Archive for 2月, 2017

伝統工芸品

2017年2月28日

自宅で掃き掃除に使っている箒がボロボロになり、

箒から逆にゴミが出てくる始末…

これではいけないと新しい箒を購入しました!

まつもと箒

信州の伝統工芸品「まつもと箒」です。

ホームセンター等で売っている通常の箒より

値段は張りますが、穂先は柔らかくしなやかで何十年も使える品物です。

現在ではフローリングワイパー等の

拭き掃除と掃き掃除ができる同時にできる商品も多くありますが

細部を掃除するには昔ながらの箒や雑巾が一番だと思います。

長く大事に使用していきたいと思います。

Posted in 未分類 | No Comments »

ザ・コレクター

2017年2月14日

とある賢者は人類についてこう看破しているそうです。

「人類は様々な物を収集する癖(へき)がある生き物である。」



ウソです。

けど、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。

男性でよくあるのは腕時計。

私は時間さえ分かれば満足なのでスマホで十分なのですが、スイス辺りが原産の舌を噛みそうなブランド名や製品名の腕時計を集めては悦に入る芸能人などをテレビで拝見したりします。

またもっと卑近な例ではスマホゲーム。

多くのスマホゲームは一定の確率で入手できるレアアイテムやレアカードなどが用意されています。
それらを集めたいため、ついつい毎日ログインしてしまったり、課金してしまったりする人も多いのではないでしょうか。

さて私も最近、少しずつ集め始めたものがあります。

それはメガネ。

業界用語でいうところのガーメネ。

JINSという店舗でメガネを購入し、オンラインショップ会員になったことがきっかけです。

会員になるとお買い得商品情報などのメールが配信されてるのですが、それがあまりにも安いのです。

薄型非球面レンズ込みでお値段なんと4,000円ちょっと。

この価格ならちょっと冒険的なデザインでも気楽に購入できます。

さらにJINSではスマホアプリとパソコンを利用して画面上でメガネの試着ができるのですがこれがなかなかグッド。

会員情報にレンズの度数も登録してあるので、試着で気に入ればポチッとするだけで簡単に購入できてしまいます。
買うのに煩わしさがないのもメガネ収集の敷居を下げてくれます。

けどこのアプリには1つ欠点があります。

バーチャル試着をするためにはメガネを外した状態で、画面の案内に従って自分の顔をスマホで撮影する必要があるのですが、私のように強い近視だと裸眼で画面の指示が全く見えません。

これは一考の余地があると言わざるを得ません。

最近では顔を撮影すると、メガネやヒゲの落書きや口から舌が飛び出すような加工を施すアプリが世に出回っています。

この技術を応用してメガネをかけたまま撮影して、画像処理でメガネのフレームを取り除くようなことはできないものでしょうか。

もしJINSの関係者の方がこのブログを見てましたらご検討お願いします。実現できたら私のメガネ収集速度も早まると思います。。。多分

Tags:
Posted in スタッフの近況 | No Comments »

長野県山形村長選挙

2017年2月13日

こんにちは、まっすです。

さて、たまには政治についての話題を書いてみようかと思います。
と、いってもとってもローカルな政治の話ですみません。

来る2月19日に、長野県の松本市の隣にある東筑摩郡山形村の村長選挙が行われます。
何を隠そう、私の地元です。
交通手段は1時間に一本あるかないかのバスだけで、電車など夢の乗り物です。
超田舎かといえば、iCityという映画館もあるデパートがあったり、
とても小さな村にもかかわらず、コンビニが4件もあったり、そこそこ栄えている村です。

特産は、スイカや長芋などの、野菜を中心として農業が盛んです。
観光では、京都にある清水寺と歴史的に関りがあるといわれている山形村の清水寺があります。
また、食べ物では「そば」が人気で、唐沢集落をはじめとして、村内のいたるところに蕎麦屋があります。

さて、山形村の紹介はこれくらいに、本題に入ります。
村長選挙を1週間後に控え、2月12日に村長選立候補予定者による公開討論会という討論会が開催されました。
記憶に新しいのは、アメリカ大統領選挙の時のトランプ氏とヒラリー氏です。

公開討論会パンフレット

公開討論会パンフレット



YouTubeでライブ配信を行い、地元のローカル放送でも翌日に1日中放送するなど、メディアも完璧(?)です。
この公開討論会は私と同い年の同級生が企画し、若者を中心に公開討論会実行委員会が立ち上がりました。
目的は、討論会をきっかけに村民一人ひとりが村長選に興味を持ってもらい、
投票率のアップを行うというものです。
前回の村長選挙の投票率が71%あまり。今回の投票率が少なくともこれ以上になれば成果ありとなるのでしょう。

で、なぜこんな話をしているかというと、私も実行員会のお手伝いで行ってきました。
PowerPointで作られたスライドをタイミングを見て送るという簡単な作業ですが、
少しでもこの会の運営に携われたことは意義の合うものだったと言えます。

そもそも、もとより村長選など興味はなく、今回も知っている人に投票するんだろうなと考えていましたが、
各立候補者が目の前で政策や考え方を話しているのを聞いているうちに、
この小さい村の将来性が感じられるのはどちらだろうと考えるようになりました。

特に一番感じるのは「子育て支援」に関するものでしょうね。
今年から3歳の娘が保育園に入りますが、この辺の話は直接関係してきます。
全国で待機児童の問題がある中で、幸い、4月からの入園が決まりホッとしていますが、
これからの子育てに関してどのような政策を考えているのか、一つのポイントです。

あとは、いかに具体的な将来像を描けているかどうか。

とりあえず、2月19日が楽しみです。

Posted in スタッフの近況 | No Comments »