クラウドコンピューティング

ITソリューションの ひで です。

突然ですが、Evernote や Dropbox というサービスをご存知でしょうか。

クラウド型サービスと呼ばれるものなのですが、大変な人気を集めています。

デジタルデータの保管、管理ができるサービスなのですが、大きな特徴として、
自分のパソコンの中ではなく、クラウドと呼ばれる“雲”の中にある何処かのコンピュータにデータが保存されます。

「雲の中にあるコンピュータってなに?」

ここでいう雲とは、インターネットのことを指します。
またコンピュータとは、そのサービスを提供する会社が管理する“サーバー”と呼ばれるコンピュータのことを指します。
つまり、インターネット上にあるサーバー(コンピュータ)にデータが保存されるということです。

「自分のコンピュータに保存するのと比べて何が利点なの?」

自分のコンピュータに保存されているデータは、そのコンピュータからしか見れません。
他のコンピュータで見たいとなった場合、いちいちそのデータを移動させる必要があります。
しかし、クラウド上のサーバーにあるデータは、“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、いつでも、どこからでもそのデータを見ることが可能です。

私もこのサービスを利用していますが、その利便性を実感し、今では欠かせないものになっています。
これからも、このようなクラウド型サービスが主流になってくることが予想されます。

そこで私たちは、e-SaaS[イーサース]というクラウド型サービスを開発しました。
e-SaaS[イーサース]は、販売管理、購買管理、在庫管理が可能なクラウド型サービスです。

クラウド型にすることにより、たくさんの利点が生まれました。

・“インターネットに繋がっているコンピュータ”があれば、どこからでもサービスを利用できます。
・コンピュータにソフトをインストールする必要がありません。
・計算処理はサーバーが行うため、高性能なコンピュータは必要ありません。
・データはサーバー上で保管するため、お客様側でバックアップをとる必要がありません。
・リアルタイムにサービスのバージョンアップを受けることができます。

などなど、大変便利になっています。
その利便性を、多くの方に体感していただければ幸いだと思います。