Windows7へ移行しました。

ITサポートです。
最近社内では、Windows7への全面的な移行を行いました(※一部除く)。
起動とシャットダウンの早さは確かなものでした。
XPモードとVirtual PCによるXP環境の仮想構築も可能で、重宝しております。

ただ、インターフェースのほうは慣れる以外に選択肢はなさそうです。
ある程度便利な方向に変わっているのは確かですが、
やはり長年使っていたものから切り替えるのは億劫なものです。
ですが、いつかは移行しなくてはならないもの。

間違いなく「これは便利になった」と感じたのは下のタスクバーです。

従来のように文字で表示することもできます

従来のように文字で表示することもできます



「起動中のアプリケーションが並んでおり、クリックするとそのアプリケーションウィンドウを一番上に表示する」というのが、
もともとのタスクバーでした。
Windows 7では、ここにアプリケーションランチャーの機能が備わりました。
起動していないアプリケーションもタスクバーに表示されていて、クリックするとアプリケーションを起動するのです。
これは非常にわかりやすく、かつ手早い。作業にも好影響を与えています。

このような、いい部分だけを合わせたような機能がもっと増えるといいですね。

タグ: , , ,