑)
当社は仕事柄、ラップトップを持って外出することが多いので尚更ですね。

Internet Explorer 6 の撲滅運動!?

ITサポートです。

先日Internet Explorer 9 がリリースされましたが、
それより少し前に、こんなサイトが作られていました。
Internet Explorer 6 Countdown(英語サイトです)

簡単に説明しますと、
「IE6を使わないことを推奨し、IE6のシェアが減っていくのを見届ける」
という趣旨のサイトです。
IEはMicrosoft社製なのですが、なんと、このサイトを作っているのもMicrosoft。
Microsoftが自社のソフトを使わないよう推奨しているのです。
これはどういうことなのでしょうか?

IE6が登場したのは2001年9月19日。なんと9年半も前のです。
最近の複雑化したWebページを表示するのは苦手で、最近の形式には対応しきれていません。
スタイルシートを独自解釈していたり、一部機能に対応していないなど、問題も多いです。
IE6を基準にしてホームページを作ると、他のブラウザで正しく表示されないことが多く、
製作者の頭痛の種になっています。
また、修復不能のセキュリティホールが存在し、ウィルスに感染する危険性も高いです。
タブ表示にも対応しておらず、ウィンドウを出すとメモリを圧迫します。
全体的に、使うデメリットが非常に大きいのです。

「IE6使ってても良いことがない、早く別のブラウザに変更して欲しい。」という意図で、
このInternet Explorer 6 Countdownが作られたようです。
現在IE6のシェアは11%ほどで、前年と比べると8%ダウンしています。
この調子でいけば、来年には数%程度になるのでしょうか?

いまIE6を使用している方は、ぜひ御一考を。

インターネットで義援金

ITソリューションの ひで です。

東日本大震災から1ヶ月が経とうとしていますが、
未だにその被害は甚大なものとなっています。

私たちができることのひとつに義援金がありますが、
インターネットを使って比較的容易に送れるようになっています。

中でも最近では、音楽をダウンロードしてその売上が義援金になるという、
新しいやり方も増えてきました。

代表的なものに、iTunes Store で売られている「SONGS FOR JAPAN」があります。

このアルバムには世界中のトップアーティストが提供した38曲が入っており、
売上金はすべて日本赤十字社に寄付されるようになっています。

またこのアルバムは世界中の iTunes Store で売られており、
多くの国でランキング1位を獲得しました。

他にも、Amazonでは「たすけあおうNippon東日本大震災義援金」というサイトを公開しており、
壁紙や音楽を購入することで、義援金を送れるシステムになっています。
私も最近、好きなアーティストの曲をこちらのサイトで購入しました。

このように、義援金の送り方を様々なやり方に柔軟に対応できるのも、
インターネット、IT技術の素晴らしいところであると思っています。

イーサースの対応ブラウザ

こんにちは、イーサース開発部隊やぎでございます。

今日はイーサースの対応ブラウザについてのお話。
弊社の「イーサース」は、インターネットを通じて手軽に
販売管理や在庫管理を行うことができるシステムとなっております。

「イーサース」では現在、
Internet Explorer7.0以降を推奨ブラウザとして指定しています。

例えばFirefoxからイーサースのログイン画面を起動しようとすると
こんなメッセージが出てきます。
Firefoxでログイン
このように、対応ブラウザではないという旨のメッセージです。

現在、部分的に画面の表示がおかしくなる箇所があったり、「Enterキー」による
フォーカス移動など、細かい部分の操作ができないような状態です。

しかしシステムが全く動作しないというわけではなく、
必要となるデータの閲覧、登録、帳票やCSV出力は正常に行うことができるのです。
同様にiPadで使われているブラウザ「Safari」でも機能自体は正常に動作します。

現在「Firefox」や「Safari」などのIE以外のブラウザも対応ブラウザとなるよう
改良を行っておりますので、対応が終わり次第皆様にお知らせしたいと思います。

乞うご期待!

目前に迫ったIPアドレス枯渇問題

IPv4アドレスの中央在庫が遂に枯渇しました。
地域在庫も残り僅かで、今年中に枯渇すると予測されています。

「何のこと?」と思われる方も多いでしょう。

インターネットの世界では、IPアドレスというコンピュータの住所の様なものがあり、
IPv4とは、現在使用されているIPアドレスの規約のことです。

IPv4では、IPアドレスは32桁の2進数になります。
32桁の2進数で表すことができるIPアドレスの数は、2の32乗で、約42億個になります。

文字で表すときは、10進数の数字4つで表します。
見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

(例)192.0.2.1

約42億個もあれば十分な気がしますが、近年の爆発的なインターネットの普及により、
残りのIPアドレスの数が無くなりそうになっています。

IPアドレスの在庫が無くなるとどうなるのでしょう。
それはつまり、割り当てることができるコンピュータの住所が無くなってしまうことになるので、
新しいユーザーがインターネットに接続したくてもできないということになってしまいます。
それは大問題ですね。

ではどうすればいいのか?というと、
実は次世代のIPアドレスの規約である、IPv6というものが用意されています。

IPv6では、IPアドレスは128桁の2進数になります。
表現できる数は2の128乗になるので、約340澗個のアドレスが使えることになります。

340澗ってどのくらいかというと、340兆の1兆倍の1兆倍になります。
とてつもない数字ですね。ほぼ無限大と考えてよいでしょう。

ちなみに、IPv6は16進数8つで表記します。
以下のような例になります。(長い!)

(例)2001:0db8:bd05:01d2:288a:1fc0:0001:10ee

IPv4からIPv6への移行は、この先徐々に行われていくと言われてますので、
上記のような表記のIPアドレスを目にする日も、そう遠くはないと思います。

クラウドコンピューティング

ITソリューションの ひで です。

突然ですが、Evernote や Dropbox というサービスをご存知でしょうか。

クラウド型サービスと呼ばれるものなのですが、大変な人気を集めています。

デジタルデータの保管、管理ができるサービスなのですが、大きな特徴として、
自分のパソコンの中ではなく、クラウドと呼ばれる“雲”の中にある何処かのコンピュータにデータが保存されます。

「雲の中にあるコンピュータってなに?」

ここでいう雲とは、インターネットのことを指します。
またコンピュータとは、そのサービスを提供する会社が管理する“サーバー”と呼ばれるコンピュータのことを指します。
つまり、インターネット上にあるサーバー(コンピュータ)にデータが保存されるということです。

「自分のコンピュータに保存するのと比べて何が利点なの?」

自分のコンピュータに保存されているデータは、そのコンピュータからしか見れません。
他のコンピュータで見たいとなった場合、いちいちそのデータを移動させる必要があります。
しかし、クラウド上のサーバーにあるデータは、“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、いつでも、どこからでもそのデータを見ることが可能です。

私もこのサービスを利用していますが、その利便性を実感し、今では欠かせないものになっています。
これからも、このようなクラウド型サービスが主流になってくることが予想されます。

そこで私たちは、e-SaaS[イーサース]というクラウド型サービスを開発しました。
e-SaaS[イーサース]は、販売管理、購買管理、在庫管理が可能なクラウド型サービスです。

クラウド型にすることにより、たくさんの利点が生まれました。

・“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、どこからでもサービスを利用できます。
・コンピュータにソフトをインストールする必要がありません。
・計算処理はサーバーが行うため、高性能なコンピュータは必要ありません。
・データはサーバー上で保管するため、お客様側でバックアップをとる必要がありません。
・リアルタイムにサービスのバージョンアップを受けることができます。

などなど、大変便利になっています。
その利便性を、多くの方に体感していただければ幸いだと思います。

資料請求、e-SaaS体験は無料です!

弊社サービス「e-SaaS」にご興味を持っていただき、誠にありがとうございます。

ITソリューション事業部のまっすです。

そもそも、「ソリューション」って何でしょう?

ソリューションとは、皆様が業務で抱える問題や課題を情報システムで解決すること全般を指します。

本当に、この業界は横文字ばかりで申し訳ありません。

ちなみに、e-SaaSとは、

「アースシステムがインターネットを介してお客様の業務システムを安価な料金で提供します」

と言う意味です。

そして、今、e-SaaSは、販売管理と在庫管理ができるということです。

では、販売管理と在庫管理は、具体的に何ができるのか?

申し訳ございません・・・・・・ブログ紙面の都合上、詳しくは「もっと詳しい資料」にてご覧頂きたいと思います。

e-SaaSホームページ

資料請求・無料体験

もちろん、資料は無料です。PDFによるご提供ですので、自然にもやさしくなっております。

資料だけじゃイメージがわかないし、実際に自分がやりたいことができるかわからない。

まさに、その通りです。

冷蔵庫や洗濯機といった家電も使ってみてから買いたいですよね。

店員さんに「ここがいいんですよ!」とか、「他の製品にはありません!」とか、いいところだけを宣伝してくれるのはいいですけど、

一番重要なのは、「自分(自社)に合っているか」です。

それを見極めるには、実際に使ってみるしかありません。

e-SaaSは1ヶ月間、無料でご利用いただけます。登録から修正、削除、印刷まで、フル機能を惜しみなく出し、本番と全く同じ環境でご利用いただけます。

「タダより高いものはない」 とは良く言います。確かに、御社の情報(会社名や担当者名)が必要ですので、そういう意味では高いものでが、御社に価値のある情報を提供します。

「タダより安いものもない」 のです。もし、販売管理や在庫管理、もしくはe-SaaSにご興味があれば、この無料をご利用下さい。

e-SaaSホームページ

資料請求・無料体験

皆様からのお問合せ、心からお待ちしております。

SaaSって何!

おはようございます。

アースシステム㈱代表の相澤です。

当社は昨年9月からかなりの延べ開発人員を要してeーSaaSを開発してきました。

今年7月からサービスを開始して、6月末申し込みのお客様がご利用されている状況です。

現在は利用中のお客様からの要望をいただき機能拡張や使い勝手を向上しています。

もちろん利用料は安価のままです。

イーサース(e-SaaS)はなんといっても、インターネットとパソコンがあれば、面倒くさいインストールなして即ご利用でき使いたいシステムだけ月額5,250円から利用できるのが特徴です。

これからもさまざまな業務をe-SaaSの商品の中にシステム化していき、誰でも気軽に利用できるように進めていきたいとおもっています。