自転車と自動車が上手に付き合う方法3選

こんにちは、レオンです。

最近社内で危険な走行をしている自転車がいるという話しを耳にし、
年間走行距離が自動車より自転車が長い私としては
両者が上手に付き合える社会を理想としておりますので
考えをまとめてみました。

まずは自転車が自動車と上手に付き合う方法3つになります。

1.車通りの少ない道を通る

自転車向けのルート選びが大切です。
多少遠回りになるとしても車通りの少ない道を選びましょう。

2.信号待ち等で待っている自動車を抜かさない

自転車は車です。基本的に追い抜いてはいけないのです。
ただし、自転車走行レーンは別枠のため、スイスイと通れます。
また、自動車のすぐ後ろに着くと排気が気になりますので歩道に退避して
自動車の列が途切れたタイミングで出発すると良いです。

3.交差点では道を譲る

両者同等である心持ちが大事です。
どちらが優先という事はありませんので自動車の安全運転と同様
心にゆとりを持ち道を譲ります。
譲られた場合はお礼の意思を伝えましょう。
手を離すのは少し危険なので少しの会釈か笑顔を作るのが良いでしょう。

次にが自動車が自転車と上手に付き合う方法3つになります。

1.自転車に乗ってみる

自動車に乗る人がみんな自転車に乗った時の気持ちが理解できれば
自転車に対して優しくなれる事でしょう。

2.自転車を目の敵にしない

マナーの悪い自転車乗りがいたとしても自転車全般を敵視しては
マナーの良い自転車乗りを見ても「邪魔だ」と感じてしまうことでしょう。
対等な視点でお互いが走りやすいマナーを考え続ける事が大切です。

3.自転車の交通ルールを把握する

自転車が歩道を走らなければならないと思っていたら交通ルールを守って
車道を走行している自転車がいてもなんて危険な運転をしているんだ
と思ってしまいます。
自動車に乗る人が自転車の交通ルールを正しく認識すれば
交通ルールから逸脱している自転車を見た時に正しく注意が出来て
秩序のある社会となることでしょう。

それでは安全で楽しい自転車・自動車ライフをお送りください!

タグ: