感情のコントロール方法

こんにちは。レオンです。
感情のコントロール方法の紹介の前に
まずは各感情についてメリット・デメリットをざっっくりまとめてみます。


メリット:気分が良くなる。
デメリット:喜び過ぎるのも疲れる。


メリット:防衛本能。自分に悪影響があるときに何とかしようというやる気になる。
デメリット:怒りが過ぎると人を傷つけてしまう。


メリット:何か失敗したときなどに再挑戦しようというやる気になる。
デメリット:哀しみが過ぎると何もする気が起きなくなる。


メリット:気分が良くなる。
デメリット:楽しみ過ぎて他の事が何もできなくなってしまう。

愛 (いとしみ)
メリット:人に何かしようというやる気になる。
デメリット:その対象への執着になり他の事に目を向けられなくなる。

憎 (にくしみ)
メリット:防衛本能。自分に悪影響があるときに何とかしようというやる気になる。
デメリット:憎しみが過ぎると人を傷つけてしまう。

ポジティブ・ネガティブと分けてポジティブが良く、ネガティブが悪いとして、
ネガティブな感情が出てきたら自分の事を責めたりしているかもしれませんが
上記の通りネガティブな感情が湧いてきても基本的には問題解決のための
やる気になると分かっていれば上手に利用できるのではないでしょうか。
ただ、どの感情もバランスが悪くなるとデメリットが出てきてしまうため、
上手くバランスを取れるようになることが感情をコントロールすることだと思います。

それではコントロール方法の紹介になります。
私は下記のような手順でコントロールすることが多いです。
1.自分は今どういう感情を抱いているのかを考える。
2.今感じている感情のままで行動した結果どうなるのかを考える。
3.その通りで良いかどうかを判断し、次の行動を検討する。

また、ネガティブな感情が強過ぎる時やどうしても解決方法が見つからない時は
その問題に対して自分は何もする必要がなく
自分が気にして今の感情になる必要はないのだと考えるようにしています。
(諦めたのではなく解決する必要が無い事に気づいたと思う事も重要?)
そう考えることでそれ以上ストレスを抱えることは無くなります。

「コロナ疲れ」や「コロナストレス」に悩まれている方は哀しみや怒りを
出来る限りストレス解消法等を考えるやる気に利用してみてはいかがでしょうか。