Mac App Store オープン

1月6日、Mac専用のアプリケーションストア
「Mac App Store」がオープンしました。



音楽が売っている「iTunes Store」、iPhoneやiPod touchのアプリケーションが売っている「App Store」というストアが既にありますが、今回はMac用アプリケーションのストアになります。

「Mac App Store」には以下のような特徴があります。
・ワンクリックで購入からインストールが可能
・購入済みのアプリケーションの一覧が確認できる
・更新が存在するアプリケーションの一覧を表示し、ワンクリックでアップデート可能
などです。

早速試しにアプリケーションを1つ購入してみましたが、
本当にワンクリックで購入からインストールまでが完了してしまいました。
よくある、「次へ」ボタンを選んでいくような画面もありません。
あまりに手軽過ぎて、ついつい余計に購入してしまいそうになります。


また、今回の「Mac App Store」オープンにはもう一つ大きな意義があると思います。
それは、「これからのアプリケーションはCDではなくダウンロードで購入するようになっていく」ということです。
音楽も「iTunes Store」などの登場により、CDでの購入が減少し、ダウンロードでの購入が増えてきました。
このようにCDの必要性は薄まり、今後CDドライブがないパソコンも増えていくと予想しています。(かつてのフロッピーディスクのように)

コンピュータの世界は進化のスピードが非常に速いと、改めて感じさせられます。

タグ: , , , , , , , , ,

Comments are closed.