ホームページの裏側

Firefoxのバージョンが14になり、ロケーションバー、検索バー、右クリックからGoogle検索したときに、デフォルトでSSLによる暗号化通信が行われるようになりました。

これが思いのほか痛手でして、大半のホームページにはアクセス解析にツールが仕込まれており、ロケーション、ISP、使用ブラウザ、ディスプレイサイズ、IPアドレス、検索キーワードなどが分かるのです。

しかし、SSLによる暗号化通信になってしまうと、訪問者がどのようなキーワードで検索してサイトを訪れてくれたのか分からなくなってしまいます。

アクセス解析サンプル



将来的に他の検索エンジンにもこの機能がサポートされてしまうと、SEOでの集客を重視されている方には影響が大きそうですね。

タグ: , ,