Author Archive

松本マラソン

2017年9月27日

10月01日に開催される松本マラソンに参加予定です。
初のフルマラソン参加なので走り切れるかとても心配です。

そして、残り日数が1週間を切っておりますが、
色々な理由で十分な練習ができておりません。
ついでに足が少し痛いです。

さらに暇つぶしにネットで色々調べたところ、
高低差、最低地点588mから最高地点678mで90m。マラソンコースとしては
結構きついコース設定のようです。
制限時間も5時間30分で短めのようです。

絶体絶命ですね。( ^ω^ )


心境的には夏休み残り1日で宿題を全くやっていない「の〇太君」です。
「ドラ〇もん」がいれば泣きついているところですが、
もちろんいないので、完走するための私の策をお伝えいたします。



策その1
・ハイドレーションシステム採用の検討
 もちろん給水地点はあるのですが、「好きな飲み物の飲みたいじゃん」というのと、
 ハイドレーションシステムを使えば給水時のタイムロスが減ると考え
 2リットルのハイドレーションシステムを購入しました。
 しかし、2リットルの水分を背負って走るのは重くなって不利なのではと思い始めています。
 大会で使うかどうかは保留です。

策その2
・スマフォアプリRunKeeperの使用
 RunKeeperというアプリがあり、時間、距離、スピードを日本語で知らせてくれ、
 自分が今どのくらいのペースで走っているかわかります。
 試しに使ってみたのですが、設定を間違い距離がマイルになっていたため
 時間以外よくわかりませんでした。まさに「マイルぜ」です。

策その3
・コンプレッション タイツ
 足が痛いのでコンプレッション タイツを使ってみようと思い購入しました。
 元々使っていましたが、今回は本格的な物にしました。
 すごくピッチピチです。足の血が止まりそうです。

策その4
 ・ランニング用ボトルポーチ 『YURENIKUI』
 走っても揺れないという 『YURENIKUI』 を使ってみようと思います。
 揺れないではなく 『YURENIKUI』 とは、『NIKUIZE』 です。
 ハイドレーションシステムと併用するとトレッキング並みの装備となってしまうため
 どちらか一方の採用となります。


以上となります。
これで練習不足と足の痛みをカバーできるはずです。

この期に及んで思う事は、「新しいシューズを買えばよかった」ですが、
なんとか制限時間内にゴールまでたどり着きたいと思ってます。

Posted in スタッフの近況 | No Comments »

松本城ウォーク2016

2016年11月30日

11月に開催された松本城ウォーク2016に参加しました。

秋の松本を散策がてらお散歩です。

大会概要は、
朝松本城に集合。
その後、地図を受け取り
地図をたよりに指定箇所にある印判を集印帳に押印して
松本城に帰ってくるというものです。

簡単です。

楽勝です。

秋の散歩です。

しかし、大会概要にはこうも書かれていました。
「コースに案内看板はありません。
またコースマップ(当日配布)もあくまで推奨コースを示すものです。
地図を片手に自由に歩いてください。」

自由度が高いです。

コースは4種類の中から選択です。
・ロングコース 18km
・温泉コース 13km
・ミドルコース 10km
・ショートコース 5km

ここは迷わず 温泉コース13kmを選択。
13km歩いたら温泉に入ってバスで松本城に戻ってくるコースです。
秋の松本を散策し、少し疲れたら温泉に入ってバスで松本城。
優雅です。浪漫さえ感じます。

当日朝9時松本城に集合し地図を受け取り出発です。

参加費に市内12施設の無料入場券が含まれていたので
コースを無視して松本市美術館に向かいました。
無料券でコレクション展を小一時間程鑑賞。まさに芸術の秋です。

美術館から出ると他の参加者は一人も見当たりません。先に行ってしまったようです。
大会概要にあったようにコースに案内看板はありません。
参加者も見当たらないので、今度こそ地図を頼りに印判探しの旅の始まりです。

