年号に関係なく季節と景色は変わりゆく

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

年号が変わり大型連休がありましたが、私は以前と変わらず写真を撮っていました。
しかし、今年の連休中の天気は晴れが少なかった事が残念でした。

そんな残念な天気の中でも何枚か良さそうな写真が撮れたので、掲載します。

まず、曇りの日に、雲に虹が出ていたので、前景に桜を入れて撮りました。
望遠レンズを持ち歩いていなかったので、寄り切れておらず、構図は少し残念ですが、
平成の終わりに撮った事も含め、良い写真になったと思います。

dybr201905_01

次に、寝覚めの床で、モミジの若葉と桜を撮った写真です。
モミジの赤は秋というイメージが強いので、意外性が強く、印象に残る写真になったと思います。

dybr201905_02

最後に、木曽駒公園付近の山で撮った御岳山と乗鞍岳の写真です。
特に何も考えずに撮った写真ですが、木曽と松本は意外と近いと感じた事もあり、載せようと思います。

dybr201905_03

令和が何年続くかわかりませんが、温暖化などで季節が無くなる様な事がなく、今の自然が残ってくれれば良いなと思います。

タグ: ,