64ビットへ移行 その2

こんにちは、なーがです。

前回の記事に続いて64ビット対応のソフトウェアについて少し紹介します。

弊社のイーサースを利用する際にも必要となるWebブラウザにも64ビット版がリリースさせています。
普通にダウンロードすると従来の32ビット版がダウンロードされてしまいます。
64ビット版のダウンロード方法は少しわかりにくいので手順をご説明します。

■Google Chromeの場合

1. 「Chromeをダウンロードする」という青いボタンではなく、その下の「別のプラットフォーム向けのChromeをダウンロードする」をクリック。

Chrome_64_download_1
Google Chrome ダウンロード手順その1

2. 「別のデスクトップOS版をダウンロード」からWindows 64-bitをクリック。

Chrome_64_download_2
Google Chrome ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

■Firefoxの場合

1. 「無料ダウンロード」という緑ボタンではなく、その下の「システムと言語」をクリック。

Firefox_64_download_1
Firefox ダウンロード手順その1

2. 使用する言語の左から2番目のリンク(アイコンに64となっているもの)をクリック。

Firefox_64_download_2
Firefox ダウンロード手順その2

3. 以降は従来の32ビット版と同様の手順となります。

その他、各種ソフトで64ビット版がリリースされているものがありますが、
いずれも32ビット版と同様に動作するという保証はありません。

そのため、OSが64ビットの場合でもソフトは32ビット版を利用するのが無難ですが、
環境にあったもののほうが若干パフォーマンスが上がるようです。
(個人的には体感できていませんが。。。)

64ビットへ移行 その1

こんにちは、なーがです。

Windows Vistaが出た時に、「これからは64ビットの時代だ」と言われてました。
そして、Windows 7が出た時から一般向けPCにも64ビットのPCが流通するようになりました。

私はVistaが出た時に64ビットOSを購入ししばらく使用していました。
当時はまだ64ビットが広がり始めたばかりということもあり、
私の使用しているソフトウェアで正しく動作しないものがありました。

日常利用に影響が出るのはよろしくなかったので、
その時は32ビットに戻して64ビットは敬遠していました。

それから何年も経ち、

・業務で64ビットのPCを利用するようになった
・64ビットに対応したソフトウェアが増えてきた
・Windows10へのアップグレード

などをふまえて64ビットのWindows 10へ移行しました。

それに伴い各ソフトウェアも64ビット版があるものは
対応のものに移行しましたので次回ご紹介したいと思います。

Windows環境の見直しを

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年明け早々ですが、Windows関連の一部サポートが終了するようです。
対象となる方はPC環境を見直す必要があるかもしれません。

1. Windows 8のサポート終了
2016年1月12日(日本時間13日)のWindows Updateが最後のアップデートになります。
多くの方はWindows 8.1にアップデートされていると思いますが、
まだ8を利用されている方はこの機会にWindows 8.1またはWindows 10への更新をおすすめします。

※Windows 8からWindows 10への直接のアップグレードは行えません。
 一度8から8.1にアップグレードをし、そこから10にアップグレードを行う必要があります。

2. 最新Internet Explorer以外のサポート終了
Internet Explorer(以下、IE) 8、9、10のサポートも上記のWindows Updateが最後のアップデートになります。
以降はこれらのバージョンに関するすべてのアップデートが行われなくなり、
IE 11が唯一サポートを受けられるIEになります。

セキュリティ面だけでなく、最新のWebコンテンツを体験するためにも
対象の方は最新バージョンへの更新をおすすめします。(特にIE 8を利用されている方)

また、こちらに関しては別のブラウザ(Google ChromeやFirefoxなど)を利用することを検討してもいいかもしれません。
(Windows 10ではIEやEdgeではなく、Chromeが人気みたいです)

Firefox 3.6 サポート終了

こんにちは、なーがです。

約一年前、Firefox 4.0がリリースされた後もセキュリティアップデートが提供されていたFirefox 3.6のサポートも明日のFirefox 12.0のリリースとともに終了します。

Firefox 4.0のリリースとともMozillaは従来のアップデートを変更。
Google Chromeと同じラピッドリリース(高速リリース)方式を採用。
この一年間でバージョンも4.0→11.0となりました。

Firefoxといえばアドオンなわけですが、従来ではアップデートの度に使用できなくなったりと何かと問題がありました。
そのため、最近のバージョンではそのへんもある程度考慮されるようになり、以前ほど問題はおきなくなりました。

アドオンの問題などで3.6などを使用しつづけていたユーザーの方もこの機会にアップデートしてみてはどうでしょうか?

というよりもセキュリティや最新技術(html5やcss3)への対応などの観点からもアップデートすることをおすすめします。

ちなみに年内のアップデート予定(米時間)は以下の通りです。
Firefox 12  2012年04月24日
Firefox 13  2012年06月05日
Firefox 14  2012年07月17日
Firefox 15  2012年08月28日
Firefox 16  2012年10月09日
Firefox 17  2012年11月20日

Firefox 8のリリース

ITサポートです。
先週、Firefox 8が公開されました。

アースシステムではIEはもちろん、FirefoxによるHPの動作確認をおこなっています。
ところがFirefox 7では「多数のページを同時に開くと通信が一時的にストップする」という現象が発生していました。
我が社の通信環境によるものかもしれませんが、少々ストレスを感じるものになっていました。

Firefox 8では、それが改善された模様です。
重いと感じていた方はぜひアップデートしましょう。
Twitter検索機能などの新機能も盛り込まれています。

Mac App Store オープン

1月6日、Mac専用のアプリケーションストア
「Mac App Store」がオープンしました。

音楽が売っている「iTunes Store」、iPhoneやiPod touchのアプリケーションが売っている「App Store」というストアが既にありますが、今回はMac用アプリケーションのストアになります。

「Mac App Store」には以下のような特徴があります。
・ワンクリックで購入からインストールが可能
・購入済みのアプリケーションの一覧が確認できる
・更新が存在するアプリケーションの一覧を表示し、ワンクリックでアップデート可能
などです。

早速試しにアプリケーションを1つ購入してみましたが、
本当にワンクリックで購入からインストールまでが完了してしまいました。
よくある、「次へ」ボタンを選んでいくような画面もありません。
あまりに手軽過ぎて、ついつい余計に購入してしまいそうになります。

また、今回の「Mac App Store」オープンにはもう一つ大きな意義があると思います。
それは、「これからのアプリケーションはCDではなくダウンロードで購入するようになっていく」ということです。
音楽も「iTunes Store」などの登場により、CDでの購入が減少し、ダウンロードでの購入が増えてきました。
このようにCDの必要性は薄まり、今後CDドライブがないパソコンも増えていくと予想しています。(かつてのフロッピーディスクのように)

コンピュータの世界は進化のスピードが非常に速いと、改めて感じさせられます。

9月15日はWindows Update

本日9月15日は毎月恒例となっているWindows Updateの日です。

またUpdateしていない人は急いでUpdateしましょう!

因みに今回のUpdateは緊急が4件、重要が5件の計9件になります。

内容としては第三者からの不正コントロールが出来ないようにするためのUpdateになります。

今回のUpdateでは再起動が必要なものがありますので、まずはいったん作業を中断してからUpdateを行いましょう。

またUpdateが出来ない、エラーが出て出来ないというお客様がいらっしゃいましたらご連絡ください。

弊社ITサポートがお客様のパソコンをサポートいたします。

WindowsUpdateはこちら→Windows Update