1つ目、2つ目の印判までは比較的簡単に辿り着き
3つ目に向かう頃にはお昼位になっていました。

この時地図を見ていたら、
なんと温泉から松本城へのバス最終が午後3時であるとの記述に気づきました。

若干急ぎ足で歩く事にして今回最大の問題点であった山道(ヒルクライム)へと向かいました。
本当に一人も歩いていないような長閑な道を歩いて行くと
舗装はされていましたが、山道に入っていきました。
さらに歩いて行くと地図は、けもの道のような道を指していました。
半信半疑地図をたよりに山道に入っていきましたが、坂が急で道もあるようなないような
とにかくすごい道でした。

参加者にはお年寄りや子供もいたので、
この道を通ったとは信じられないような山道でした。
地図もざっくりした地図なので合っているのか間違っているのか全く分からず
それでも自分を信じてどんどん道なき道を登って行くと、
ありました。印判が。

素晴らしい。
誰もいない東屋に松本城ウォーク2016の旗が立っていました。
とてつもない達成感です。

長くなったので、ここから松本城までの道のりは省略します。

はたして温泉に入れたのか、入れなかったのか。
最終のバスに乗れたか乗らなかったのかは、ご想像にお任せします。

Posted in スタッフの近況 | No Comments »

シン・ゴジラ

2016年9月15日

リレー・フォー・ライフ・ジャパンの書き込みの後になんですが、
ちょっと話題になっているシン・ゴジラ見てきました。

私はゴジラど真ん中世代です。

子供の頃に見たゴジラは悪い怪獣をやっつけてくれる
正義の味方的な存在だったように記憶しています。

そして大人になり、海外製作の『GODZILLA』見ました。
。。。

私のようなゴジラど真ん中世代はには、ゴジラというだけで
ハードルがものすごく上がってしまいます。
海外製作の『GODZILLA』なんてワクワクが止まりません。
前の日は当然眠れませんでした。
見た日も別の意味で眠れませんでした。
。。。。。


さらにその後海外製作の『GODZILLA ゴジラ』見ました。
こちらはゴジラの面影を感じられ、
ストーリー的にも正義の味方を踏襲した感じでした。


余談ですが、『パシフィック・リム』という映画も
東宝色が強い映画でした。


そして、シン・ゴジラです。
監督は庵野秀明さんです。無論前の日は眠れません。
感想は面白かったです。
懐かしいBGMが子供の頃を思い出させてくれました。

内容には触れませんが、今回のシン・ゴジラを見て
作り手がゴジラという現象をどう見せたいかによって
同じタイトルでこうも変わるのだなと思いました。

私が監督なら一度もゴジラが出ないゴジラ映画を作ってみたいですね。


Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道

2016年8月19日

セカンド・シーズン 90分切への道 その3

リオデジャネイロオリンピックが開催されております。

女子マラソンの優勝タイムが、2時間24分04秒でした。
時速だと17.6km/h位でしょうか?
すごいですね。異次元ですね。

男子のオリンピック記録は2時間6分32秒だそうです。
時速だと20km/h位でしょうか?

100mを18秒で走るスピードです。
それを2時間走り続けるとは、すごすぎです。

ちなみに前回私のハーフマラソンの時速は10.5km/h位でした。
ハーフマラソン90分切の時速は14km/h位です。

カンボジア代表の猫ひろし選手も出場予定です。

オリンピック男子マラソン 楽しみですね。

Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道

2016年5月6日

セカンド・シーズン 90分切への道 その2


ハーフマラソン90分切へ向けてまずやらなければならない事。。。
それは、マラソン中に聞くご機嫌な音楽を選ぶ事です。
これは、最優先事項です。

1曲4分と仮定して、90分なので23曲位必要です。
慎重に選ばなければなりません。

厳選を重ね選んだ最強デッキで
「春の松本ランニングフェスティバル 2016 in 信州スカイパーク」
にデュアルを挑んだ結果
2時間1分でした。

去年の同大会のタイムは1時間59分でしたので
2分遅くなりました。

曲の選択を誤ったようです。

次回はもっと厳選して大会に臨みたいと思います。

Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道

2016年2月4日

セカンド・シーズン 90分切への道 その1


昨年11月に惜しまれつつ終了した「ハーフマラソンへの道」
が帰ってきました。

テーマはハーフマラソン90分切です。

ファーストシーズンのテーマがハーフマラソン完走だったのに対し
90分切は不可能感が漂っています。

ちなみに現在までのベストタイムは、1時間59分の1回のみです。

前途多難でございます。

Tags:
Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道 その11

2015年11月11日

今回のテーマは、『明日のためにその10。。。絶対に負けられない戦い』

去年に引き続き今年も2015年10月31日(土)に行われた、
国営アルプスあづみの公園リレーマラソン2015に
FM長野“echoesチーム”として出場しました。
去年の記事はこちら

ルールは42.195kmの距離を、1周1.5kmずつ、リレーでたすきをつなぎます。
大人になってから1.5kmを全力疾走する機会なんて皆無なので
普段あまり走らない方には非日常を感じられるため、おすすめです。

“echoesチーム”は7人で、1人4周ずつ走る事になります。
前回は10人だったので走る距離は増えました、

今回もなんと、大会4週間前に風邪ひきました。
季節の変わり目は風邪ひきやすいので、
みなさんも気を付けてください。

色々な手を尽くし大会2週間前に完全では無いですが
治りました。治しました。

そこから猛練習です。
風邪の間は練習できなかったのでブランクのせいで思うような練習ができませんでした。
(すぐに疲れてしまうので)
そして諏訪湖マラソンに出場です。
結果はこんな感じでした。

諏訪湖からの風が寒過ぎて、風邪をひきそうになりました。

諏訪湖マラソンの1週間後にリレーマラソンです。
そこからの練習はとにかくスピード重視の練習です。
前回大会からの教訓で1週1.5kmをいか早く走れるかが勝負になります。

練習時のスピードは、時速12キロに設定。計算上1.5kmを7分半です。
これだと去年の大会と同じ位のタイムです。
これではダメなのですが、想像以上にキツイです。
さらに本番のコースは前半下りで後半結構な上り坂です。

大会に向けて明るい材料はあまり見つかりませんが、
とにかく去年のようにチームの足を引っ張る訳にはいきません。

そして大会当日。天気は晴れ時々曇り。

国営アルプスあづみの公園は長野県の山間にある広大な公園で、
紅葉が始まっており、公園までの道のり車からの景色が素晴らしかったです。
紅葉をみて綺麗だなと思えるのは、大人になったからでしょうか。
11月にはイルミネーションが始まるようです。

会場に到着すると、既にFM長野“echoes”水曜日の唐木さやかさんや、
チームのみなさんいらっしゃいました。
まなさん速そうオーラが出ています。

スタート前のチームミーティングで私アンカーとなりました。
なぜでしょう?私この短時間で何か失礼な事をしたのでしょうか?
この大会においてアンカーがどんな役割を担うのかは不明です。
不安です。

10時30分スタートです。

私は2回目の出場なので1周がどのくらい大変なのか知っています。
たかが1.5km、されど1.5kmです。

私はアンカーなのでみなさんのタイムを確認する事ができました。
やはりみなさん早いです。

今回は走る際の呼吸を意識しました。
吸うよりも吐く方を意識した方が良いと何かで読んだので
実践しました。
長野の10月の空気は冷たく、沢山の息を吐くように意識して1周した後は
喉が痛くなりました。

タイムは。。。6分半位。
自分的にはOKです。YDO(やればできる大人)です。

残り3周分の事は考えず全力疾走だったので、タイムは回数毎に
遅くなって行きましたが、
自分的にはOKです。YDOです。

そして最後のアンカーの順番になりました。つまり私です。
もはや失う物は何もありません。これが最後です。
力一杯走りました。
ゴール前にチームのみなさんが待っていてくれてみんなで手をつなぎゴールです。
結果は部門別で7位でした。

前回の雪辱は果たしました。

“echoesチーム”皆様とスタッフの皆様
大変貴重な体験と楽しい時間を過ごさせていただき
ありがとうございました。
大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

