怖い地震がありました

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

本日の朝、長野県で大きな地震がありました。
弊社は、ディスプレイが1つ倒れている程度で済み、幸いでした。

地震に関してですが、私も駅から会社に向かう途中で揺れを感じましたが、流石に震度5レベルだとすごいものでした。

歩きとはいえど、地面が揺れているのが完全にわかりましたし、信号がグラグラと揺れているのも初めて見ました。また、コンビニの棚から物が崩れ落ちている光景も初めて見ました。

最初の方で、ディスプレイが1つ倒れた程度で済んだと書きましたが、どうやら(今回の地震が震源が浅いためかわかりませんが)場所によって揺れが大きく違っており、その関係の様です。
揺れの違いですが、他の方の話からすると、南の方は瓦や屋根が落ちていて、逆に北の方では地震に気がつかないほど揺れていなかったそうです。

しかし、やはり会社に向かう途中は、建物が損壊していないか?サーバーや作業用PCが倒れていないか?と心配でした。

サーバーやPCが「倒れている」程度を気にするのは意外と思う方もいるかもしれませんが、とても重要です。
なぜなら、サーバーやPCの「要といえるデータ」を記録しているハードディスク(以下、HDD)は「落下」を始めとする衝撃に非常に弱いからです。
ディスプレイを除いた「パソコンの本体部分」では最弱といえます。そのうえ、衝撃を与えた直後は大丈夫にみえても、一部のデータが壊れていたり、部品がダメになっていて時間差で壊れる可能性もあり、より厄介な部位といえます。(私の場合、個人のノートPCのHDDが衝撃で壊れた事があるため気にしています。さらに、それ以外でもHDDの破損は3回は経験しているのでなおさらです。)
しかも、最近の普通のPCは小さくなってきている関係上、設置面積が小さく軽い=倒れやすいため余計に怖いです。(個人で使用しているでかくて重い自作PCのケースなどはこういった時には良いと思いました。ボディもスチールで頑丈ですし。)

地震などに実際に遭うまではあまり切迫した考えは持っていなかったのですが、実際に経験すると、パソコンの設置方法変更や衝撃に強いSSDの使用、いざという時のバックアップの重要性などを強く感じました。

ホームページサポート用の設備

ITサポートです。

ホームページサポートでは、紙の文書を画像化して取り込むという作業もおこなっております。
最近のプリンタには画像取り込み機能がついたものも良くありますが、
弊社では↓の専用のスキャナを使用させていただいています。
[外部リンクです]
非常に大きい紙、たとえば新聞でも取り込むことができます。

これとPhotoshopを併用することで、画像の品質をほとんど落とすことなく取り込むことができています。
(取り込み専門業者様にはさすがにかないませんが)
紙面でしか存在していない資料を、なるべく劣化させずに保存したい場合に非常に重宝します。

ここが新しい『製造販売業向けイーサース』その2

こんにちは。
イーサース開発担当のやぎでございます。

今回はリリース目前の製造販売業向けイーサースの新機能紹介第2弾です。

その名も『伝票照会画面からの他伝票参照』機能!!
ネーミングセンスには触れないでください・・・。

下の画像を見てみて下さい。
伝票参照
これはともに受注伝票照会画面の一部分です。
見積番号の列に注目してみてください。
オリジナル版は黒文字ですが、製造販売向け版は青文字となっています。
この青文字はリンクとなっていて、クリックすると該当の見積書情報を
別画面で表示できるようになっています。

今までは、「あれっ、これどんな伝票だったっけ?」ってときには、該当の伝票のメニューから
照会画面を表示してデータを検索して参照をしなければいけませんでしたので、
かなり時間を有効活用できるのではないでしょうか。

【照会画面の青文字で、簡単情報参照!!】今回のキーワードです。

製造販売向けバージョンのイーサースの無料体験も始まりました。
気になる方は、お気軽にお問合せください。

高速料金通常化?

ITソリューション事業部のレオンです。

高速料金が2011年06月19日限りで土日・祝日上限1000円が終了しましたね。

今週末あたりに県内でちょっとドライブでも行こうかと思ってたら終了ですよ・・・

行こうとしてた所は通常2000円くらいかかるような・・・1000円の倍ですか。

それでも一応ドラぷらで調べてみたら、「1100円」

あれっ?おかしいと思って良く調べてみると土日・祝日は半額なんですね!

まだ片道80km程度の所なら約1000円で行けるなら私にはそんなに影響が出なそうです。

でも、今週末の天気は雨ですか・・・

ということで、ドライブはまた晴れた時にします。高速料金半額は当分変わらないでしょうからね!

収穫、収穫、収穫!

こんにちわ、あいです。
以前、ここに書かせていただいた
会社菜園です。とうとう収穫ができました。

って、まだ、きゅうりしか採れていませんが・・・

冷やして、得意先様の味噌をつけて
すごく、おいしかったです。(事後報告)

トマトは、まだまだですね。・・・青いし。。

そのほかにも
じゃがいも、すいか、さつまいもを
育てています。収穫したら食べてから
ブログに載せますね。

Product Advertising API

こんにちは。ITソリューションyamaです。

社内に雑然と置かれている技術書などの書庫を管理するシステムを休み時間などで作成しようと思い続けて数ヶ月、なかなか実行には至らなかったが、Product Advertising APIというAmazonの商品データベースを検索できるAPIが公開されていることを知り、作成意欲が湧いた。

登録方法はAmazonデータベースから本のタイトルで商品検索を行い、内容・ページ数・価格・出版社・発売日・寸法等のデータを取得しようと思う。
ちなみに、このAPIはProduct Advertising APIアカウントを作成した上で、発効される「APIキー」と「秘密キー」が必要となります。

使用方法は至って簡単。検索条件を盛り込んだ下記のリクエストを投げると検索結果がXMLで返ってきます。
http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=XXXXXXXXX&Keywords=earth&Operation=ItemSearch&SearchIndex=Books&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2011-06-17T02%3A24%3A04.000Z&Version=2009-03-31&Signature=xxxxxxxxxx

検索結果XMLの1商品

実際にコーディングしてみた結果、なかなかいい感じになりました。

画面イメージ

この調子で熱が冷めないうちに完成させてしまおう。

製造販売業の販売管理をリリースします

いつもお世話になっております。本当は6/13(月)に当記事を書く予定でしたが、遅くなってしまい申し訳ございません。

ITソリューション事業部イーサース開発室のまっすです。

先月行われたEXPO終了後、多くのお問い合わせをいただき、またイーサースを新規にご契約いただき誠にありがとうございます。

さて、昨年7月にリリースした卸売業向け販売管理・在庫管理からそろそろ1年が経とうとしております。昨年同時期は「クラウド」の浸透率もまだ低く、クラウド型の業務管理のメリットをうまく伝えられなかったと感じております。まだまだ利用率は低いものですが、利用されているお客様の満足度は日に日に上昇しております。実際のお客様の声の中でも、「サーバを管理しなくて良いので完全に業務に専念できる」、「難しい知識は必要なくスムーズにシステムを開始できた」などいただいております。

そしてこの度、卸売業向けの販売管理・在庫管理を進化させ、製造販売業向けにカスタマイズし、汎用的にお使いいただけるバージョンの開発がほぼ完了しました。このバージョンは長野県内にある漆器店様との綿密なお打ち合わせの基、業務フローから考え直しました。一番のポイントは、「1受注に対して複数発注が可能で、受注単位に原価計算を行うことが出来る」という点です。特に、受注生産方式の製造販売に向いております。工程管理の機能はありませんが、発注時の入荷納期回答、受注別発注リスト帳票にて1受注に対する発注状況の把握は可能です。

このバージョンを開発した経緯として、漆器店様が「一般的なシステムで、独自の仕組みを入れず、業務をシステムに合わせて改善したい」ということから始まりました。通常システムを導入する場合、基本パッケージをカスタマイズして業務に合わせて企業独自のシステムを開発する形態が多いのですが、汎用機にしても、パソコン用アプリにしても、クラウドにしてもコスト高になることはどこのソフトウェア会社に依頼しても同じです。その点、システム(パッケージ)に合わせて業務を見直すとした場合、導入コストは当然安くなります。特にクラウド型は初期コストを相当抑えることが出来ます。

