古い時代の環境構築が上手く出来ない

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

最近、余った部品を流用して予備のパソコンを作成したのですが、古いソフトウェア関連のインストールなどで困った事が多くあり時代を感じました。

まず、WindowsXP SP2 のアップデートで困りました。
「何を言っているのか分からない」と言われるかもしれませんが、自分自身うまくアップデート出来ない事に驚きました。
WindowsUpdateを実行しようとしてもエラーが表示されるばかりで、最初はネットワークか何かの調子が悪いだけだろうと考えていました。
しかし、何時間たってもエラーが解消されませんでした。
そこで、表示されるエラー内容についてインターネットで調べた結果、WindowsXPのSP3以外は別途Windowsアップデートの更新プログラムをダウンロードして適用する必要があると分かりました。
その後、WindowsUpdateを更新した結果、Windowsのアップデートを上手く行う事が出来たので一安心。
それでも、WindowsUpdateが上手く行えないとは思いにもよらなかったので本当に驚きました。

次に、普段使用しているブラウザFirefoxの設定関係でも困りました。
普段、自分はタブの上に次のページ・前のページなどのボタンを配置(古いFirefoxと同じ配置)しているのですが、その設定をする項目が最新版では無くなっていました。
今までは「表示=>ツールバー=>タブを上部に表示」をOFFにしてやる事で設定できていたのですが、その「タブを上部に表示」の項目が見当たらないのです。
この点についても調べる事となり、最終的にはFirefoxの細かい設定を行う専用の画面を表示して設定を変更する必要があるとの情報を入手しました。
Firefoxの設定変更画面はその時初めて見ましたし、「タブの下にツールバー」という構成が通常かつ普通には変更不可に設定されている事にも驚きました。
その他にも、FirefoxではWindowsXPだとグラフィックボード(AMD radeon)との相性なのかハードウェアアクセラレーションをONにしておくとfirefoxが頻繁にクラッシュする状況にも遭遇しました。

最後に、これは時代の流れを感じた事柄になるのですが、今まで使用していた音楽管理ソフトが無くなっていました。
WindowsXP SP2の時からずっと使い続けていたソフトだったのですがダウンロードする場所が見つからないのです。
今まで存在していたダウンロードサイトを探しはしましたが、サービス終了という記述と最後の更新用ファイルが置いてあるだけでダウンロードは出来ませんでした。
確かに、古いままで新しいソフトと比べると機能的に劣っている部分が有り仕方ないと思うのですが、自分が普段使っていたソフトが無くなってしまった事には感じる所がありました。

自分が必要とする限りそういった知識は取得するしかないのですが、パソコンを自作していると古かったり変な知識が身につき、その度に哀愁に近い微妙な気分を最近感じています。

タグ: ,