昨日は朝から雪でした。

松本も朝から雪が降り10センチ以上積もりました。
東京ですと2センチも積もると車のスリップや事故が増えるみたいです。
でも、松本は日ごろから雪に慣れているのであまりパニックにはなりません。
それでも、信号で坂道に止まった車が急発進するとスリップの原因になり危ないです。
急発進・急ブレーキをしないのが事故を防ぐ方法です。(あせらないこと)
さすが、春が近くなってきました。今日は道路上の雪はほとんどなくなっていました。
話は変わりますが、当社主力商品にクラウド型販売管理「イーサース」人気上昇中です。
カスタマイズ可能なイーサース。御利用のお客様満足度100パーセントです。
詳しくは「イーサース」検索してみてください。お客様の声がのっています。

インフエンザ猛威

今年はインフルエンザが去年の倍の勢いできています。
学級閉鎖や病院などで感染がすごいらしいです。
病院の先生に聞いたのですが、関節痛や熱が即38度を超える場合は
インフルエンザの可能性が高いそうです。
後、ニュースで聞いたのですがインフルエンザの菌は湿度に弱いそうです。
乾燥すると菌が空気中に元気で飛び回るそうです。
湿度が高いと空気中のインフルエンザの菌に水蒸気が付着して活動が低下
するみたいです。
実は、私も寝るときには寝室に加湿器をフルに動かせて寝ています。
おかげでいまのところインフルエンザにかかってないようです。
まずは、かかったら大変ですので、予防をしっかりやりましょう。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
やはり、なんと言っても体が健康であることが一番です。健康なら新しい時代に向かってどんどん挑戦していけます。
たとえミスしても、トライしていく気持ちがあれば、必ず成功へと導いてくれます。
当社商品のクラウド型サービス、イーサースが皆様に知っていただくよう今年も頑張っていきたいと思います。
ぜひ、ヤフー、グーグルで「イーサース」を検索してみてください。
本年もよろしくお願い申し上げます。

危機管理

最近、例年より気候が暖かいような気がします。
やっぱり地球温暖化になっているんでしょうか!世界中で自然災害が起きているのも
温暖化の要因があるかもしれません。日本も地震国ですから一人ひとりの危機管理は
大事だと思います。マンションに住んでいる人は、大きな地震がきたら、まず
玄関のドアを開ける、ドアが開かなくなって下から火災でも起きたら逃げ場がなくなります。
というように自分の身近で起きる危機を想定して日ごろから対応できるように準備が大事だと
思います。

今年も後2ヶ月

1年何て早いものですね。夏の暑さに比べたらちょっと夜は
寒くなりましたが、過ごしやすくなりました。
でも後2ヶ月で平成23年が終わります。今年は自然災害が
多く日本列島が地震の活動期に入ってきたみたいです。
常時、危機管理を持って対応していきたいものです。
昔、ボーイスカウトに入っていたころ、こんな言葉がありました。
「備えよ常に」強い地震があったときは、即火の元を消す。
部屋や玄関のドアを開ける、頭に毛布またはふとんをかぶって
トイレに避難(トイレのドアも開けておく)トイレって狭い割には
柱の数が多く崩壊しにくいみたいです。
日ごろから危機が起きたときに何をしたらいいか考えておくことも
大事ではないでしょうか!

今ナンプレこっています。

最近、年なのか頭の回転が遅くなってきているように思えます。

このところ、母の状態があまりよくなく2日に1回は病院に見舞いに行っています。
母は喋る事ができず、わたしの言うことにうなずくか横に首を振るぐらいしかできません。

余命3ヶ月と主治医に言われています。
治療法もなく、残り少ない時間をどう対応していったら・・・・・・。
側にいてあげるぐらいしかできないです。

ただ、何もしないで側にいるだけだと私自身が気持ちが暗くなってしまいます。

そんな時ナンプレ(ナンバープレース=数独)はいいですよ。
やはり、数字に強くないと経営者はやっていけませんからね(笑)

だいぶ涼しくなってきました。

夏の暑さも終わりましたね。だいぶ涼しくなって来ました。
先週は夏風邪をひいてしまいえらい目にあいました。
扁桃腺が少し腫れて熱が37.8頭がボーとしてきました。
間接も痛くなり、一瞬季節はずれのインフエンザかと思い
即病院に行ってきました。先生間接も痛いしインフルエンザでしょうか!
先生・・・インフルエンザではありません。即熱が38度を超えれば
インフルエンザの可能性が高いですが38度未満の場合ありえません。
と言われました。こんな根拠でいいのかなー????
また先生いわく、早く直したいのそれとも仕事を優先させたのと聞かれました。
何でこんなことを聞くのかなと思いつつ、早く直したいですと答えました。
では、薬を出す必要がないですと言われまたびっくりです。
先生の名言・・・そもそも薬は自然治癒を遅らせる物だそうです。
熱が上がるのは風のウイルスをやっつけている最中で当たりまえのことだそうです。
それを薬で熱を下げたり、扁桃腺の腫れを抑えたりすることによって自然治癒の機能を
遅らせているだけだそうです。
ということで、つらかったですけど根性で直しました。
皆さん、体調には十分気をつけましょう。

自然災害

身内で自然災害があると身近に感じます。
6月27日からの東北地方での大雨が6月30日までの
4日間で雨量が500㎜~1000㎜すごいです。
実は家内の実家の父の3回忌で30日朝5時に新潟県の阿賀野町に
法事に行く予定でした。家内の弟から電話がありとても来れる
状態ではないので中止になりました。ちなみに家内の母が小さな雑貨屋
をやっていましたが、お店は天井まで水位がきてしまい商品から業務用
の冷蔵庫まで・・・・
身内に怪我人がでなかったのはほっとしました。
ふと思ったのですが、自社商品のクラウドサービスはこれからの
危機管理にあったサービスだと思いました。
震災場所にソフトもデータもないので管理業務の復興はスムーズに
できます。

危機管理

お早うございます。
2011年も半年過ぎてしまいました。
月日の流れは人によって早く感じる、遅く感じる人まちまちですが、
私にとってはあっというまの半年でした。
6月30日松本市で震度5強の地震がありました。
かなり建物の被害が出たようです。
企業経営者や個人事業主の方々は危機管理を考える時期に
きていると思います。
日ごろのデータ管理は大丈夫でしょうか!
通常は同じ社内でバックアップ用のハードディスクに保管している
企業が多いみたいですが、会社自体かなりの損害を受けた場合どうしますか?
会社での重要なデータが一瞬になくなってしまったら・・・・・
それを解決する商品が7月1日から弊社でスタートしました。
自社以外でのデータバックアップサービスです。
震災後、企業が復旧をするには、データが大事です。
ぜひ、この機会に会社の危機管理を考えてみたらどうでしょうか!

社員と共に

アースの社員は皆、頑張ってくれて感謝しています。
それを支えてくれる家族にも感謝したいと思います。

経営者の責務は、厳しい経営環境のもとにあっても、企業の維持発展させることです。

同時に企業活動を通じ、まわりに集まる人、社員とその家族、株主、取引先、地域社会など、全てを幸せにすることは経営者の仕事であり、喜び、生きがいでもあります。

そのためには企業の進むべき方向を明らかにし社内の意思を統一して企業経営にあたることだと思います。

弊社はクラウド型のイーサース、地域密着型のITサポート、システム開発のITソリューション三つを柱ににして、社内は自主的に、民主的に、連携して頑張っていきます。

硬いブログになってしましましたが、たまにはいいかな!

企業理念を共有し、いろいろ言える風とおしの良い会社にしていきたいです。