また、機会があれば一緒に全力疾走したいと思ってます。

突然ではありますが、長らくご愛読いただきました『ハーフマラソンへの道』シリーズは
今回の投稿を持ちまして、終了となります。
マラソン初心者の投稿をあたたく見守ってくださいまして
ありがとうございました。

また別のテーマで投稿させていただくかもしれませんが
その時はよろしくお願いいたします。

Tags:
Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道 その10

2015年10月26日

今回のテーマは、『明日のためにその9。。。諏訪湖マラソン』

2015年10月25日(日)に行われた、第27回 諏訪湖マラソンに出場しました。
諏訪湖マラソンは、マラソンを始めて最初に出場しようと思った大会です。
2年越しに走る事ができました。

諏訪湖というのは、長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町にまたがる湖です。
天気予報等で全国地図がテレビに映る事がありますが、本州の真ん中に『穴』が
あいてるように見える箇所があります。それが諏訪湖です。

天気は快晴でしたが、
スタート前は諏訪湖の近くに並んだために風邪が冷たく非常に寒かったです。

湖の周りを回るコースなので、見通しは良いです。
コース中盤からスタート地点が湖を挟んで対岸にうっすらと見えます。
これからあそこまで走るのか。。。
と思うと、心が折れそうになります。

沿道には沢山の応援してくださう方々がいました。
見たこともないユルキャラがいて元気をもらいました。

諏訪湖マラソンを走るのは今回が初めてで、コースを良く知らなかったので
コース終盤でトラップに引っ掛かってしまいました。
コース終盤で距離の調整のためか同じ道を走る折り返しがありました。
この時対面走行になります。
私はゴールと勘違いしてしまいましが、後3キロ位ありました。

今回は前回の学習で学んだので、塩分を取っていたので
足はつりませんでしたが、
練習不足もあり終盤足が痛くなってしまいました。

完走することはできましたが、2時間を切る事はできませんでした。

マラソンはなかなか奥が深いです。

Posted in 未分類 | No Comments »

ハーフマラソンへの道 その9

2015年7月17日

今回のテーマは、『明日のためにその8。。。ミネラル』


懲りずにのマラソンネタです。今回の大会は2015年6月7日に行われた
『第1回信州安曇野ハーフマラソン』です

定員は5,000人、出走人数は4,921人でした。

コースは安曇野市の市街地を大々的に交通規制して行われ、
かなり力が入った大会でした。

スタート前は、みなさんトイレに行いきたいらしく
トイレにそれはそれは長い行列ができていました。

私もトイレに行きたかったのですが、
並んでいるとスタート時間に確実に間に合わなそうだったので諦めました。
後になって考えるとこの時無理をしてでもトイレに行っておけば良かったです。

そして。。スタートです。
スタート地点の道幅が広くなかったため
スタート直後は渋滞で全然前に進みませんでした。

しばらく経ってやっとゆっくり進みだし、
スタート地点の今回ゲスト有森裕子さんとのハイタッチを経て
スピードが徐々に上がっていきました。

しかし、参加人数が5,000人程と多く普段なら走っていると徐々に人ごみは分散されて
ばらけてくるのですが今回は最後まで団子状態が続きました。

今回も晴天です。気温はどんどん上がっていくのを感じます。
まるで真夏です。汗がどんどん流れていきます。前回の大会で長袖で出場した際
暑くて大変だったので、その教訓で半袖のウェアで出場しました。
その結果、今回は日差しにやられました。
ゴールした後腕は真っ赤に日焼けしてました。

そんなわけでかなり体力を消耗してしまい、さらに足がつってしまいました。
ゴール手前5キロ位からつりそうな足をだましだまし走っていましたが
とうとう残り2キロ位で走れなくなりました。

後日足がつる原因を調べたところ、ミネラルが不足するとつりやすくなるらしい
そうです。

ミネラル??ミラクル???

