野沢菜漬け

最近めっきり寒くなり朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。
寒くなった信州での恒例作業と言えば、野沢菜漬け。
私は県外出身者なので、今まで野沢菜を漬けたことがないのですが
漬物好きとしては避けて通れず挑戦してみました。

とりあえず見切り発車で野沢菜の買い出しへ。
さすが信州だけあって山のように売っていました。
大小バラバラ20株程入って5kg1束で540円。こんなに安いものなんですね。
194DC60F-6BB9-4EA6-A8F7-F3BE73622A92-768x1024

枯れた葉を取り除いたり、土や汚れを洗い流した野沢菜を2重にしたビニール袋の中に詰めていきます。
ふじっこ(塩昆布)、鷹の爪を混ぜながら。
4D6F0564-670F-403A-8536-3104C67BE1A3-768x1024

最後に沸騰させた漬け汁(醤油・みりん・砂糖・酢)を回しかければ準備完了。
あとは空気を抜いて重石を乗せるだけ。
0C345D5B-B0C1-44C6-A4DC-DB5A5AE50101-768x1024

翌日、水が上がっているのを確認したので、1週間漬けこんでみます。
美味しくできてるといいな。

忘年会

こんにちは。かなです。

12月第2週の土日を使用し、
毎年恒例のアース忘年会が美ヶ原温泉の旅館にて開催されました。

前回のブログにて紹介しました「イーサース for BINGO!」を
使用して行なわれたビンゴ大会!

そこで私が当たった商品がコチラ!





薄刃ニッパー

タミヤ クラフトツールシリーズ 薄刃ニッパー



プラモデル好きの社員がビンゴの景品に希望(半分ジョーク)した
プラスチック用の薄刃ニッパーでした(笑)

ビンゴの景品は毎年幹事メンバーが決めるのですが、
リクエストした商品が採用されることが多いです。
私は遠慮してリクエストすることはあまりないのですが、
幹事側としては毎年景品選びに困りますし、素直にリクエストした方が得なのかもしれません。
リクエストした本人に当たるかは別としてですが(笑)

ちなみに当たった景品は、
私では使えないのでリスエストした社員に贈呈しました。

急激に寒くなり、雪も降ってまいりました
皆様もどうぞご自愛ください。

スマホでビンゴ

こんちには、まっすです。

ここ信州では朝方の冷え込みも徐々に厳しくなってきており、
冬の訪れを日々感じてきているところです。
この日曜日には車のタイヤ交換も完了しました。

さて、今年もあと1か月ちょっと。
そろそろ忘年会のシーズンになりますね。

アースシステムでは毎年温泉旅館に宿泊し、忘年会が開催されます。
昨年は南信地域の昼神温泉方面でしたが、
今年は地元松本で行うことが決定しております。

そして、毎年行われている宴会イベントが、

ビンゴ大会

です。

システム屋のビンゴ大会は、やはりシステムです。
今回はそれをちょっとご紹介します。

トップ画面

トップ画面



その名も、「イーサース for Bingo」(非売品)

Webブラウザのみを使って利用できるシステムですが、スマホ向けに最適化してあり、誰でも簡単にスマホでビンゴを楽しむことができます。

特徴としては、
  • ビンゴの抽選もスマホでできる!
    ⇒隣の人に回してみんなで抽選できる!!
  • ビンゴカードは自動生成のものを選ぶか、自分で番号を作成できる!
    ⇒当たらないのはカードのせいにできない!!
  • 自分のビンゴカードの抽選状況が自動でわかる!(抽選番号、リーチ、ビンゴ)
    ⇒酔っぱらっていても大丈夫!!
  • 他人のリーチ状態、ビンゴがわかる!
    ⇒リーチを隠せない!!
  • 司会者がいちいち番号チェックをしなくてもいい!
    ⇒間違え防止、不正防止!!
  • プロジェクタ出力用に抽選番号を表示できる!