もし御社の業務にマッチしていそうなら是非一度ご検討してみてください。来月初旬にはイーサースの新ホームページにて情報を公開します。そして1ヶ月の無料体験もご用意しておりますので、まずは使ってみてください。

現行のホームページ:http://www.e-saas.co.jp/

データバックアップの重要性

こんばんは、ITサポートです。

お客様からブルースクリーン(青い画面)になってしまったので直してほしいというお客さまからのお問い合わせが多くなってきました。

なんとか直ればいいのですが、最悪リカバリーをすれば直るのですが、その場合購入時の段階にもどってしまい、今まで作ってきたデータが

すべて消えてしまいます・・・

リカバリーする前にデータの入っているハードディスクからデータを取り出す事ができますが、それでも取りだせないデータがある場合もあります。

そこで重要になってくるのがバックアップをしていたかです。

ほとんどのお客様はバックアップをとっていなくて大事なデータが消えてしまう事があります。

不幸中の幸いか今の所ほとんどのお客様のデータを取り出す事ができていますが、取り出す作業として時間と費用がかなりかかってしまいます。

たかがバックアップだとおもいますが、バックアップをとっておけば数十分でデータを元に戻す事ができます。

もしもバックアップを取っていなければ数時間から数日、最悪データが戻らない事もあります。

それがもし顧客情報のデータ取引先のデータなどだったらと思うと・・・

そうならないように定期的なバックアップをしましょう!

因みにパソコンは消耗品です。必ず壊れます!

Sandy Bridgeを試す

こんにちは、なーがです。

前回はWebOSを試してみたわけなのですが、今回はSandy Bridgeを自宅PCに導入しました。

Sandy Bridgeとは最新のCPUシリーズのコードネームで正式名称はCore i7、i5などになるのですが、Core iという名称は前々から使用されていて少々ややこしいところ。

名称は従来と同じCore iなのですが、中身は完全に別ものになり互換性もないためマザーボード(基板)ごと交換しなければなりません。
普通はCPUの交換はもちろんのことマザーボードを交換することはまずないのですが、私のPCは自作PCなのでそういったことは気軽にできるわけですね。

本当なら交換するつもりはなかったのですが、最近グラフィックボードのドライバーを更新したところ動作が不安定になり、ブルースクリーンが多発するようになってしまいました。
そのためドライバーを旧バージョンに戻したりしたのですが、安定した動作には戻らなかったのでOSのクリーンインストールをすることに。
どうせ、クリーンインストールするならとSandy Bridgeを導入。

今回、私が選んだものはCore i7 2600KとZ68チップセットのマザーボード。
詳しくは説明しませんが、現在のコンシューマ向けとしては最高の組み合わせとなります。

最高のものなのですが、以前に使用していたのがi7 860なので体感的には若干早くなったかな?という程度。
(i7 860自体一年半くらい前のもので、今でも十二分な性能を持っている)

i7 920→i7 860→i7 2600kとi7を一通り使っていますが、確実に良くなっていると思いました。

来年にはSandy Bridgeの改良版となるIvy Bridgeが控えているので発売されればおそらく。。。

告知

数年前に巻き起こったブームを経て、今やすっかり市民権を得た感のある「オヤジバンド」

実は私も趣味でアマチュアバンドにギタリストとして参加しているオヤジバンドマンです。

今のバンドでの活動歴は途中で活動中止時期もありましたが、かれこれ15年以上になるでしょうか。

「オヤジバンド歴15年」というとなんかカッコイイですが、15年前は私も他のメンバーも20代の若者でしたので「オヤジバンド」とは言えないですね。

となると私の「オヤジバンド歴」は何年になるのでしょうか。

そんなオヤジバンドマンですが、今週末にこちらのライブイベントに参加します。

久しぶりのライブです。

そして、ライブの後といえば楽しい楽しい打ち上げです。

世の中の多忙なオジサンがバンド活動を続ける理由を、とある機関がアンケート調査したところ、「ライブ後の打ち上げで、美味しいビールを飲むため」という回答が約8割を占めたそうです。(ウソです)

兎にも角にも今週末は楽しい時間を過ごしたいと思います。