ミネラルって何かね??
調べてみましたが、良く分かりません。とにかく体に必要な物で
不足すると足がつりやすくなるらしいです。

塩分的な物を取ると良いらしいです。
今回は、走っている時、塩分補給タブレットを携帯していたのですが、
その時はそんな知識が無く食べたくなかったので食べませんでした。
結果足がつってしまいました。

あの時塩分を取っていれば完走できたのではと考えてしまいます。
無知は罪ですね。
そして少し賢くなりました。(多分)
人はこうして成長してゆくものです。

そんなまとめで、次はいよいよ諏訪湖マラソンです。

Tags:
Posted in スタッフの近況 | No Comments »

ハーフマラソンへの道 その8

2015年4月9日

今回のテーマは、『明日のためにその7。。。2時間の壁』

今回のマラソンは、2015年3月21日に行われた
『春の松本ランニングフェスティバル2015 in信州スカイパーク 』です

月日が流れるのは早いもので「ハーフマラソンへの道」の最初書き込みから1年半程経ちました。
回を重ねる事今回8回目です。
その間ハーフマラソンには2回、リレーマラソンに1回出場しました。

なので。。そろそろです。
そろそろそろそろ、ハーフマラソン2時間切りを達成しなければなりません。
ハーフマラソン界で言う所の『サブツー』です。

大会当日は快晴でした。
今のところ、全ての出場大会は快晴です。

さて、今回でハーフマラソン3回目。
心の中で 『ハーフマラソンよ!私は帰ってきた!!』 と叫びつつスタート位置につきました。

コースは松本空港をぐるぐるっと2週するコースです。
コースの名前は『信州スカイロード10(しんしゅうすかいろーどてん)』です。

コースはこんな感じです

コース

コース



ほぼフラットなコースですが。若干コース幅が狭いのでスタート直後の渋滞で
前に行く事ができませんでした。
そもそも空港なので見晴らしの良いコースです。
ふと前を見れば、既に遥か彼方前方を走る人々を見る事ができました。
始まったばかりなのにこの差は何なんだと思いながら黙々と走ります。
黙々と走っていると今年J1に昇格したサッカーの『松本山雅FC』ホームグラウンド
『アルウィン』が見えてきます。

山雅昇格おめでとうございます。

ここまでで結構疲れてきましたが、あと一回『アルウィン』まで来なければいけません。
(2週なので)

そろそろ残りのスタミナと距離でペース配分を考えなければなりません。
なぜならば、2時間切りを目指すからです。
ハーフマラソン界で言う所の『サブツー』です。

感覚的には残りの体力は65%。残りの距離は12キロ位。経過時間50分。
。。。微妙。。。

ここでスパートはできないと判断し、スタミナ温存作戦で行く事にしました、
それにしても暑かったです。3月とは思えない気温でした。
若干服装の選択ミスを悔やみつつ2週目に突入です。
見覚えのある景色をひたすら走りゴールの競技場が見えてきました。

今回はスタート、ゴール地点の競技場に実況をしてくださる方がいて
レースの状況を放送していました。

その実況の声が聞こえてくる程競技場に近づいた時、衝撃の事実を聞かされました。

聞こえてきた実況によると、「今この競技場内を走っている方は2時間以内でゴールできます。」だそうです。

私はその時はまだ競技場には到着していません。
という事は、2時間以内でゴールはできません。

それは容認できません。
温存していたスタミナを一気に解放する以外2時間以内のゴールは不可能と判断し
残り1キロ位全力で行く事にしました。

自分でも驚くほどのスピードで走れました。
2時間以内のゴールを目指し限界を超えた走りができたのかもしれません。

その時の時速は15.8キロ位。20キロ近く走った後と考えれば結構なスピードではないでしょうか?

その時の時速と時間のグラフです
グラフ

グラフ


そして、全力疾走でゴールへ突入。タイムは。。。。。


「1時間59分23秒」


めでたく2時間切りを達成できました。
ぎりぎりセーフです。

次の日ビックリするくらいの筋肉痛になりました。
限界を超えた走りをすると筋肉痛になります。


次の目標は1時間30分切りです。

Tags: , ,
Posted in スタッフの近況, 未分類 | No Comments »