軽減税率対応Part1

イーサース軽減税率対応中のレオンです。

軽減税率対応はなかなか簡単ではありません。
2019年10月から旧税率(8%)と軽減税率(8%)と標準税率(10%)が一時的に税率が混在します。
旧税率と軽減税率は8%で同じに思えるのですが、国税と地方税の割合が
変更になっているため、会計上では区別しなくてはなりません。
イーサースは販売・購買管理のシステムですので会計までは行っていないのですが、
イーサースからの出力データを会計システムに連携するご要望を頂いたため、
旧税率と軽減税率を区別可能なように対応しているところです。
旧税率が混在する売上パターンはいくつもありますが、少し紹介します。

1.2019年9月30日までに売り上げた商品を返品されるケース
 返品の場合は売り上げた税率が適用されるため旧税率となります。
2.各種経過措置が適用されるケース
 例として請負工事等にかかる経過措置では2019年3月31日までに締結した請負契約に
 基づき、建築・工事等を行い、引き渡しが2019年10月以降であっても旧税率となります。

様々なケースを考慮して安心して使えるシステムを作りたいと思います。

タグ: