効率化のお話

こんにちは、あいです。
今日は効率化のお話をしたいと思います。

よく聞く「効率化」ってなんでしょうか。
言葉としては
より効率的に作業や学習などができるようにすること
ですが、業務を効率化することで
なにが変わるのでしょうか。

例えば、(数字は無根拠です)
接客業で一日8人のお客さんしか対応できないところを
効率的に作業し、10人対応できるようになった。

同じ人数(人件費)で売り上げが上がります。

製造業で、一日10個しか製造できないものが
15個できるようになった。

など、経費を抑えつつ、売上貢献できる機会を増やすことが可能です。

また、間接業務(売上には直接影響しないもの)でも
非効率に作業を進めると残業になり、経費は増大します。
非効率に作業をしなくても、業務が多忙になれば、残業や人の増加(経費の増大)に
つながります。

そのため、システムを利用している会社が多くあります。

間接業務での経費(人件費)は、見え辛いものもあります。
よく効果対費用なんて言いますが、次回は、自身の会社での
計算の仕方や実例などお話しできればとおもっております。

タグ: , ,