プログラムをWindowsの起動時に実行する方法

こんにちは、フルーツポンチです。
今回はプログラムをWindowsの起動時に実行する方法についてです。
 

プログラムをWindowsの起動時に実行する方法

 
プログラムをWindowsの起動時に実行する方法で、ユーザーが設定する方法は大きく分けて3つあります。
 

1.起動したいプログラムのメニューから

起動したいプログラムに”スタートアップに登録する”などといった項目がある場合、それらの機能を使うことが一番簡単です。
またこの機能がある場合、スタートアップから解除する方法も提供されていることが多いため、解除する方法に困るといったことも基本的にないのでお勧めです。
ただし、特別な方法で起動したい場合や、その機能にバグがあった場合は他の方法を使う必要があります。
 

2.スタートアップフォルダに登録

[Windowsキー]+Rで開く”ファイル名を指定して実行”の画面に shell:Startup と入力してOKを押すと開くフォルダに、プログラムのショートカットを入れる方法が2つ目の方法です。
この方法の場合、フォルダにショートカットを入れるだけなので難しい操作がほとんどなく、簡単です。
shell:Startup で開くフォルダでは設定したときのユーザーのみに登録されるため、そのWindowsを使用するすべてのユーザーに設定する場合は、代わりに shell:Common Startup と入力して開いたフォルダに設定する必要があります。
 

3.タスクスケジューラを使用する

タスクスケジューラにWindowsの起動時に起動するタスクを追加する方法が3つ目の方法です。
この方法は他にもいくつかの条件を組み合わせたりなど複雑なことができますが、その分難易度が高いです。
設定できる項目も多いため手順は説明しませんが、気になる方は調べてみてください。
 
2, 3番目の方法は既に設定されている他の項目も確認することができますが、基本的には削除や変更をしないことをお勧めします。
理由としては、その項目が何を行っているのかを確認せずに削除や変更をすると、プログラムがうまく動作しなくなったり、最悪の場合、Windowsが起動しなくなる場合があるためです。
 
プログラムをWindowsの起動時に実行する方法は、ここで紹介した方法以外にもいくつかの方法がありますが、ユーザーが設定する方法としては向いていないため省略させていただきました。
 
最後に、これらの方法はプログラムを自動で起動してくれるので便利ですが、設定しすぎるとWindowsの起動がとても遅くなることがあるので注意してください。

タグ: