ハーフマラソンへの道 その6

今回のテーマは、『明日のためにその5。。。FMの電波に乗せてリレーマラソン』

突然ですが、リレーマラソン知ってますか?
私は知りませんでした。

リレーマラソンとは、
独力で1周1.5kmを完走できる男女4人以上、
10人未満のチームでタスキをリレーして
合計42.195キロ走るマラソンです。
(人数、距離は大会によって異なると思います。)

1人で参加するとただのフルマラソンになってしまうので
会社で参加者を募ったところ、4人以上集まらず
参加を断念しようと思ったのですが、
ちょうどFM長野さんが「エコーズチーム」として参加者を募集していてので
応募してみました。

月日が流れ、応募した事を忘れかけた頃にFM長野さんから電話があり
「エコーズチーム」のメンバーに選ばれたと連絡がありました。

ついに私もFMデビューです。電波少年です。
まさに今までの練習の成果を発揮する良い機会じゃあないですか。
ラジオなのでもちろん声しか放送されないですが。。

そして。。。大会一週間前なんと風邪ひきました。
結構な風邪ひきました。
ケッコウナカゼヒキマシタ。。。

その週末には市民際で神輿を担ぐ予定でしたが、欠席しました。

そうこうしている間に、風邪が完治せず大会当日を迎えました。
風邪の直り具合は70%位でしょうか?

会場に到着すると、FM長野エコーズの
渡辺麻衣子さんがいらっしゃいました。

「エコーズチーム」は全部で9人。
まずは、作戦会議です。
第一にメンバーのあだ名を付けることになりました。。。
渡辺麻衣子さんは「マイケル」です。
「麻衣子」→「マイコー」→「マイケル」です。

私は、「にゃんこ蕎麦」になりました。
全員のあだ名を決め、走る順番を決め、作戦会議終了。
全員1週交代全力疾走となりました。
走る順番で私の前が「マイケル」さんだったので、
「にゃんこ蕎麦さん」と結構呼ばれたました。(*´ー`*)
私は第8走者です。
1周1.5km交代なので1人6分~8分位。
55分位毎3回走る計算です。

いよいよスタートです。
まさに全力疾走。みなさんマジです。
そして中間発表、男女混合チーム1位。総合3位です。
(中間発表順位の記憶は曖昧ですが、たしか上位でした)
みなさんマジです。

「マイケル」さんも全力疾走。次私。
全力疾走後の「マイケル」さんから
タスキを受け取り「よっしゃー任せろ!」と心の中で叫び全力疾走開始。

走り出してすぐに呼吸が苦しくなりました。
500mの看板あたりで残り体力30%。
こんなはずでは。。。もっとやれるはずなのに。。等と考えながら
残り1kmをヒーヒー言いながら走り切り
次の走者にタスキを渡しました。

タイム:7分半位。む、無念です。

次は55分程休んで2回目です。

そしてあれよあれよという間に最終ランナー
最後は、「エコーズチーム」全員で手をつなぎゴールしました。

結果は参加者103チーム中、総合「14位」
男女混合部門では「4位」

男女混合部門で「3位」との差は約30秒。残念。。

なんだか最初から最後までがあっという間で、とても楽しい経験をさせて頂きました。

後日ドキドキしながらラジオ番組の「エコーズ」を聞いたところ、
ラジオから流れたのは、最初全員での「がんばるぞ。。おー!」のみでした。
FMデビューならず。残念。

もし、また機会があるならば、体調を万全にして
「エコーズチーム」で走れたらと思いました。
その時が信のFMデビューとなるでしょう。

天満宮御鎮座400年祭

今年2014年、松本深志神社で天満宮ご鎮座400年を迎えるので
7月25日(金)~27日(日)の三日間、天満宮御鎮座400年祭が行われました。

深志神社神輿から二基の神輿
信州松本松深會から一基の神輿
松本市内氏子町内から16台の舞台(山車)
と盛大に行われました。

出番を待つ舞台(山車)

舞台(山車)
舞台(山車)

良く手入れがされています。

舞台(山車)
舞台(山車)

舞台(山車)のアップです。

舞台(山車)
舞台(山車)

舞台は1台1台違った装飾が施されており、芸術品のようでした。

当日は朝の準備中にかなり強い雨が降りその後晴天となりました。
何かのお告げだったのでしょうか?
雨の後はとても暑く神輿を担ぐには少々きつかったですが、
次の500年祭には参加できないだろうと思うと
参加できた事に感謝して担がせていただきました。

ハーフマラソンへの道 その5

いつものマラソンです。

今回のテーマは、『明日のためにその4。。。机上の空論でイザ出陣なり』

マラソン初めて10ヶ月程経ったので諏訪湖マラソンにはまだ早いですが、
ハーフマラソンに出場しようかと思い始めました。

どれに参加しようかと調べてみると「塩嶺王城パークライン ハーフマラソン大会」
(えんれいおうじょうと読むそうです)が長野県岡谷市で行われるようで、
会場も家から割と近いのでこの大会に出場することにしました。

コースはこんな感じです。

コース1

そういえば、
「私は今まで20キロ以上の距離を人力で移動したことが無いのでは無いか。。」と気がつきました。
高校の頃競歩大会がありましたが、何キロだったか忘れました。

ジムで走る距離は10キロ程度なので、まさに未知の世界なのであります。
ジムで10キロ走ると毎回ヘロヘロになります。
こんなんで22キロ完走できるのかとかなり不安になりました。
しかもハーフマラソン大会は時間制限があり、時間内に目的地まで到着しないと失格になってしまいます。

しかしまあ、ジムとは違って実際に野外を走れば
景色は変わるし風があって気持ち良いだろうから
結構大丈夫じゃないかとも思いました。

申し込みをしたのが大会の1カ月程前です。

ネットでハーフマラソン攻略法を調べたところ
走っているとお腹が減るそうで、お腹が減ると足が動かなくなるらしいので
10秒チャージゼリーとそれを入れるマラソン用の腰にまくポーチ的な物を購入しました。
さらに
頭の中で「ハーフマラソンにおけるスタミナ在庫管理シュミレーション」を行ったところ
2時間15分でゴールに到着する計算になりました。

準備OKです。

そして大会当日。
天気は晴れ、気温21度です。

会場到着~スタート:会場についてエントリーを済ますと参加賞の
お酒や卵かけご飯専用醤油等をもらいました。
かなり充実した内容にビックリしました。

スタート~10キロ:かなりペースを落として無理せずゆっくり行きました。
コース全体が山道なためアップダウンはありましたが結構順調でした。
やはり外を走るのは気持が良いです。

10キロ~15キロ:少し疲れてきましたがこの調子で行けば歩くことなく完走できると思いました。

15キロ~ゴール :かなりきつい上り坂が始まりました。

コース2

ここにきてのこの上りはだめです。
まるで登山です。そして、今まで一度もつった事が無い足の付け根がつりました。
なるほど、今まさに10秒チャージを行う時だと思い歩きながらチャージしました。
チャージの効果はあまり感じませんでした。
永遠と続きそうな上り坂を走っては歩きを繰り返し登りきった後はゴールまで
多少きつい下り坂でした。
そしてゴールです。時間内にゴールできました。

タイムは2時間20分
時間内のゴールが目標だったので満足です。

諏訪湖マラソンはエントリー受付開始後すぐに定員になったため、エントリーできませんでした。残念
代わりに 10月に大町アルプスマラソンに出ることにしました。
また坂道が多そうです。