耳かき

こんにちは!

先月の下旬に某クレジットカードのポイントがたまったので、ちょっと気になる商品と交換しました。

なんかよくとれ~る”耳かき”です

因みに写真の耳かきは”3連ループタイプ”というもので私の交換したものは”1連ループタイプ”です。

なんでもグッドデザイン賞受賞をした商品らしいで・・

使ってみての感想ですが、確かに普通の耳かきより耳の掃除が簡単?な気がします・・・

このほかにも

このようなタイプもあります。

値段も1,000円~3,000円ぐらいとお手頃価格で買えるものもあるのでぜひ興味のある方は購入してみてください。

iOS 5公開

こんにちは、なーがです。

明日はいよいよみなさんお待ちかねのiPhone 4Sの発売日ですねー。
皆さんは予約されているのでしょうか?

そんなiPhone 4Sの発売前の10月12日(日本時間では本日)iOS 5がリリースされました。

「iCloud」を始め200以上の新機能が追加されたとのことですが、個人的に「通知センター」「iMessage」あたりが今回のアップデートで一番注目しているところです。

「通知センター」は画面の上から下へスワイプさせて、様々な情報が一覧で見られるものでAndroidにも同様の機能があるのですが、iPhoneにも欲しいと思っていたので今回iOSにも搭載されたのは非常に嬉しいところです。

「iMessage」はiOS 5デバイス同士でメッセージなどを送れるというものなのですが、iOS 5対応デバイスならキャリアなどを気にせずに利用できるのでなかなかいいですね。

今回のアップデートで対応するデバイスは、iPhone 3GS、iPhone 4、iPad、iPad 2、iPod touch(第3/第4世代)。
iPhone 4Sは最初からiOS 5が搭載されるのでアップデート対象ではありません。

対象デバイスをお持ちの方はぜひアップデートしましょう!と言いたいところなのですが、どうやら現在トラブルでアップデートがうまくいかない場合があるようです。
自分はまだ試していないのでわかりませんが、不安な方は少し待ったほうがいいかもしれません。

PCの性能とプログラム

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

最近のパソコンに求められるスペックとプログラムは何なのかについて考えさせられます。

少し前は、CPUの性能がたいした事がなかったため、何をやるにしても相応の時間がかかってしまうという状況であったと思います。
それも、エクセルやワードの編集といった簡単な作業でさえ快適という状況でなかったと思います。

それが、いまのCPU(一般的なI社のものだけですが・・・・・・)になると1スレッドのみの普通のプログラムを何倍もの処理速度と性能で処理してくれるため、ほとんどの作業がすぐ終わるようになってしまいました。
当然、エクセルやワードでも普通の処理では快適です。
むしろ、1万行のテキストファイルを1行ずつ内容確認して別のテキストファイルに必要な内容をコピーするといった、普段行わない様な作業をしない限り、パソコンの1コアですらフルに生かせない状況になっています。

そして、CPUの性能がここまで向上していまうと、過剰な処理を行う機会というのは何度あるのか?または、過剰な処理を行うパソコンは複数台必要なのか?という疑問が出てきてしまいます。

例えば、1万行のテキストファイルの内容をデータベースに移すといった作業を行う時に、その作業が月に1度だけで、業務中に行う必要がないという事でなければ、
帰る直前に作業を行わせて、終了後自動シャットダウンさせるようなプログラムを実行すれば、時間がかかってもそのうち終わりますし、
共有しているものであれば、どれか1台が高性能なパソコンがあれば、その高性能なパソコンですぐに作業を終わらせる、
といった具合に、おおくのPCなどが性能を過剰にもっている(性能をもてあましている)気がしています。

そして、そこに加えて、ネットワークが(完璧には遠いものの)高速化してきているため、専用のWebサーバーを用意しておき、そこで重いデータの管理といった作業をさせれば、そのWebサーバーだけ高性能、他の作業用のパソコンは極端な話、近年の携帯電話的の様な低スペックなものでも問題ない様にできるようになっています。

こうなると、パソコンのスペックだけで、(上記から考えられるものだけでも)
・1人1人がDBを個別で管理して、大量のデータ処理を行うので全てのパソコンを高性能にする。
・パソコンの性能は普段の業務はこなせる様にしておき、時間のかかる処理は業務後に一括で行う様にする。
・データの処理だけは社内サーバーに行わせる様に高性能にしておき、他のパソコンは低性能にする。
といった形でパソコンの構成だけでも複数のパターンが考えられるようになり、さらにそこから、プログラムは個々のPCにだけあれば良いのか?サーバーだけでデータを一括処理するのか?ネットワークは社内限定なのか?とプログラムをどの様に必要があるのかまで考えると結構なパターンが可能性として浮上してきて、最終的にどんなプログラムを作るのかが中々に定まらないような気がしています。

そうなると、どんな言語・システムの知識が今後必要なのかも捉えずらい状況です。
そんな状況の中で、今後必要な適切な知識を予測などして習得していかなければと考えさせられます。

今ナンプレこっています。

最近、年なのか頭の回転が遅くなってきているように思えます。

このところ、母の状態があまりよくなく2日に1回は病院に見舞いに行っています。
母は喋る事ができず、わたしの言うことにうなずくか横に首を振るぐらいしかできません。

余命3ヶ月と主治医に言われています。
治療法もなく、残り少ない時間をどう対応していったら・・・・・・。
側にいてあげるぐらいしかできないです。

ただ、何もしないで側にいるだけだと私自身が気持ちが暗くなってしまいます。

そんな時ナンプレ(ナンバープレース=数独)はいいですよ。
やはり、数字に強くないと経営者はやっていけませんからね(笑)