さて、まずはビンゴカード作成についてです。

ビンゴカード作成

ビンゴカード作成



メイン画面から「カードを用意」を押すと、上の画像の左側が表示されます。
自動で作成したものから選ぶ場合は、「カードを選ぶ」
自分で番号を決めてカードを作成する場合は、「カードを作る」
を押します。

自動作成のものは、システムがランダムに作成した番号が表示され、「違うカード」を押すと、再度ランダムに作成して表示されます。
気に入ったもの(?)が出たら、「これにする」を押して確定します。

自分で作成する場合は、「B」列、「I」列、「N」列、「G」列、「O」列のそれぞれの数字を上から順番に決めていきます。
ビンゴの数字というのはルールがあり、
B列:1~15
I列:16~30
N列:31~45
G列:46~60
O列:61~75
と決まっています。

カードが決まったら、いよいよビンゴへの参加です。

まずは、一部のユーザーのみが表示できる抽選機です。

ビンゴ抽選機

ビンゴ抽選機



この画面は管理者しか表示ができないようになっています。
「回す!」を押すと、ガラガラ機が回り、赤玉が一個出てきます。
その後、その赤玉に数字が表示され、それが抽選番号となります。
抽選番号が表示されると、クラウドサーバを通じて、各ユーザーのビンゴカードに変化が現れます(何も変化しない人もいます)。

ユーザー側の画面がこちら

ビンゴカード変化

ビンゴカード変化



抽選番号が自分のカードにあると、色が青色に変わっていきます。
何回か抽選機を回し、リーチがかかると、その列が黄色に変わります(下部には「リーチ」とでます)。
1つのリーチは、「リーチ:1」、ダブルリーチは「リーチ:2」、トリプルリーチは「リーチ:3」と、数字でリーチ数がわかります。
ビンゴになると、その列が赤くなり、一目でビンゴとわかります。
なお、他の人の画面には、今リーチになっている人の名前とそのリーチ数、ビンゴになった人の名前が表示されています。
時には、本人より先にビンゴを知ることもあります(ビンゴになっていることを知らない状態がありません)。

このシステムを使うメリットは、
  • ペーパーレスで、終わった後のビンゴカードの後始末に困ることはありません。
  • 抽選されてない番号をつぶす、いわゆる不正が一切できません。
  • ビンゴしているのに黙っていて、いい景品になりそうな時にビンゴを宣言することができなくなります。

逆にデメリットは、
  • 抽選番号を自分のカードから探すのを楽しんでいる人には、ビンゴの楽しさは半減します。


ここでは紹介しませんが、普通のビンゴにはない特別な機能も用意しております。

あと、スマホを持っていない人向けの対応や、カードの用意のロック機能なんかもあります。

残念ながら、非売品なので一般の方はご利用できませんが、
「法人」の方で忘年会や新年会、またはイベントなどで使ってみたい法人様がおりましたら、
弊社ホームページのお問合せよりご相談ください。

以上です。

サクラエディタを紹介する

こんにちは、フルーツポンチです。

今回は、私が使っているテキストエディタ “サクラエディタ” について紹介しようと思います。

サクラエディタ

サクラエディタは1998年から開発が継続して行われているオープンソースのテキストエディタです。

特徴としては、

機能面

Grep、Grep置換
アウトライン解析
キーワードのハイライト
メニューバー、ツールバーなどの複数のカスタマイズ
マクロの作成
など…

動作面

メモリの使用量が少ない
起動が早い

といったものがありますが、個人的に一番おすすめなところは

起動が早い

というところです。

起動が早いというところだけで選ぶのであればWindows標準のメモ帳でもいいのですが、サクラエディタを選ぶ理由としては、私の使い方の場合は、IDEでのプログラミング中にファイルを確認することがメインになるため、早く起動してもらえるのはありがたく、かつキーワードのハイライトがあると、ファイルの内容が(種類にもよりますが)わかりやすくなるためです。
また、私はかなりカスタマイズして使うタイプなので、メニューのカスタマイズができることはとても助かります。

ここまでサクラエディタを紹介しましたが、テキストエディタはそれぞれ得手不得手があるため、自分に合ったテキストエディタを選ぶことをお勧めします。

この記事が自分に合ったテキストエディタを選ぶ際に、参考になれば幸いです。

サクラエディタのホームページはこちら

技術 by フルーツポンチ. コメントなし

スマートホーム化第2弾!

お久しぶりです!TKです(●︎´ω`●︎)

今回は、前回に引き続きスマートホーム化第2弾です!
前回はスマートリモコンとスマートスピーカーを使って家電を操作できるようにしました。

次に入手したものがこちら!

