スタッフの近況

ラーメン同好会

Posted by on 2019年7月17日 at 9:32 am

こんにちは、フルーツポンチです。
今回は、最近アースシステム社内で立ち上がったラーメン同好会の活動についてです。

ラーメン同好会

ラーメン同好会は今年に入ってから立ち上げられ、活動内容は

定時後に希望者を募ってラーメンを食べに行く

というものです。
この記事ではそのラーメン同好会の先日の活動についてご紹介したいと思います。
 
先日の活動では、「おおぼし」に行きました。
「おおぼし」は長野県内に4か所出店しているラーメン専門店で、今回行った松本桐店は落ち着いた印象の店舗でした。
私は辛い物が好きなので、期間限定メニューの「デビル麺」を注文しました。
「デビル麺」はいわゆる激辛メニューで、どのくらい辛いかという少しの不安がありましたが、私が想定していたよりは辛くなく、無理なくおいしくいただくことができました。
 
以上が先日の活動です。(写真は撮り忘れました)
早くも次回の活動が楽しみなフルーツポンチでした。
 
おおぼし

ネ、ネタがない・・・

Posted by on 2019年7月11日 at 5:36 pm
キャプチャ02

こんにちは、あいです。

ネタがないです。2週間考えました。

何を書こうかと考えていたのですが、今回は
「プレゼント」について

みなさんプレゼント選びってどうしていますか?

相手の趣味?(もう持ってるかも・・・)
日用品、インテリア?(趣味趣向があるので、合わないかも・・・)
消耗品?(つまらない!)
食べ物?それとも金額で決める?

相手のほしいものを渡すのが良いかもしれませんが
ほしいものならもう買って持っているかもしれません。

つまり、あれば良いけど、自身のお金を使って買ってまでは・・というラインで
プレゼントを選ぶとなると・・

なかなか難しいですよね。

昔から私はそんなことを考え、プレゼントは「便利グッズ・おもしろグッズ」が多いです。

最近送ったものでいうと

ビールサーバー

キャプチャ02

電池を入れて動くようです。
送った本人からの感想「350ml缶だと、(泡で)飲む量が少なくなる。500mlがおススメ」
電動ワインオープナー

キャプチャ01
こちらも電池式
送った本人からの感想「コルク開けで失敗しない。力がいらない」
今回は、プレゼント「選び」ということで
「選ぶ」について考えてみました。

選ぶということでも色々考えがあります。普段の生活の中で取捨選択は、結構あります。
視点を変えてみたり、深く考えてみたり、普段考えていない発見があるかもしれません。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆有休管理をもっと簡単に・・・
イーサース for Office
http://www.e-saas.co.jp/office/

◆見える化をスマートに・・(販売購買在庫管理)
イーサース for Biz
http://www.e-saas.co.jp/biz/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アース果樹園

Posted by on 2019年6月27日 at 5:46 pm
ビワの木

こんにちは、まっすです。

前回の私のブログでは畑をメインに投稿させていただきました。
アスパラ、いちごは最盛期を終え、
今は枝豆とカブとホウレンソウに頑張ってもらっています。

さて、今日は果樹について近況をお伝えできればと思います。

まずはビワ。

ビワの木

ビワの木



今年は植樹してから8年目くらいですが、これまでで一番の成りになっています。
昨年までは獣害があったため、今年はネットを張りました。
ネットがかかっていない上の部分は鳥に食べられたりしていますが、
いっぱいあるので、少しくらいはおすそ分けしています。

ビワの実

ビワの実



もうすでに何個かを食べていますが、
程よい酸味と程よい甘みで、大きさを除けば、上々な出来です。


同じ時期に植樹した梨の木も今年はたくさん実をつけています。

梨の木

梨の木



収穫は秋ごろになると思いますが、現時点で20個ほどは見られるので、収穫が楽しみです。
ちなみに、昨年は3個しかできませんでした。

ここ1週間くらいはビワを堪能したいと思います。

土鍋のすすめ

Posted by on 2019年5月31日 at 5:27 pm
P_20190515_193506

こんにちはMokです。
ふとひょんなことから、土鍋使い始めることになりましたことをお知らせ申し上げます。炊飯に。

最初は面倒くささを感じていたところでございますが、慣れてしまえばおいしい
ご飯がいとも簡単に炊けてしまうので普段の生活の質が爆上がりになっております。

ざっと炊飯の手順はこんな感じ。

いつも通りコメを洗い、洗ったコメを30分ほど冷水に浸す。
P_20190515_193506
冷水に浸したコメの水を切り、土鍋に移し水を注入。
使用する土鍋、熱源、または天候等によって異なりますがわたくしの場合、水の分量は3合に対して約500cc。

はじめは強火。沸騰始めたら弱火に。

P_20190515_193523

弱火で15分。水分の残り具合に応じて調整する。
火からおろしたら10分ほど蒸らす。
P_20190515_200811

蒸らし終えて土鍋のふたを開ければほら。

時々出現するおこげというやつもまた大変粋でございます。
また、ご飯が冷えてもおいしいことに驚いてもいます、というか冷えたご飯の方が甘味が増しておいしい。
わずか一時間ちょっとの手間で満足度が高く、捗ります。

年号に関係なく季節と景色は変わりゆく

Posted by on 2019年5月23日 at 8:57 am
dybr201905_01

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

年号が変わり大型連休がありましたが、私は以前と変わらず写真を撮っていました。
しかし、今年の連休中の天気は晴れが少なかった事が残念でした。

そんな残念な天気の中でも何枚か良さそうな写真が撮れたので、掲載します。

まず、曇りの日に、雲に虹が出ていたので、前景に桜を入れて撮りました。
望遠レンズを持ち歩いていなかったので、寄り切れておらず、構図は少し残念ですが、
平成の終わりに撮った事も含め、良い写真になったと思います。

dybr201905_01

次に、寝覚めの床で、モミジの若葉と桜を撮った写真です。
モミジの赤は秋というイメージが強いので、意外性が強く、印象に残る写真になったと思います。

dybr201905_02

最後に、木曽駒公園付近の山で撮った御岳山と乗鞍岳の写真です。
特に何も考えずに撮った写真ですが、木曽と松本は意外と近いと感じた事もあり、載せようと思います。

dybr201905_03

令和が何年続くかわかりませんが、温暖化などで季節が無くなる様な事がなく、今の自然が残ってくれれば良いなと思います。

よろしくお願いします

Posted by on 2019年5月17日 at 4:18 pm

初めまして。今年の4月からアースシステムでお世話になっています。しまです。

社会人1年目ということで何をやるにも初めてで、わからないことだらけ・・・

こんな時に頼りになるのはやはり会社の先輩たちです。同じ部署の人たちはもちろん、違う部署の方たちもきにかけてくれているので毎日新鮮な気持ちながらも楽しくやることができています。

やはりこういった上司が身近にいて優しいい人づきあいがあるのが中小企業の魅力だと思います。

 

さて、せっかく自己紹介の機会をもらえたので一つ自分が今はまっていることをご紹介したいと思います。

今自分がはまっていることは写真での世界旅行です。

何を言っているのかと思うかもしれませんが、何かとお金のない社会人1年生は税金やらなんやらですぐにお金がなくなってしまいますので、

ネットサーフィンならぬ、絶景写真サーフィンをして旅行気分を味わっているというわけです。

いったことのない世界各国の自然風景や、有名な建物、その地方の郷土料理など見ているだけでも十分に楽しむことができます。

安全になおかつ無料で世界旅行気分が味わえるので、皆さんもぜひ気が向いたらやってみてください。

いよいよ本番!有給管理できてますか?

Posted by on 2019年5月13日 at 3:16 pm

中小企業の経営者様、労務管理ご担当者様
年度も変わり4月1日より「働きかた改革法案」の施行により
労働法案の一部改正で 年次有給休暇とや残業時間規制など
もうご対応はお済でしょうか?

弊社、取り扱いの「イーサース for Office」は今回の法改正の対応にも
スムーズに実務が対応可能です。

今回の「改正法案に対し」法律違反企業は罰則も有る様ですですから
ご心配ですよね。
もし、まだ対応されていない企業様がございましたら
是非、弊社担当営業まで勤怠管理「イーサースfor Office」
についてどうぞお気軽にお問い合わせください。

お花見!!

Posted by on 2019年4月26日 at 11:18 am
01

こんにちは

社内交流の一環で近所の桜を定時後に見に行ってきました。

01

02

会社の近くといえば松本城です。

定時後+この日は曇りだったので、少し暗いですが、松本城の桜はイイ感じに咲いていました。

03

この日は金曜日の夕方でしたが、桜を見に来たお客さんがたくさんいらっしゃいました。

IMG_20190419_184219

 

本当なら松本城の庭先?まで行って桜を見たかったのですが、この日はそこまで行けなかったので、松本城の周りをまわって桜を堪能することに!

 

IMG_20190419_184206

MVIMG_20190419_184148

MVIMG_20190419_184137

MVIMG_20190419_184122

松本城の桜は毎年夜になるとライトアップされているので、ぜひタイミングが合えば見に来てください。

因みに1週間前ぐらいは雪+桜という珍しい組み合わせだったそうです。

詳しくは「松本城 桜 雪 2019」で検索してみてください!

さてこの後は近く?のラーメン屋さん行っておいしいラーメンを食べに行ってきました。

やはり「花よりラーメン」ですね・・・

※今回のメインは花見なのでラーメンの画像はありません!

以上でっす!

休日の出来事

Posted by on 2019年4月18日 at 9:12 am

こんにちは、あいです。
先週、日本三大金運神社の「新屋山神社」に行ってきました。
日本三大金運神社?
なんか、凄そう!と、調べてみると
山梨県
「新屋山神社」
石川県
「金剱宮」
千葉県
「安房神社」

と、長野県から見ると遠い。
山梨なら行けそう。ということで
ドライブがてら、車で2時間。。。

金運上昇、商売繁盛とのことで
これで、今年の宝くじは、完璧です。
まあ、買わなきゃ当たらないので、毎年当たらないんですが、、、

ナビをセットして行ったのですが、
かなり狭い道を進んでいくと駐車場があり、無事到着。
鳥居が連立して並んでいていかにもな感じがします。
こじんまりとした神社でしたが、なんとここは
神主さんが来た人全員にお祓いをしてくれるようです。

しっかり日ごろ溜まった邪気を祓ってもらい、お詣りして
ネットで調べたところ、どうやら此処は
丸いお賽銭より、四角いお賽銭がよいとのこと、
(丸いお賽銭でも良いようです。)

え!?四角いやつ?
と小心者の私は、戸惑いつつ
ほかの人は、いくら入れるんだろう、とすばやく確認。
周りの方は、お財布から四角い紙が・・・
腹をくくり、私もお財布から四角いお賽銭を取り出し
何食わぬ顔でお詣りを終えました。

お詣りのあと、左側にお伺い石というものが置いてあり、
3回、石を持ち上げて2回目に持ち上げた際に軽くなれば、お伺いが叶うという
ものらしいです。いろいろな神社で似たような話はよくありますが、
試さずにはいられません。

試した結果、いつもとは違った体験ができました。
どんな体験かは、ご想像におまかせします。

自転車と自動車が上手に付き合う方法3選

Posted by on 2019年4月8日 at 1:20 pm

こんにちは、レオンです。

最近社内で危険な走行をしている自転車がいるという話しを耳にし、
年間走行距離が自動車より自転車が長い私としては
両者が上手に付き合える社会を理想としておりますので
考えをまとめてみました。

まずは自転車が自動車と上手に付き合う方法3つになります。

1.車通りの少ない道を通る

自転車向けのルート選びが大切です。
多少遠回りになるとしても車通りの少ない道を選びましょう。

2.信号待ち等で待っている自動車を抜かさない

自転車は車です。基本的に追い抜いてはいけないのです。
ただし、自転車走行レーンは別枠のため、スイスイと通れます。
また、自動車のすぐ後ろに着くと排気が気になりますので歩道に退避して
自動車の列が途切れたタイミングで出発すると良いです。

3.交差点では道を譲る

両者同等である心持ちが大事です。
どちらが優先という事はありませんので自動車の安全運転と同様
心にゆとりを持ち道を譲ります。
譲られた場合はお礼の意思を伝えましょう。
手を離すのは少し危険なので少しの会釈か笑顔を作るのが良いでしょう。

次にが自動車が自転車と上手に付き合う方法3つになります。

1.自転車に乗ってみる

自動車に乗る人がみんな自転車に乗った時の気持ちが理解できれば
自転車に対して優しくなれる事でしょう。

2.自転車を目の敵にしない

マナーの悪い自転車乗りがいたとしても自転車全般を敵視しては
マナーの良い自転車乗りを見ても「邪魔だ」と感じてしまうことでしょう。
対等な視点でお互いが走りやすいマナーを考え続ける事が大切です。

3.自転車の交通ルールを把握する

自転車が歩道を走らなければならないと思っていたら交通ルールを守って
車道を走行している自転車がいてもなんて危険な運転をしているんだ
と思ってしまいます。
自動車に乗る人が自転車の交通ルールを正しく認識すれば
交通ルールから逸脱している自転車を見た時に正しく注意が出来て
秩序のある社会となることでしょう。

それでは安全で楽しい自転車・自動車ライフをお送りください!