SONY DSC
「Qrio Lock+Qrio Hub」スマートロックです!
2つセットで2万5千円でした(+_+)

スマートロックとは、家の鍵をスマートフォンから家の鍵を解錠・施錠をできるようにする装置です。

SONY DSC IMG_8862 (2)
↑Qrio Lockの外観 ↑設置するとこんな感じです。
このQrio Lockには、便利な機能が色々搭載されているので、いくつかご紹介します(*’▽’)

・オートロック
オートロック機能を設定すると、ドアが閉じたときに自動で鍵を閉めてくれます。
本体に付属している小さなセンサーを取り付けることでオートロック機能を利用できます。
Cap1_2018.11.08_09.42.56 (3)
↑開閉センサー
※オートロックを有効にすると、ドアが閉じたときに勝手に施錠されてしまうため、必ず鍵かスマートフォンを持って出ないと、閉め出されてしまうため、注意が必要です(; ・`д・´)

・ハンズフリー解錠
玄関に近づいた時に自動で家の鍵を開けてくれる機能です。
スマートフォンをポケットに入れたままでもドアに近づくだけで、解錠してくれるため、荷物を持っているときにかなり便利です。

・合カギ作成
最大20個までの合カギを登録することができ、家族で共有することができます。
ゲスト用の一時的な鍵を作成することもできます。
鍵の解施錠の履歴が表示できるため、いつ誰が鍵を開けたのかの確認ができるので安心です!

・Qrio Hub
Qrio LockにはWi-Fiが内蔵されていないため、Bluetoothのみでの通信となり、玄関の前でしか鍵の開け閉めができません。
そこでこちらのQrio Hubを使います!
SONY DSC
↑Qrio HubをQrio Lock近くのコンセントに設置します。
Qrio Hubを使うことで、Qrio Lockをインターネットに接続することができるようになって、外から鍵の状態を確認したり、解施錠することができるのです!
D8FB0442-3C50-47A4-ACA6-2E2A79E845D3
↑家の鍵の状態を外から確認することができるので、鍵の閉め忘れの心配がなくなります!
僕はよく、家の鍵を閉めたか不安になることがあるので、すごく助かります(*’▽’)

Qrio Lock、おすすめです(*´ω`*)
それでは、また次回( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

はい!水槽の人です!

やっと順番が来ました!!

実は私、お国のために働く、予備自衛官なのであります。

先月、射撃訓練に参加してきました。

3.5tの荷台・・・現役の時は、この移動が当たり前でしたが

おじさんになってこの移動方法は、かなりきつい!ケツが痛い

IMG_0938

 

射撃は、まずまず人並みでした♪年に1度の楽しみです。

あっ!!今の水槽はこんな感じ↓

キャプチャ

 

立上げ画像撮ってませんが、水槽をニッソーNewスティングレー90センチ規格水槽に変えました

前面にフレームがなくてちょーきれいで気にいてます。

ではまた来週♪

4コマ


漫画

内容はあまり深く考えておりませんが、

今までにないパターンで今回は4コマでブログを書いてみました。

漫画の方が分かりやすく説明できるかなと思い、
試しに簡単な4コマを作ってみました。

次回作はもう少し内容を面白く、ためになる?漫画を作ってみようかと思います。

因みに今回使いました絵は、
最近SNSや企業のプレゼン等でよく使われております、
「いらすとや」様のフリー画像を使わさせていただきました。

いろいろなイラストがあるのでオススメなサイトです。
URL:https://www.irasutoya.com/

では次回作で

未分類 by ど~も君. コメントなし

紅葉の始まり、上高地-明神池へ

こんにちは、ITソリューションのYnDです。

2018年10月6日くらいから急激に冷え込んだおかげか、
長野県でも周りの山の色が少し変わり始めました。

そこで、数年前に上手く撮影できなかった、上高地の明神池へリベンジしに行く事にし、
早速2018年10月14日、朝3時30分家を出発で、
4時40分の始発バスで上高地に行きました。

始発にしたのは、1日中曇天の最悪のケースを想定し、
日中の写真より早朝の霧に目標を切り替えたためです。

松本付近に住んでいれば片道1時間でバス停に行ける点はお手軽ですが、
駐車場1日600円、バス往復2000円等々で1回3000円はする「賭け」になるので、
写真が撮れるまではかなり不安でした。
(無料で行けてお手軽な、高ボッチ山も写真を撮るには良い所なので)

1枚目、早朝の河童橋より。画像が荒いです。
Y20181015_1

2枚目、行く途中にあった同じ葉の中で色が違う変わった紅葉。
Y20181015_Etc1

さて、本題ですが、明神池についた時、霧はありませんでした。

しかし、紅葉自体はかなり良い状態でした(枯れ始め~紅葉前まで不揃いでしたが)。
加えて、雲に切れ間が有った為、粘る事にしました。

結果、6時30~10時まで粘った所、想定=曇天よりは遥かに良い写真が取れました。

まず、一之池ですが、こちらは日が昇ってからは2~3時間ずっと青空が広がっており、
その青空に加え、黄色い木が池に移り込み、魅力的な風景でした。
Y20181015_2

次に、二之池ですが、こちら側の空はほとんどの時間で曇天で、
しかも日がほとんど当たりませんでしたが、
1分だけ日が当たった瞬間などを、何とか撮影出来ました。
広角レンズがあればもっと魅力的に撮れたので、自分の機材不足が残念でした。
Y20181015_3

最後に、曇天で変な日の当たり方をしていたから撮れた写真です。
山と手前は暗いですが、池の中の島には日が当たり目立っています。
Y20181015_4

今回は、自然とは判らないモノだな、と感じさせられました。
バス停までの道のりは小雨、早朝は完全曇天、なのに不思議と池周辺だけは明るい。
こんな奇妙な経験には、当面会いそうにないです。

ちなみに、バス停付近の針葉樹林は色が全然付いておらず、そちらは完全に残念でした。

余談
木曽方面の滝です。
木曽の方は少し色が付いただけで、紅葉はまだまだです。
おそらく、10月下旬が見ごろになるのではないでしょうか。

Y20181015_Etc2

ライドシアター

こんにちは、あいです。

この前、4DX体験をしてきました。

4DXとは、3Dのその先「体験型(4D)」の劇場上映システムです。

映画に連動し、座席が前後上下左右に動いたり、風、水、香り、煙など五感を刺激する・・
(味はないので・・・)四感を刺激するギミックが搭載されています。

あいにくと長野県にはないみたいですので、県外に旅行に行った際に
ついでに体験してみました。

思えば、3Dの映画が映画館で上映されたときも驚かされましたが
4DXも驚きの連続でした。
ちなみに見たのは、ジュラシックワールド炎の王国。

ヘリコプターなどの描写があれば、座席が連動し、風も吹き雨も吹き、ほんとに一緒に飛んでいる感覚。
(酔っちゃいそうになりました・・・)

嵐のシーンなどは、水が飛んできます。
軽い水しぶき程度で、座席の設定で水のON/OFFができるのですが、

3Dメガネをかけている→水しぶき→メガネ濡れる→メガネ拭く→映画見れないということもありました。
風も突風から熱風までいろいろあったり、
足元、首元と狙い打たれたり、終始飽きないかなと思います。
(作品にもよるのかな?)

今回は、動きのある映画でしたが、機会があれば、ホラー系もいいかもしれない。

普通の映画より値段が高いので、賛否両論あると思いますが
ぜひとも、長野県に4DX搭載映画館を作って下さーーーい。

今年も参加しました!リレーフォーライフ2018

まっすが8/2にご紹介したリレーフォーライフ2018 信州まつもと in やまびこドームに
参加しました。レオンです。

今回個人的には初参加となりますが、様々な試供品を頂けたり、
がん関係のためになるお話を聞けたりチャリティーに来ているのに
なんとお得なイベントなんだ。というのが第一印象でした。

アースシステムでは基本的にはウォークシステムの説明や登録作業をしているのですが、
私はそんなことはお構いなくただひたすらに歩かせて頂きました。

私の父はがんで数年前に亡くなりましたので、歩きながら少し父の事を思い出しました。
思い出したのはがんで苦しんでいる時の姿です。
手足がパンパンに浮腫んで苦痛で顔が常に歪んでいました。
そして寝ることもできない。

自分がその状態になったときにいったい何ができるのだろう。
何かがんと闘う事はできるのだろうか。

そう考えたときに周りの支援の重要性を感じました。

そんな事を考えながら飲食以外の休憩をせずに歩き続けていたら
22時間112kmを迎える時についに限界を迎えて歩けなくなりました。
がんと闘ってるみなさんはもっと辛いはずなのにと情けなさを感じながら歩くのをやめました。

その後3日目ですが、ひどい筋肉痛が続いています;;

ちなみにアースシステムはチーム平均距離部門で1位となり従業員の士気も高まったと感じています。
ぜひ皆様もご参加下さい!